ポテンティラの育て方

TOP >バラ科>>管理

ポテンティラ(キジムシロ)

ポテンティラ
科名バラ科
属名キジムシロ属
学名Potentilla
別名キジムシロ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ポテンティラの育て方
  2. 水やりと肥料
  3. 植え付け・植えかえ・種蒔き
  4. 管理場所・日当たり
  5. その他
  6. 特徴・由来・伝承

ポテンティラの育て方

ポテンティラの育て方
文章の修正育て方の概要
愛らしい小さな花が次々に咲く。品種によっては暑さに弱い(高山系の)。暑さに弱いものは夏まではほぼ枯れる。暑さに強い方も比較的強いだけで、日向で管理していると枯れるので日陰に移動させる。感想気味にを好み、過湿にすると腐って枯れる。寒さには強い。流通しておらず、欲しいならネットで買うべき。環境があえばよく繁殖して広がる。広がりすぎて困ることがあるくらい。
大きさ・草丈高さは10cmから1m、横幅は20cmから60cm
まとめ
●ポテンティラはバラ科の常緑多年草。小低木
●弱アルカリ性の土を好む。
●寒さには強いが暑さに弱い。比較的暑さに強い品種でも夏の高温に弱るので日陰か半日陰に移動させる。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正水やり
乾燥気味を好む。水をやりすぎると過湿で腐ってしまう。庭植えの場合はほぼ雨だけで問題なし。日照りが続くようなら状態を見て水をやるようにする。
鉢植えの場合は土が乾いていたら水をやる。
夏の水やり
夏は早朝か夕方に水やりをします。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めます。
冬の水やり
冬は生育が鈍くなっているので土が乾いてから数日経って水をやります。朝に水をやります。
肥料
肥料はあまり必要としない。多少のやせ地でも育つ。あまりに生育不良だったり、あまりにやせ地で肥料不足ならば、生育時期に緩効性肥料を少量やるか、薄い液体肥料を二週に一回やる。基本的には不要。
●肥料がないから開花しない…ってことは滅多にない。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正植え替え時期
植え替え・植え付けは春(3月4月)か秋(10月11月)。鉢植えにした場合は毎年植え替えをしないと根詰まりする。庭植えは植えっぱなし。
用土
用土は山野草の土が適している。自作する場合は赤玉土小粒7腐葉土3を混ぜたものを使う。とにかく水はけの良いものを。アルカリ性の土を好むが中性なら問題ない。自作する場合は鹿沼土(=酸性)を使わないようにしてください。
植え付け・植え替え
鉢植えの場合は、根鉢(ポット)より一回り大きな鉢を用意します。鉢底の穴をアミで塞いで土が出ないようにしてから軽石を2センチから3センチほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。鉢底から水が出るまで水をやってください。
●植え替えの場合は古い土を三分の一ほど落としておきます。根の負担を減らすため、地上部の枝も半分ほどに切り詰めます。
●植え替えの時に株分けも可能。半分ほどに割いて別の鉢に植え替えるだけ。

庭植えの場合は、植え付ける二週間前に苦土石灰をまいて中和させておく。根鉢の二倍か三倍の深さと大きさの穴を掘って、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割か4割混ぜて、半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●水はけが悪い場合は川砂や軽石を庭土に混ぜて水はけをよくする。
レイズドベッドという方法も。
●環境が合えば庭植えがいいが、合わないならば鉢植えの方が便利。

種まき
種子が取れたら、すぐに蒔いてしまいます。種子は乾燥すると発芽率が下がるので、さっさと蒔いてしまうか、湿らせたティッシュや布や、粉状に砕いた水苔で保管します。種まきは春(3月4月)か秋(10月11月)。
育苗箱に赤玉土単用(小粒)を入れて、5mmほど土を被せて水をやる。本葉が3枚か4枚になったら庭や鉢に植え替える。
●採取した種子は親の性質を受け継ぐとは限らないので、購入した種子をまくか、挿し木で増やした方がいい。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好むが半日陰でも
日当たりの方がよく生育し開花するんですが半日陰でも問題ない。夏の暑さに弱く、夏は半日陰か日陰の風通しの良い涼しいところに移動させる必要がある。庭植えの場合は、夏に日陰か半日陰になるようなところに植えるようにする。
●ポテンティラは寒冷地の庭植えガーデニング材という感じ(個人的な感想ですが)。


冬の寒さには強い。霜に当たっても問題なし。寒さに合わないと春に開花しにくいので室内に取り込んだりしないように。積雪の下でも枯れない。
●土の凍結に根が耐えられるのかは不明。情報求む。

その他

文章の修正病害虫
剪定
花がしぼんだら摘む。放置していると種子を作り、種子をつくると次の花が咲きにくくなり株や弱りやすくなる。また花が腐って病気になることもある。

特徴・由来・伝承

文章の修正山野草扱いの場合もある。日本にもポテンティラの仲間のキジムシロ・オヘビイチゴが自生している。品種が多く、交配もしているので、品種の同定は難しい(情報も少ないし)。
スポンサードリンク

記事の紹介

同じ科の植物

マサコ
バラ科 薔薇
ヤマブキ
バラ科
サンザシ
バラ科
ボスコベル
バラ科 薔薇
タチバナモドキ
バラ科

人気記事

9月のラベンダーの栽培
ラベンダーの管理
プレクトランサス・モナラベンダー
シソ科
ウィンターコスモス
キク科
金木犀(キンモクセイ)が開花しない原因と対処法まとめ
雑記
葉先や葉の外側から枯れる原因と対処方法
トラブル

10月に開花する植物

リーガースベゴニア
シュウカイドウ科 ベゴニア
アナガリス
サクラソウ科
コリウス・プリミティブクール
シソ科 コリウス
ココア
キク科 ヒマワリ
西洋朝顔
ヒルガオ科

10月に植え付け・植え替えする植物

シザンサス
ナス科
キショウブ
アヤメ科
グロボーサ・バリエガータ
ヒノキ科 コニファー
ギョリュウバイ
フトモモ科
イチゴの木
ツツジ科
スポンサーリンク