9月のビオラ・パンジーの管理…まだ暑すぎる

TOP >スミレ科>ビオラ>ビオラ・パンジーの管理>>管理

目次

  1. 9月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. SNSボタン・関連記事

9月のビオラ・パンジーの手入れ・管理

文章の修正9月に入ると徐々に涼しくなります。最近は暖冬で9月でも30度以上の日が続くことがありますが、それでも涼しくなり、ビオラパンジーにとっては活動しやすい時期になってきます。とはいえ、夏越しに成功しても9月上旬まだまだ「暑い」。庭の日当たりに植えたら、間違いなく蒸れて腐って枯れてしまいます。庭植えするのは、最低でも9月下旬。できれば10月入ってからにします。
まとめ
●ビオラ・パンジーは20度以下で生育するので、20度以下になったら庭植えにする。
●9月はまだ残暑の厳しい時期で、一旦涼しくなってもぶり返して暑くなることも多い。無理に9月に植えずに10月以降の霜が降りる直前まで待つのが吉。
水やりは8月と同じで、乾燥気味。ただ気温が20度以下なら、普通に水をやる。
●夏越しした株もまだ、庭には植えない方がいいです。
●9月は長雨の季節。夏越しした株を多少涼しいからと雨ざらしにしないように気をつける。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正9月はまだ暑い
まだ暑いです。水は8月と同様に、土が乾いて、多少葉っぱに元気が無くなったくらいに水をやります。水をやるときは、鉢の底から水が出るくらいにしっかりとやってください。水やりはメリハリです。やるときはシッカリと。やらないときはやらない。一番ダメなのは、毎日ちょっとずつ水をやることです。あと、受け皿に水が溜まっていたら水を捨ててください。
●寒冷地では、9月の最高気温はもう20度以下になり、生育します。水やりは、さほど慎重にしなくても大丈夫です。

肥料
肥料はやりません。
肥料をやると根が傷んで腐って枯れやすいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正夏越しさせた株はまだ植えない方がいい
9月の下旬あたりから、庭植えをしてもいいです。鉢が窮屈そうならば植えた方がいいですが、理想は霜が降りる直前ですので、9月の下旬でもまだ早いです。9月下旬でも、地域によっては…暖地では確実に……高温で間延びして蒸れて腐って枯れるかもしれません。
庭植えする場合は、根をほぐしてから植えてください。ほぐさないと、根が広がらないで、生育が鈍くなります。
●ビオラ・パンジーの生育温度は20度以下。
●最高気温が20度以下の地域ならば9月でも植えて構いません。

新たに植えるのも待つ
9月からホームセンターにビオラ・パンジーの苗が店頭に並びますよね。あれも9月ではまだ早いです。暑さで枯れるかもしれません。寒冷地以外では9月はまだ購入せず10月まで待ちましょう。
●9月に入ると涼しくなるのですが、その後に暑さが戻ることも全然珍しくないです。植えても、暑さが戻ると枯れます。特にホームセンターなどの店頭に並んでいるビオラ・パンジーは涼しいところで育てたものなので、「暑さへの耐性がない」です。

用土
夏越しさせたものでも、新しく購入した苗でも、植えるときの用土は一般的に売られている「培養土」か、パンジー・ビオラの専用土も売っていますので、これを利用します。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものに緩効性肥料を入れて、利用します。植えるのは鉢植えでも、庭植えでも構いません。
●ただし、しつこいようだけど、まだ暑いので植えつけ・植え替えはしない方がいい。


種子を蒔く
9月に種子を蒔いて株を作ることもできます。ポットに土(一般的な培養土)を入れて、数粒ずつ撒いて乾燥しないように水をやっていると一週間ほどで発芽。発芽には20度から30度の気温が必要なので、寒冷地ではもう発芽しない地域もあるかもしれません。9月に撒いて苗を育てると、庭植えできるほどの大きさになるのは10月下旬か11月。年内の開花がギリギリってところです。
●種子から育てると大量の株を作ることが出来ますが、まぁ、手間と時間と資材を考えると普通に苗を買った方が安いし簡単です。それでもトライしてみたくなるもの。

管理場所・日当たり

文章の修正夏越しさせた株は、涼しい場所で管理
夏越しさせた株の場合……9月はまだ、半日陰の涼しい場所か、明るい日陰で管理します。また、9月は長雨の季節ですから、雨に当たらないような軒下などで管理します。雨ざらしにしていると腐って枯れます。
気温20度以下なら
20度以下ならば生育します。
9月でも最高気温は20度以下になるんならば、戸外の日当たりで管理できます。それ以上の気温ならばまだ、新しい苗は植えない。夏越しした株も、まだ風通しの良い半日陰や日陰で管理します。あくまでビオラ・パンジーは冬の植物ですから。
●最高気温が20度以下になっても、ぶり返すことがあります。無理して植えないで10月に植える方がいいですよ。

その他

文章の修正花は摘む
花を放置していると、種子を作ろうと株がエネルギーを注いで株が弱ります。普通は花なんてほとんど咲かないんですが、何個も夏越しの株を育てていると、花が咲くものもあります。この花は早めに摘んでしまいます。ただ、最高気温が20度以下になるのならば、もう摘まなくてもいいです。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

ビオラ・パンジーの夏越しのコツ
ビオラ・パンジーの管理
4月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
ビオラ・パンジーの管理
よく咲くスミレ
スミレ科スミレ属
ビオラ・パンジーの切り戻し(摘芯)のコツまとめ
ビオラ・パンジーの管理
3月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
ビオラ・パンジーの管理
ビオラ・パンジーの挿し穂で株分け
ビオラ・パンジーの管理
5月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
ビオラ・パンジーの管理
ビオラ
スミレ科スミレ属
パンジー
スミレ科スミレ属
ビオラ・パンジーを水挿し穂で夏越しのまとめ
ビオラ・パンジーの管理
ビオラ・パンジーの用土と植え付け・植え替えのまとめ
ビオラ・パンジーの管理
虹色スミレ
スミレ科ビオラ属
絵になるスミレ
スミレ科スミレ属
6月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
ビオラ・パンジーの管理
12月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
ビオラ・パンジーの管理
ムーランフリルルージュ
スミレ科ビオラ属
ミルフル
スミレ科スミレ属
ビオラ・パンジーのピートバンの種まきのコツ
ビオラ・パンジーの管理
ビオラ動物型シリーズ
スミレ科スミレ属
パンジーの特徴・由来・伝承
ビオラ・パンジーの管理
スポンサーリンク