サラダバーネットの育て方

TOP >バラ科>>管理

サラダバーネット(オランダワレモコウ・ガーデンバーネット)

サラダバーネット
科名バラ科
学名Sanguisorba minor
別名オランダワレモコウ・ガーデンバーネット
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. サラダバーネットの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承
  7. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

サラダバーネットの育て方

文章の修正花が咲くと葉っぱが固くなる
花が咲くと葉が固くなって食べずらくなるので、つぼみの時点でどんどん摘んでしまいます。開花は5月から始まります。つぼみを摘むことで、新しい芽が出てきて、それが柔らかくておいしいです。
高温多湿に弱いので、梅雨や夏に刈り込む
春から秋に掛けての植物ですが高温多湿に弱く、風通しが悪かったり、水はけの悪い土に植えていると、下葉から枯れて(枯れるというか腐る)来ます。そこで風通しをよくするために梅雨前や夏に株を半分か、三分の一ほど刈り込んでしまいます。
まとめ
●乾燥を好み、過湿を嫌う。水のやり過ぎに注意。
●夏の高温多湿に弱いが、夏越しできないほどではない。
●冬は土が凍らなければ越冬は可能。越冬より夏越しに注意。
●土は水はけのよいものを。
●花が咲くと葉っぱが固くなり、食べられなくなる。つぼみを発見次第、摘む。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水のやり過ぎ注意
サラダバーネットは高温多湿に弱く、水を遣り過ぎると、腐って枯れます。水をやる前に、土を触ってみて、濡れているようなら、水は絶対にやらないでください。
水やりの頻度は、風通し・気温にもよるので「これ」という数字では言いづらいものです。あえて言うなら、春と秋は二日か三日に一回、夏は毎日朝と夕方の二回、冬は一週間か二週間に一回です。あくまで参考程度です。

梅雨と秋の長雨には注意
サラダバーネットは乾燥を好み、多湿に弱いため、梅雨と秋の長雨には腐りやすくなります。出来れば、梅雨と秋の長雨の時期は、軒下など雨の当たらないところに移動させてください。
庭植えなら、そりゃ無理です。
●鉢植えは庭植えより、蒸れやすいですから、鉢植えなら移動させましょう。

肥料
肥料は生育期に液体肥料を一ヶ月に一回か二回やるくらい。真夏の弱っている時期は肥料をやらないでください。肥料をやると腐りやすく枯れやすくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正水はけのよい土を好む
酸性の土壌を嫌うので、植え付ける前に土に石灰を混ぜて中和させておきます。もしくは市販の培養土を使います。市販の培養土は、中和が済んでいます。

サラダバーネットが枯れるのは十中八九「蒸れて腐って」です。水をジャンジャンやっていると枯れます。もしくは水はけが悪いと枯れます。そこで、水はけのよい土に植えてください。自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。
●市販の培養土で十分ですが、出来ればこれに赤玉土や軽石を一割混ぜるとよいです。

二年に一回は植え替え
根が詰まると保水が出来なくなったり、株が枯れ込んできます。そこで植え替えをします。土は崩しても構いませんし、株分けしても構いません。
庭植えでも、二年ほど植えていると株が弱ってきます。植え替えると元気に復活するでしょう。ただ、二年も育てると多分飽きます(そんな美味しいものでもないし)。新しい植物を植えるといいかも。
種子
発芽まで二週かかります。この間、乾燥しないようにして日陰で管理します。土において、霧吹きで水を供給すればいいです。発芽したら、日光にあてて育ててください。苗は霜で枯れるので、霜が降りなくなってから植えてください。適期は4月と9月です。ちなみに関東でも5月のゴールデンウィークはまだ霜が降りることがあります。

管理場所・日当たり

文章の修正日当りを好むが、真夏の直射はキツイ
年間を通して日当りを好みますが、真夏の直射日光には傷んでしまいます。そこで真夏だけは半日陰の場所に移動させます。
●と、言っても夏の直射日光で枯れるとは限らない。葉っぱが傷むだけかも。これは地域や風通しなどの環境によるので、分からない。
●地上部が枯れても、根が生きていれば復活します。
●育てた人によると、夏に地上部は枯れるものと思った方がいい、そうです。
●移動させるには鉢植えにしないといけない。

冬の寒さには強いが、土が凍ると枯れるし、寒風にも傷む
冬の寒さには強い。霜に当たっても多少傷むが枯れる訳ではない(ただし何度も強い霜に当たると枯れる)。また、土が凍ると根が傷んで枯れてしまう。また寒風に長期間さらされると葉っぱが傷んで、最悪枯れることもある。
●ごちゃごちゃと書いていますが、土が凍らないなら、手間が掛からず越冬します。
●霜とか寒風は、葉っぱが傷む程度。普通は気にしない。サラダバーネットが全滅するのは冬より夏。夏の管理の方が大事。

その他

文章の修正アブラムシが発生しますが、食べるのであれば、水で吹き飛ばすか、手で捕殺します。

特徴・由来・伝承

文章の修正バーネットがワレモコウの別名。サラダバーネットで「サラダとして食べられるワレモコウ」という意味。バーネットというのは地名や人名として、外国人によく見られます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

ミニバラ
バラ科
サンザシ
バラ科サンザシ属
ユスラウメ
バラ科サクラ属
ディアボロ
バラ科テマリシモツケ属
アイスバーグ
バラ科バラ属
セプタードアイル
バラ科バラ属
クラブアップル
バラ科リンゴ属
ロアルドダール
バラ科バラ属
アンブリン
バラ科バラ属
ポートサンライト
バラ科バラ属
スポンサーリンク