カルーナ・ブルガリスの育て方

MENU
TOP>ツツジ科>カルーナ・ブルガリス
スポンサードリンク

カルーナ・ブルガリス(ヘザー・ギョリュウモドキ)

カルーナ・ブルガリス
科名ツツジ科
学名Calluna vulgaris
別名ヘザー・ギョリュウモドキ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


カールナ・ブルガリスは寒さには強いものの、暑さに弱いので、夏にどれだけ涼しい場所で管理できるかが、カルーナの管理のカナメになります。

日当りのいい場所を好みます。秋~春は出来るだけ日に当ててやってください。真夏は暑さと蒸れを避けるために軒下の半日陰の涼しい場所で管理してください。
まとめ
●乾燥に強く、過湿に弱い。水をやりすぎないように。
●土は弱酸性でないといけない。
●日当たりを好む。
●寒風が抜ける場所は苦手。

水やりと肥料

水をやり過ぎると根が腐ってしまいますので、土が乾いていたら水をたっぷりとやってください。見た目は乾燥に強そうですが、乾燥に強いというほどでもないので、蒸れを嫌って水遣りを控えていると水切れになることもあります。
肥料
肥料は春にやりますが、多くあげると、傷みます。また冬似肥料をあげると耐寒性が下がりますので、肥料はあげないでください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


酸性の土じゃないとダメ
エリカやボロニア同様に弱酸性の水はけのよい土を好みます。植え替え・植え付けをする場合は、市販の花と野菜の土だけではなく、これに鹿沼土を混ぜて、弱酸性にしてから植えてください。もしくは鹿沼土7とピートモスか腐葉土3を混ぜたものを使います。
●普通の土は中性に調整しています。だからダメ。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。日光が不足すると花つきが悪くなり生育が鈍くなります。一年を通して日当たりで管理します。ですが高温多湿に弱いので、梅雨以降・真夏は半日陰か日陰で管理して雨に当たらないようにします。

寒さには強いほうなのですが、あまりに寒風が当たると葉っぱが茶色く変色してきます。風が抜けない場所に移動してください。

特徴・由来・伝承

エリカに近い種類です。カルーナにはブルガリスという属しかありません。ただし、品種改良によって、花の色も多種あります。

花も人気ですが、秋~冬にかけての紅葉が人気です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

ツツジ科の仲間


ツツジ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用