ビオラ・パンジーの用土と植え付け・植え替えのまとめ

TOP > ビオラ・パンジーの管理 > …

ビオラ・パンジーの用土と植え付け・植え替え

ビオラ・パンジーの用土と植え付け・植え替え
文章の修正を申請する
ここではビオラパンジーを植える際の注意事項をまとめています。
まとめ
●植える時期は涼しくなってから。できれば霜が降りる直前。
●気温が高いうちに植えると、間延びして、ひどいと腐って枯れてしまいます。
●霜が降りてから植えてもいいけど、今度は人間が寒くて辛い。
用土はビオラ・パンジーの専用土か、一般的な培養土
●ポットの苗は土をほぐしてから植えると良い。
スポンサードリンク

植え付け時期

文章の修正を申請する
寒くなってから植える!
大事なのは「寒くなってから」植えるってこと。気温が20度以上あると生育が止まります。それ以上の気温だと腐って枯れます。ビオラ・パンジーの植え付けの時期の理想は、霜が降りる直前。最低でも最高気温が20度を下回り、最低気温が一桁になってから。ホームセンターには9月から出回りますが、9月はまだ早い。9月に冷え込むことがありますけど、9月まだぶり返して暑くなるかもしれません。10月に入ってからがいいでしょう。

用土

文章の修正を申請する
ビオラ・パンジーは水はけがよければ用土は選びません。
弱酸性の土を好みますが…
弱酸性(ph5.0-6.9)の土を好みますが、極端な酸性やアルカリ性にならなければ中性でもちゃんと生育します。一般的な培養土は中性に調整されていて、それで十分です。これは種を巻く場合でも同じ。
ちなみに雨は空気中の二酸化炭素を吸収してから降り注ぐために、弱酸性で、雨に当たるほどに庭の土や鉢の土は自然と「弱酸性」になっていきます。つまり、ペーハーに関しては全然、気にしないでいいってことです。
用土
①一般的な花と野菜の培養土
赤玉土腐葉土4に緩効性肥料を多少混ぜたもの
③赤玉土6腐葉土3牛糞堆肥
④ビオラ・パンジーの専用土
⑤庭土に腐葉土を2割追加して緩効性肥料を混ぜて用土とする

普通は一般的な花と野菜の培養土で植えます。培養土は他の植物でも利用できますので、やっぱり便利。自作すると赤玉土・腐葉土・肥料を別々に用意しないといけないので、非常にお金もかかりますし、余った土の処理や管理場所にも困ります。培養土で十分すぎるほど花が咲きます。培養土の配合よりも「花ガラ摘み」と「肥料」と「日当たり」と「水やり」の方がずっとずっと大事です。
●必ず新しい土で植えてください。古い土では生育が悪くなることがあります。庭植えする場合は土壌改良材を使うか、腐葉土を2割足して用土とする。
●ビオラ・パンジーの専用土は成分をビオラように調整してあり、殺菌してあるので便利。だけど若干高い。一般的な培養土でも問題ないです。
●赤玉土6腐葉土4で作った土にはマグァンプKやフローラマック-Bなどの緩効性肥料を入れておきます。花と野菜の培養土やビオラ・パンジーの専用土には最初から適切な肥料が入っています。追加する必要はありません。

鉢の植え付け

鉢のサイズ

文章の修正を申請する
鉢のサイズ
鉢植えの場合は6号鉢(直径18cm)の鉢に苗を一個植えるのが基本。真ん中にこんもりと繁るのが未来形ですね。で、このこんもりの大きさを決める要因に、日当たり・肥料・切り戻しという作業もあるんですが、「苗の品質」ってのもあります。ちょっと高い…一個300円前後のブランド苗を植えると大きくなりやすいです。
●6号から7号鉢に1苗。もしくは8号鉢に2苗でいっぱいになる。8号鉢に1苗でも鉢いっぱいになるが、環境(日当たり・肥料・品種・剪定)の条件が良くないとならないかもしれない。無難なのは6号に1苗。
●ビオラの苗は春(3月4月)に大きくなる。冬の間は隙間が空いていて「なんかスカスカだなぁ」と思うかもしれないがこれでいいです。
寄せ植えにするより、1鉢1株が適している。
スリット鉢(根張り鉢)なら鉢底に軽石を入れなくてもいい。またスリット鉢は根の生育のためにも良いのでオススメ。

