8月のビオラ・パンジーの手入れ・管理

MENU
TOP>ビオラ・パンジーの管理>8月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
スポンサードリンク

8月のビオラ・パンジーの手入れ・管理

8月になると、気温は30度以上が当たり前になり、35度以上の日も続きます。高温になると、どう管理していても一定の確率で枯れます。どうしようもないと思ってください。8月の管理は、水やりの頻度に気をつけるくらいのことで、ほとんど作業はありません。
まとめ
●葉っぱに元気が無くなってから水をやる程度。
肥料はやらない。
●涼しい場所で管理する。
●黄色くなった葉っぱや、黒い葉っぱは取り除く。

水やりと肥料

葉っぱの元気が無くなってから水をやる
高温になると、蒸発が激しくなるのですが、ビオラパンジーは高温のために水を吸い上げる力が落ちています。完全に乾燥させるとダメですが、水をやりすぎても蒸れて腐ります。水やりは、葉っぱが元気が無くなって来たらするようにします。
多少、元気が無くても、水をやれば復活しますので、そのくらいの頻度に控えます。
肥料
肥料はやりません。
肥料をやると腐りやすくなります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは9月か10月に。
種子を蒔くのは8月下旬から
種子からビオラ・パンジーを育てたい!って人もいますよね。一般的な9月・10月に苗を植えるためには、8月下旬に種子を蒔かないといけません。

管理場所・日当たり

とにかく涼しく
風通しの良い、明るい日陰で管理します。風のない淀んだ場所だと腐りやすいです。日が当たっていると高温になり、枯れます。とにかく涼しいところで管理してください。日当たりより「涼しさ」です。
●挿し穂で株を作っている場合も、

その他

切り戻す
伸びていたら、半分か三分の一ほど切り戻します。切り戻すだけでなくて、黄色い葉っぱや、黒く腐った葉っぱを取り除いてください。切り戻さないと蒸れます。蒸れたら枯れます。黄色い葉っぱや黒い葉っぱは、腐って座菌が繁殖すると、それで株が腐ってしまいます。
しっかりと風通しを良くして、清潔にしましょう。
●しっかりと作業して清潔にしても、夏はビオラ・パンジーにとって厳しい環境です。一定の確率で枯れます。
●枯れたら地上部が無くなります。

アブラムシ
ビオラ・パンジーは弱っていますので、虫や病気にも弱いです。食べられます。前もってオルトランを撒いておくといいです。それでも発生したら見つけ次第、補殺します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ビオラ・パンジーの管理の仲間


ビオラ・パンジーの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用