コクリュウの育て方

MENU
TOP>ユリ科>コクリュウ

コクリュウ(黒竜)

コクリュウ
科名ユリ科
属名ジャノヒゲ属
学名Ophiopogon planiscapus
別名黒竜
みずやりたまにやる程度
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

頑健な下草
葉っぱが大きくリュウノヒゲのように雑草を押さえるほどではないですが、黒い葉っぱが他の植物のグリーンを引き立たせるなど、独特の魅力で非常に古くから庭園などで愛される園芸植物です。
寄せ植えにも
黒い葉っぱが他の植物を引き立たせるので、寄せ植えにも重宝します。
スポンサードリンク

水やりと肥料

庭植えした場合は水はほぼ不要
コクリュウは寄せ植えにもしますが、大抵は庭植えします。雨が当たる場所であれば、余程の日照りでもない限りは水はやらなくても大丈夫です。
鉢植えにした場合は
土が乾いて居たら、鉢底から水が染み出す位にしっかりとやります。土が濡れている間は水をやらないようにします。夏でも冬でも同じように土が乾いてから水をやるようにしますが、夏は乾燥が速いので1日二回、朝と夕方に水をうあることになります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土培養土
市販している花と野菜の土(培養土)で植え付けをしましょう。水はけがよい土ならば、問題なく育ちます。自作するのであれば赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。

管理場所・日当たり

日当たりにも耐えますが、一番は半日陰か日陰です。日当たりは他の植物でも育ちますし、真夏の日当たりはコクリュウには若干辛い。とはいえ枯れることもありません。
耐陰性があり半日陰か日陰
耐陰性があるのがリュウノヒゲとコクリュウの利点。植物の下のグランドカバー・下草として利用しましょう。
年中戸外で管理
夏の暑さに強く、冬の寒さにも強いので、一年中戸外で管理します。

特徴・由来・伝承

リュウノヒゲ(竜の髭・ジャノヒゲ)の仲間でユリ科のオオバジャノヒゲの園芸品種。葉っぱの色が黒という、非常に特殊なポイントがあり、しかも頑健です。リュウノヒゲ同様に耐陰性があり、寒さに強く、暑さにも強く、とにかく手間が掛からない。昔から庭園の下草として利用される常緑多年草です。草丈は10センチから15センチ。グランドカバーとしても優秀です。
黒い株の中に白い花が
花はより葉っぱが大事なコクリュウですが、花も咲きます。真っ黒い葉っぱの中に真っ白な花がポツンと咲く様子は素敵です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用