鉢・プランターの植え付け手順


文章の修正を申請する
鉢植えの手順
鉢底には軽石を2センチか3センチ入れます。その上に培養土を入れて植えます。簡単です。土を隙間に入れたら、土をポンポンと叩いて、土をしっかりと入れて、隙間に土を入れていきます。苗は出っ張らず、引っ込まないようにします。植え終わったら水をたっぷりとやって、鉢の底から水が出てくるか確認します。水が出て来ないならダメです。
●鉢植えの場合は株と株の間は10センチほど空けて植えてください。

プランターの場合
プランターは65センチの場合は横に3つか4つ植えます。4つ植える場合は、多少交互に前後させると良いです。冬の間は株と株の間はスカスカです。これが春にはギッチリ埋まる予定です。
●プランターの底にも軽石を入れたほうがいいです。

庭植えの手順

文章の修正を申請する
庭植えの手順
深さ20cmほど掘り返して、腐葉土か堆肥を2割か3割ほど混ぜ、緩効性化成肥料も混ぜて用土を作ります。水はけが悪い場合は川砂・バーミキュライトなどを入れて水捌けをよくします。後は株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやれば完成です。
●庭植えの場合は株と株の間を20センチ空けてください。春になると大きくなるのである程度空けないとギチギチになります。冬はなんだかスカスカに見えますが。
参考ビオラ・パンジーの用土と植え付け・植え替えのまとめ

大事なコツ

土をほぐす

文章の修正を申請する
ビオラ・パンジーの植え付けの際にポットから取り出したら白い根がびっしりとついていたら、その根をほぐしてから植えてください。ほぐした方が根付きやすいです。丈夫なので根を切ったり、土を落としたくらいでは枯れないです。

苗の土なんてほぐしたことない!って人もいるでしょう。普通はほぐさなくってもいいんです。ホームセンターなどでは(しょうがないんだけど)入荷から時間が経った苗を売っていて、そういう苗は長期間ポットの中で根を張っているために、根の一番先の「成長点」がポットの外をグルグル回って中に入り込んでいます。そういう苗はポットを取ると白い根がグルグルに回って真っ白になってますから、見覚えがあるんじゃないでしょうか。そういうのはほぐさないと成長点が外に出てこないから生育が鈍くなるんです。
●冬の植物は生育が遅いので変化が少ないが、変化が遅いだけで成長はしている。土をほぐさなくても、根が土に馴染むのが少し遅いってだけで、そうしなくちゃ枯れる!ってほどじゃないです。
●ほぐさないで植えて、ついに春になっても全然、成長してなくて、4月になってついに掘り返すと、植えた時のままの土の形のままで抜けた!なんてことがたまにあります。

その他のコツ

文章の修正を申請する
●苗の根本が土に掛らないようにします。深く植えず、苗が少し地表から出ているくらいが安全です。ここに土がかぶると芽が出づらくなります(枯れるわけじゃないけどさ)。
●太陽の方を向いて開花するので、自分の立ち位置を考えて植える場所を決めるといいです。鉢植えの場合は定期的に方向を回転させて満遍なく日光に当てるといいです。

株を増やす

文章の修正を申請する
ビオラ・パンジーは茎を土に挿しているだけで、簡単に発根します。大きく育った株の茎が、垂れ下がって土に触れているだけで発根しています。これを土に刺すといくらでも株が増えます。挿し穂で夏越しする人もいます。

寄せ植えより1鉢1苗主義で

文章の修正を申請する
寄せ植え
寄せ植えによく利用されます。開花時期の近いガーデンシクラメンユリオプスデージーヘデラアイビーなどと一緒に植えられますが、ビオラ単品でも綺麗です。ビオラは冬はさほど大きくないが春になると繁茂するため、冬の時点でギチギチの寄せ植えは春になったら乱れるのでビオラ上級者は寄せ植えより1鉢1苗を好む。
管理用リンク
管理用