ヒメシャクナゲの育て方

MENU
TOP>ツツジ科>ヒメシャクナゲ
スポンサードリンク

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)

nophoto
科名ツツジ科
属名ヒメシャクナゲ属
学名Andromeda polifolia
別名姫石楠花
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

常緑低木。背は低いですが木にあたります。ツツジ科。湿原などの湿地に自生。北半球の広範囲に自生地は広がります。栽培は楽。初心者向け。山野草の部類に入ります。
●自生している株よりもホームセンターで売っている園芸品種のほうが強くて、開花もしやすい。株も大きくなりやすい。

水やりと肥料

水を好み、乾燥が苦手。水浸しの状態だから枯れるということは無いのですが、水が腐って、その結果、根腐れを起こすことはあります。夏場は注意。
●土・ミズゴケが乾かないように

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土について
ヒメシャクナゲは湿地で生育する水を好む植物です。ミズゴケだけで植え付けをします。ツツジ科で酸性の土を好みますので、鹿沼土6バーミキュライト1ピートモス3を混ぜたものを使います。ピートモスは成分未調整のものです。
●根が浅いので、平べったい浅い皿のような鉢が適している
植え替えるときは
植え替えるときは古いミズゴケをピンセットで取り、新しい綺麗なミズゴケで植え替えをします。
●二年に一回は植え替えを。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

寒い地域の湿地に生育するもので、寒さに強く、夏の暑さに弱い。
夏の暑さに注意
夏以外は戸外の日当たりで管理する。ヒメシャクナゲは暑さに弱いので、夏は風通しの良い半日陰か明るい日陰で管理する。
冬の寒さには強いですが、寒風は乾燥していて、湿地を好むヒメシャクナゲには辛い。冬は寒風の当たらない日当たりのいい場所を選びます。

特徴・由来・伝承

全国的には自生の個体が減っている。高山と寒い湿原に生育する。名前はシャクナゲだが、似ているのは名前と葉っぱだけ? 葉っぱが変わっている。質感が皮の様で、裏側が白い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ツツジ科の仲間


ツツジ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用