ライムマーガレット

MENU
使い方
TOP>キク科>ライムマーガレット
スポンサードリンク

ライムマーガレット

ライムマーガレット
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名キク科
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


この項目の修正・提案をする
育て方はマーガレットを参照してください。夏越しが厳しいです。本来は冬の寒さに強いのですが、流通している株は温室で育てているために、寒さに弱いです。冬は戸外で管理しないでください。
まとめ
水やりは乾燥気味がコツ。
●夏は生育が止まるので水やりを控える。
肥料も夏はやらない。
肥料は全体的に控えめ。
●霜に当たったら枯れる。
●冬に流通している株は温室育ちで寒さに弱い。
●夏越しが厳しい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
乾燥気味に
ライムマーガレットは比較的乾燥を好み、過湿にすると寝腐れを起こしたり、葉っぱがとろけてしまいます。水は控えめがコツ。土が乾いていたら水をたっぷりとやります。土に触ってみて濡れているようならば、水やりはしません。水をやるときは鉢の底の穴から水が出てくるまでやってください。春も夏も秋も水をやるときは鉢底から水が出るまでやります。
夏は控える
夏は暑さで生育が止まり、水をやりすぎると寝腐れを起こします。水は控えてください。控えると言うのは「頻度」です。
肥料
開花する時期は薄い液体肥料を二週に一回やります。真夏は肥料は控えます。それとは別に置き肥として春4月と秋9月に緩効性固形肥料をやります。肥料は少なくても枯れるわけではありません。むしろ肥料が多いと葉っぱが黄色く変色するので、肥料は控えめがコツです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
一年に一回、春に芽吹く前に植え替えをします。用土は一般的な花と野菜の培養土。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜて利用します。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
春と秋…日当たりで管理
春と秋は日当たりで管理します。しっかりと陽に当てることで生育し、開花しやすくなります。
冬…霜に当てない
霜に当たると枯れます。霜に当たらなければマイナス5度まで耐えますので、軒下の霜の当たらない場所で管理するか、室内の日当たりで管理します。ただし冬に店頭に並んでいる株は温室で育てられたもので寒さに弱いです。戸外の寒風に当てると萎れてしまいます。できれば室内の日当たりで管理してください。
夏…暑さに弱い
マーガレットの生育温度は15度から20度。30度を超える気温が連日続く夏は生育が止まり、株が弱ります。この時期は風通しの良い日陰・半日陰(木漏れ日)の場所に移動して高温にならないようにします。

その他

この項目の修正・提案をする
アブラムシ、ヨトウムシ、立枯病が発生します。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
葉っぱが瑞々しいライムグリーンのマーガレット。普通のマーガレットは葉っぱの色が濃いのでかなり印象がスッキリしています。ギフトに人気な品種です。母の日にも出回るので母の日ギフトとして購入する人も多いです。夏を越して育てていると茎が木のように固くなります。なのでマーガレットは別名「木春菊(モクシュンギク)」とも呼ばれます。草丈は30~100cm。多年草
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用