グリーンドラムの育て方

MENU
TOP>ウリ科>グリーンドラム
スポンサードリンク

グリーンドラム(緑の太鼓)

nophoto
科名ウリ科
属名クセロシキオス属
学名Xerosicyos danguyi
別名緑の太鼓
みずやり乾かし気味に
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

つる性低木。マダガスカル乾燥地帯に自生する多肉植物。問題は寒さに若干弱いこと。育てるのは難しくありません。鉢をひっくり返しても、サボテン用土に挿していれば根が出て復活します。

水やりと肥料

水を控えることがコツ
葉っぱが肉厚な多肉植物で、ここに水分を溜めこむので、水をやりすぎると腐ってきます。春から秋までは土の状態を見て濡れているようならば絶対に水をやらないようにし、乾燥気味に管理します。水をやるべきか迷うようなら水をやらないようにします。少々の乾燥には強く、枯れるなら水のやりすぎだと考えてください。

水をやるときはタップリと
あまり水を控えすぎると生育が悪くなります。じゃあどうすればいいのだ!となります。大事なコツは、「やるときはシッカリと、やらないときはやらない」ということ。メリハリをつけて水をやってください。水をやるときは鉢底から水が染みだすくらいにやります。
この辺りのことは水やりのページで理由を確認しておきましょう。

寒さ対策に更に水を控える
グリーンドラムの耐寒温度は5度。霜にあたると枯れる。観葉植物としては寒さに強い方ですが、水を控えることで更に寒さに強くなります。

冬はとにかく水を控えます。土が完全に乾いて土が白くなってから数日経って水をやるくらに控えます。水を控えるのは寒さ対策でもありますが、冬は水の蒸発量・グリーンドラムの水を吸い上げる力も衰えますので、春夏のような間隔で水をやると、あっというまに根腐れします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は多肉植物用・サボテン用の培養土を利用します。

根が詰まってくると子株が
多肉植物は根が詰まってくると、子株がポコポコと出て来ます。子株が出てくるようだと植え替えをしなくちゃいけません。子株を挿木していると増えます。簡単です。

一回り大きな鉢に植え替え
一回り大きな鉢に、古い土を少し落として植え替えをします。通常の植え替えを同じことをサボテン・多肉植物の土でします。根が傷つくと生育が鈍くなりますが挿木で簡単に増えるわけですから復活します。グリーンドラムは太い根が生えています。これを傷つけないように植え替えをしましょう。

管理場所・日当たり

日光を好む!
室内の明るいところで育てます。
乾燥地帯で育つわけですから日光はバリバリと当たってOK。日光が少ないと生育が鈍く、葉っぱの色が薄くなります。また日光・水・肥料がしっかりと供給されれば春には花が咲くことがあります。

でも
スポンサードリンク

その他

アブラムシが付く
アブラムシはオルトランを前もって撒いておけば、問題無し。

特徴・由来・伝承

ウリ科。まだ流通量が少なくて可愛いのもあって人気商品となっています。その割には安い方。原産地はマダガスカルの乾燥地帯。多肉植物なのにツル性の低木という変わりもの。
丸い肉厚な葉っぱが連なって映える観葉植物。多肉植物に属するので、水をやりすぎると枯れます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ウリ科の仲間


ウリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用