カラタチバナ

MENU
使い方
TOP>サクラソウ科>カラタチバナ
スポンサードリンク

カラタチバナ(唐橘・百両)

nophoto
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名サクラソウ科
属名ヤブコウジ属
学名Ardisia crispa
別名唐橘・百両
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
常緑低木。7月に開花、11月に赤い身が結実。鳥が食べなければ3月まである。センリョウ(千両)・マンリョウ(万両)などとともにお正月の縁起物。斑入りのカラタチバナもあるが若干弱いので管理に注意。
大きさ・草丈・樹高
20センチから50センチ
まとめ
●マンリョウによく似ているがマンリョウより寒さに弱い。
●育てるのは若干難しい。
水やりは普通。庭植えなら水やりはほぼ不要。
肥料はなくてもいい。やっても控えめに。
●植え替えは秋か2月3月。
●夏の直射日光と冬の寒風が当たらない場所で育てる。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
庭植えの場合は一旦根付けば、自然に降る雨だけで十分です。ただし乾燥する時期は水やりをしてください。
鉢植えの場合は土が乾いたら水をやります。夏は毎日水をやり、春と土の様子を見ながら水をやってください。冬は土がしっかりと乾いたら水をやります。過湿にすれば根腐れしますし、乾燥しすぎればカリカリになって枯れます。まぁ、普通の水やりです。受け皿の水は捨ててください。
肥料
肥料がなくても育ちます。庭植えは不要。ただ、早めに大きくなって欲しい場合は開花前の5月と実がなる前の秋に肥料をやってください。肥料はあくまで控えめ。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
生育が止まった10月11月と動き始める前の2月3月に植え替え・植え付けをする。
用土
赤玉土鹿沼土腐葉土3を混ぜたものを使います。
植え付け方法
庭植えの植え付け庭植えの場合は、根鉢の倍の深さと直径の穴を掘って、掘り出した土に腐葉土を3割ほど混ぜ、半分戻して、株を入れて隙間に土を詰めていって、水をやって完成です。支柱をするといいです。
●深植えせず、飛び出さないように植えてください。
●植え付けて二週間はしっかりと水やりをしてください。
連作障害が起きやすいので、過去2年か3年にマンリョウ・ヤブコウジなど近い種類を育てた場所には植えない。

鉢植えの植え替え
古い土を三分の一ほど落として、痛んだ根を切り取り整理してから、ひとまわり大きな鉢か同じ大きさの鉢に植え替えます。このとき、邪魔な枝・枯れた枝を多少剪定しましょう。
種子から増やす?
種子から増やすことができます。果肉を取り除き(果肉は発芽を抑制する物質がついている)、乾かさないように赤玉土単用の苗床に蒔くと発芽します。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
北関東・東北・北海道以外で庭植えが可能。林の中の直射日光がガンガンと当たらない場所が自生地なので、夏の直射日光と冬の寒風が当たらない場所に植えるか管理する。寒冷地で育てる場合は鉢植えにして冬は室内に取り込む。室内といっても暖房のかかっていない部屋に取り込む。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
アザミウマ・アブラムシカイガラムシハダニなど。
剪定
剪定はしない。カラタチバナは生育が遅く、樹高も低いので、剪定しても意味がない。取り戻すのに時間がかかるだけ。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
江戸時代に栽培が大流行し、そのとき高値で取引されたのが「百両」と呼ばれる由縁。以前はヤブコウジ科だった。タチバナとあるが柑橘系ではないです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サクラソウ科の仲間


サクラソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用