宿根ビオラの育て方

MENU
TOP>スミレ科>宿根ビオラ
スポンサードリンク

宿根ビオラ

宿根ビオラ
科名スミレ科
学名viola
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

夏越しが可能なビオラとして注目を浴びるビオラです。ビオラと言っても、「スミレ」に近いと思われます。

苗で出荷されるビオラは種が出来ないようになっているのですが、宿根ビオラや他のスミレ類はしっかりと種が出来、こぼれダネからあたりに毎年花が咲くことがあります。
注意点
でも、ちょっと問題が。ビオラ類の種はこぼれてその場で増えるのではないです。種子には甘いコーティングがされていて、これをアリが持ち帰ります(一説によると糖分ではなく、幼虫のフェロモンが出ている為に持ち帰るとも)。その後、甘い部分を食べられた後、種がそこらへんに捨てられます。こうやって繁殖範囲を増やしていきます。なので思い通りに株が生えません。あっちこっちに生えます。あちこちに生えても楚々としてかわいいですし、草丈も低いので気になりませんが、一応知っておきましょう。

水やりと肥料

水やりは土が乾いてから。冬・春・秋の水やりは通常のビオラと同じですが、夏は水を控えます。

宿根ですが真夏の暑さと群れに弱いです。梅雨前に一旦、根本まで切り戻しをして、蒸れ対策をしておくと夏越しがしやすいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土赤玉土6腐葉土4の一般的な土の配合か、花と野菜の土です。一番適しているのは、バンジービオラの専用の配合土です。

夏越しさせるのであれば、鉢植えにしてください。また夏の暑さ対策・蒸れ対策のために、素焼きの鉢に植えると良いです。

管理場所・日当たり

冬・春・秋は日当たりで管理、夏は日陰へと移動させ蒸れないようにします。夏を越せば、年々大株へと成長します。

特徴・由来・伝承

一年草のそれよりも葉っぱに模様が入っていたり、花の色合いも少し違う…気がします。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スミレ科の仲間


スミレ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用