ヒメシャクナゲ(姫石楠花)の育て方

TOP >ツツジ科>>管理

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)

ヒメシャクナゲ
科名ツツジ科
属名ヒメシャクナゲ属
学名Andromeda polifolia
別名姫石楠花
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
種蒔
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ヒメシャクナゲ(姫石楠花)の特徴は?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病気・害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事

ヒメシャクナゲ(姫石楠花)の特徴は?

文章の修正ヒメシャクナゲ(姫石楠花)は北海道と本州の高山の湿原・湿地に自生するツツジ科ヒメシャクナゲ属の耐寒性常緑低木。ヒメシャクナゲ属はこの一種だけです。背は低いですが木にあたります。ヒメシャクナゲのうち白花種をシロバナヒメシャクナゲと呼ばれて流通しています。

山野草としては栽培はしやすい方ですが、関東以西では夏に弱りやすいです。自生に育っている株よりもホームセンターで売っている園芸品種の方が強くて、開花もしやすい。株も大きくなりやすい。
樹高5cm〜25cm
ヒメシャクナゲの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

文章の修正ヒメシャクナゲは湿地で育つ植物で、非常に水を好み、乾燥が苦手。水浸しの状態だから枯れるということは無いのですが、水が腐って、その結果、根腐れを起こすことはあります。

夏の水やり

文章の修正夏場は水切れに注意します。夏は腰水にして、鉢を高さ3分の1まで水に浸かるようにするといいです。ただ、夏は水が腐りやすいので、こまめに水を取り替えてください。

冬の水やり

文章の修正冬も乾燥しないように水やりをしてください。

肥料

文章の修正肥料は寒肥として2月、春に開花している時の5月、夏を越して25度以下になった9月に一回、緩効性化成肥料をそれぞれ一回施肥するか、3月〜6月、10月〜11月に液体肥料を2週に一回やります。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

文章の修正春(3月〜4月)か秋(9月〜10月)に植え替えをします。用土での栽培であれば2年か3年に一回は植え替えをします。ミズゴケ単用で植えた場合は毎年、ミズゴケを取り除き、植え替えをしましょう。

用土

文章の修正ヒメシャクナゲは湿地で生育する水を好む植物ですので、ミズゴケだけで植え付けをすることもあります。もしくは、ツツジ科で酸性の土を好みますので、鹿沼土バーミキュライトピートモス3を混ぜたものを使います。ピートモスは成分未調整のものです。

または、ツツジ専用土で植え付け、株元にミズゴケを敷いて蒸発を防いでもいいです。
ツツジの土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
ミズゴケの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

ミズゴケで鉢植え

文章の修正植え替えるときは古い鉢から株を取り出し、古いミズゴケをピンセットで取り除きます。古い茎からは新芽が出にくいので、古い茎はできれば取り除き、若い茎で植え付けるといいです。

新しい綺麗なミズゴケで植え替えをします。ヒメシャクナゲは水やりの頻度が多く、ミズゴケって1年で黒く変色するくらいに傷むのでミズゴケ単体なら毎年植え替えをします。

鉢底の水が抜ける穴を鉢底ネットを敷いて塞ぎ、その上に水苔を詰めていきます。姫石楠花の株の根の部分をミズゴケで包んで、それを鉢に突っ込みます。少し硬いくらいでいいです。

根が浅いので、平べったい浅い皿のような鉢が格好がいいが、水切れしやすくなるので通常の鉢でもいいです。素焼き鉢は表面から水分が蒸発しやすいので、駄温鉢やプラ鉢で植え付けるようにします。

用土で鉢植え

文章の修正鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

管理場所・日当たり

文章の修正夏以外は戸外の日当たりで管理します。寒い地域の湿地に生育するもので、寒さに強く、夏の暑さに弱い。

夏越し

文章の修正ヒメシャクナゲは暑さに弱いので、夏は風通しの良い半日陰か明るい日陰で管理する。もしくは寒冷紗で遮光します。東北・北海道では夏越しは楽ですが、関東以西では夏に枯れたり、枯れなくても息も絶え絶えで夏をどうにか越した感じで、徐々に弱って枯れていくことが多いです。関東以西では夏越しはなかなか厳しいと考えましょう。
夏は水切れしやすいので腰水にしておきましょう。

冬越し

文章の修正北海道に自生するくらいですから、冬の寒さには強いですが、寒風は乾燥していて、湿地を好むヒメシャクナゲには辛い。冬は寒風の当たらない日当たりのいい場所を選びます。その他の防寒は不要です。

剪定

剪定
文章の修正開花が終わった6月あたりに、地際から2cm〜3cmで切って、しまいます。新芽がたくさん芽吹いて、来年はコンモリと生えて花が増えます。

切った枝は挿木すると株を増やすことができます。

病気・害虫

文章の修正ハダニが発生することがあるが、ハダニは乾燥すると発生しやすいので水を欲しがるヒメシャクナゲではほとんど見られない。

特徴・由来・伝承

文章の修正全国的には自生の個体が減っている。高山と寒い湿原に生育する。名前はシャクナゲだが、似ているのは名前と葉っぱだけ? 葉っぱが変わっている。質感が皮の様で、裏側が白い。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ツツジ科
ミツバツツジ
ツツジ科ツツジ属
ペルネチア
ツツジ科
ハッピーベリー
ツツジ科
エパクリス・ロンギフローラ
ツツジ科エパクリス属
セイヨウイワナンテン
ツツジ科イワナンテン属
チェッカーベリー
ツツジ科シラタマノキ属
サラサドウダンツツジ
ツツジ科ドウダンツツジ属
キリシマツツジ
ツツジ科ツツジ属

タグ

常緑低木 夏越し 山野草 ツツジ

タグ「ツツジ」を持つ記事

ドウダンツツジの種類と違い
栽培のコツ
ドウダンツツジの剪定(剪定時期と手順のまとめ)
栽培のコツ

タグ「花」を持つ記事

カロライナジャスミン
マチン科ゲルセミウム属
イキシオリリオン
ヒガンバナ科イキシオリリオン属
アサリナ
オオバコ科アサリナ属
ブルーコメット
トレマンドラ科プラティテカ属
リシマキア・アレキサンダー
サクラソウ科オカトラノオ属

タグ「常緑低木」を持つ記事

ジンチョウゲ
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
ビバーナム・ステリーレ
スイカズラ科ガマズミ属
常緑樹の庭木のオススメのリスト
雑学
アカシア・モニカ
マメ科アカシア属
ヘリクリサム・ホワイトフェアリー
キク科ムギワラギク属
スポンサーリンク