アジアンタム・ルーシーの育て方

MENU
TOP>ワラビ科>アジアンタム・ルーシー
スポンサードリンク

アジアンタム・ルーシー

アジアンタム・ルーシー
科名ワラビ科
属名ホウライシダ属
学名Adiantum raddianum
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


アジアンタム園芸品種。全体的に小ぶりにまとまります。育て方は通常のアジアンタムと同じ。ルーシーでもフリッツルーシーでも、育て方の詳細は「アジアンタム」を参考にしてください。このページではざっくりとした育て方をまとめています。
育て方まとめ
●乾燥が苦手。
●土への水やりとは別に葉っぱに霧吹きで水をやる。
●乾燥するとチリチリになる。チリチリになるとその葉っぱ自体は元には戻らない。
●直射日光が苦手。
●冷暖房の風が苦手。
●2年に一回、植え替えを。
●春から秋の生育期には薄い液体肥料を二週に一回やる。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。水をやるときは鉢の底から水が出てくるくらいにしっかりとやります。これは土の中の排泄物を洗い流す意味もありますので、鉢底から出るまでしっかりとやってください。これは夏でも冬でも同じです。
最も大事なのは水切れしないこと
アジアンタム・ルーシーを育てる上で大事なのは水切れしないこと。一度水切れすると、葉っぱは萎れます。その萎れた葉っぱが戻ることはありません。アジアンタムは湿度の高い環境で育つ植物ですから、その環境に似た状態を作るために、通常の水やりにプラス「霧吹き」で葉っぱに水をかけてやります。これを葉水と言います。葉水は一年中します。
詳細はアジアンタムの水やりのページを参考にしてください。
肥料
生育する春から秋にかけて薄い液体肥料を二週に一回ほど与えます。肥料が多いと株が弱るので注意してください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

2年に一回は植え替えを
アジアンタムは2年に一回のペースで植え替えをします。一般的な培養土でいいので、これで植え替えをします。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。古い土を三分の一ほど落として、植え替えをします。

アジアンタムルーシーは根詰まりをすると葉っぱの色が薄くなったり、新芽が出ても縮れるようになります。

管理場所・日当たり

日当たり・乾燥する場所は避ける
室内の明るいところか、戸外の明るい日陰で管理します。直射日光が当たると葉っぱがスグにチリチリになるので、日光は避けてください。また、乾燥する場所も避けます。例えばクーラーや暖房の風はとても乾燥しているので避けます。冷暖房の室外機のそばも避けます。
冬は室内で
アジアンタムルーシーは7度以下になると枯れます。まぁ、人が生活していて昼間に暖房をかける場所であれば、寒さで枯死することはないです。それよりは冬の乾燥の方が大敵です。できれば加湿器をかけて、その上で葉水をしてやります。

よって一年中室内で管理する植物だと考えたほうがいいです。

その他

葉っぱがチリチリになったら
チリチリになった葉っぱを切り取ります。全体がチリチリになったのであれば、全体を刈り込みます。そして普段通りに管理していると、(枯死していなければ)新芽が出てきます。
居場所が変わると葉っぱが落ちる
アジアンタムに限らずなんですが、居場所が変わると、古い葉っぱを落として新しい環境にあった葉っぱをつけます。だから葉っぱが落ちるからと頻繁に場所を変えていると、どんどん葉っぱが落ちていきます。場所はせめて二週間ほどは移動させないようにしてください。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

葉っぱに水が当たっても「濡れない」というのがアジアンタムの語源です。葉っぱの裏にはツブツブが付いていて、これが胞子です。胞子で増えるワラビの仲間です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ワラビ科の仲間


ワラビ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用