アンデスの乙女の育て方

MENU
TOP>マメ科>アンデスの乙女
スポンサードリンク

アンデスの乙女(カッシア・センナ・ハナセンナ)

アンデスの乙女
科名マメ科
属名カッシア属
学名Cassia
別名カッシア・センナ・ハナセンナ
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


まとめ
●冬でも意外と水を吸うので、水切れに注意。
●冬は室内で管理。
●霜に当たれば枯れるが、当たらなければ戸外でも管理が可能。
●春から秋は戸外の日当たりへ。
肥料は不要。

頑健で、本来は2メートルほどの低木になります。耐寒性がある程度はありますが、冬は室内で越冬するのが無難です。
花が終わったら適当に切り戻し剪定を行います。カッシア(アンデスノオトメ)は思ったよりも成長が早く庭植えにしていると、困るくらいに大きく育ちます。剪定をすることで成長を想定内に抑えることが出来ます。

「アンデスの乙女」と呼ばれる品種は日本に自生するコバノセンナに近いので、暖かい地域では露地で越冬します。
スポンサードリンク

水やりと肥料


土が乾いたら水をたっぷりやってください。通常でしたら冬は水を吸い上げる力が低下しているので、水やりは控えるのですが、カッシアは比較的冬でも水の吸い上げる力があります。なので、あまり控えると葉っぱを昼でも閉じるようになり、徐々にシオシオになります。
●水切れすると、夜でもないのに葉っぱが閉じる。これを目安にしてください。
●葉を閉じるのは「蒸発を防ぐため」と言われています。

肥料
肥料は不要。
●マメ科の植物で、空気中の窒素を取り込みます。よって肥料をやると肥料過多になる。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土赤玉土腐葉土3を混ぜたものか、市販の花と野菜の土で植え付けします。アンデスの乙女は直根性で移植は難しいです。
直根性とは一本太い根が伸びるタイプの植物のことで、この太い根が傷ついてしまうと、枯れたり生育不良を起こします。

移植・植え替えはできない
一旦植えたら、動かせないと考えてください。鉢植えで根詰まりした場合は、鉢から抜いて、根を傷つけないように、土を崩さずに新しい鉢に植え換えします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

冬は室内の日の当たる場所へ、春から秋は日の当たる室外で管理してください。日光を好みますので、日陰に置くと葉っぱが黄色く変色してきます。
●耐寒温度は5度とされますが、それよりはもうちょっと耐寒性があるみたいです。
●霜に当たれば枯れます。枯れなくても痛みます。
●ただし耐寒性があり、霜に当たらなければ5度以下になっても多少は耐える。
●関東でも軒下で霜が当たらなければ、戸外でも越冬できる。まぁ、それでも普通は冬は室内で管理します。

特徴・由来・伝承


黄色くて繊細な花を咲かせ、葉っぱは夜になると閉じます。変化の少ない植物の中で、生きている!という妙な実感を感じられる植物です。
別名がハナセンナ・センナとなっています。センナはカッシア属の総称です。センナ自体は医薬品として効果の高い下剤です。よくお腹スッキリでダイエット的な健康食品に含まれて居ます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用