ヘクソカズラ(屁糞蔓)の育て方

TOP >アカネ科>>管理

ヘクソカズラ(早乙女花・灸花)

ヘクソカズラ
科名アカネ科
属名ヘクソカズラ属
学名Paederia scandens
別名早乙女花・灸花
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度チャレンジャー
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. ヘクソカズラの育て方
  2. 花言葉
  3. 水やり
  4. 肥料
  5. 植え替え・植え付け
  6. 摘芯・切り戻し
  7. 収穫
  8. 管理場所
  9. 病害虫
  10. ヘクソカズラの駆除方法
  11. SNSボタン・関連記事

ヘクソカズラの育て方

ヘクソカズラの育て方
文章の修正ヘクソカズラはアカネ科のツル性の多年草。葉・茎・実を傷つけると非常に臭い。英語ではスカンクバインと呼ばれる。夏頃(5月〜9月)に小さな愛らしい花を開花し、その後、結実する。この実もクリスマスリースに使うと綺麗だが、生だと臭いので乾燥させてから使いましょう。冬になると落葉して、茎だけになって越冬する。基本的に雑草で、植え付けるものではないです。

ヘクソカズラは個体差が大きく、葉・花の形状が違うことが多くて、葉っぱば大きいオオサオトメカズラ、葉茎に毛が多いビロードヤイトバナ、海岸に生えるハマサオトメカズラなどの変種があります。

見た目が可愛く、それだけだと、そこまで嫌う要素はないのですが、他の植物とともに伐採したり、うっかり実を踏んだりすると、猫のフンでも踏んづけたっけ?って匂いがする。意図的に植える人はあんまりいないが、変異が多いことから、交配→採種→栽培→交配をくりかえして変種を作るマニアもいて、斑入り品種がネットオークションで販売されていますが、購入して栽培するのは基本的にその時点でマニアです。
草丈3m
まとめ
●基本的に雑草。葉・ツタ・実が傷つくと悪臭がする。
●植え付けて水をやれば簡単に育つ。
●日当たりか半日陰で栽培する。
肥料はなくていい。
こぼれダネで増える。
●越冬して来年も生える。

参考リンク
庭に生える雑草…ヘクソカズラは一般的には雑草扱いです。
グリーンカーテン
除草・草取り・草刈り・防草のまとめ
除草剤
スポンサーリンク

花言葉

文章の修正花言葉は「人嫌い」「意外性のある」「誤解を解きたい」です。確実に花の見た目と匂いから来ていますね。

水やり

文章の修正地植えにした場合は、自然に降る雨だけで十分です。鉢植えにした場合は、土が乾いたら水をやります。夏は朝と夕方の2回しっかりと、鉢底から水が出てくるくらいにやってください。

肥料

文章の修正肥料はなくていいです。なくても育ちます。肥料が多いと生育が良くなりすぎる。

植え替え・植え付け

文章の修正ネットオークションで斑入り品種が販売されていますが、散り斑で病気っぽくてあんまり綺麗じゃない。ヘクソカズラは変異しやすいので、新しいものが今後は出てくるかもしれないけど、悪臭を考えると植えない方がいい。特に繁茂すると、近所に匂いが広がるし、こぼれダネが近所に広がることもあるかもしれない。近所迷惑になるようならやめときましょう。
●ヘクソカズラの匂いが気にならない人もいるが、問題は近所の人にとってどうか?なのでリスクを考えると植えない方がいい。
●ヘクソという名前があんまりに悪いということで、苗が「カズラ」という名前で流通していることがあるらしいです。
●斑入り品種を育てていると、緑葉が出てきて、徐々に緑葉だけになっていく。斑入り品種を育てている場合は、緑葉が出たら全て取り除くこと。緑の方が頑健で斑入りを圧倒するため。

時期

文章の修正春に植え替え・植え付けをします。植え替えは2年に1回はやります。

用土

文章の修正土質は選びません。一般的な培養土で植えます。庭植えにする場合は、庭土に1割ほど腐葉土堆肥を追加して用土とします。庭土に有機質が多いなら追加しなくていいです。ヘクソカズラは痩せ地でも育ちます。

鉢植えの植え付け

文章の修正庭植えにすることもありますが、鉢植えが普通。5号鉢〜6号鉢の底の穴を網で塞いで、用土を入れて、苗を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をやります。

支柱・ネットを

文章の修正3m以上に伸びるため、絡ませる支柱・ネットを用意します。グリーンカーテンにできなくもないですが、伐採時に臭いのであんまりおすすめしない。放置しているといろんなところに絡みつきます。絡みつく前に誘引し、意図しないところに絡んだら、切ってしまいましょう。

摘芯・切り戻し

文章の修正放置していると3m以上になり、いろんなものに絡みつきますので、絡みつく前にツタは切ってしまいましょう。どこで切っても枯れることはないです。切ると、脇芽が出て繁茂します。

収穫

収穫
文章の修正実は乾燥すると悪臭はしないので、実がまだ乾燥していない時期のツタが柔らかい時期に切ってリースにして、日陰で干していると、実付きのクリスマスリースの土台ができます。
乾燥した実の中には種子が二つ入っています。適当にまいていると発芽してきます。こぼれダネで勝手によく増えるので、栽培の際は気をつけましょう。

管理場所

文章の修正日当たりで栽培しますが、半日陰でもいいです。日当たりが悪いと花付きが悪くなりますが、どちらかというと半日陰くらいが適しています。夏の暑さには強く、冬の寒さに当たると落葉しますが、それでは枯れません。雑草なんで丁寧に扱わなくていいです。

病害虫

文章の修正ヘクソカズラグンバイ・ホウジャクが発生する。
アブラムシも発生する。被害には遭いますが、それで枯れるってことはないです。頑健な植物なので。
●ヘクソカズラの悪臭はアレロパシーで食害する植物から防護するためではないかと言われています。でも、ホウジャクやヘクソカズラグンバイは食べます。

ヘクソカズラの駆除方法

文章の修正地上部分を伐採しても根が残っていると、どんどん出てきますので、根まで掘り返すか、根まで枯らすグリホサート系で除草しましょう。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

同じ科の植物

アスペルラ・オリエンタリス
アカネ科クルマバソウ属
タニワタリの木
アカネ科タニワタリノキ属
コケサンゴ
アカネ科ネルテラ属
コーヒー
アカネ科コーヒーノキ属
コンロンカ
アカネ科コンロンカ属

12月に開花する植物

ボンザマーガレット
キク科アルギランセマム属
ハナキリン
トウダイグサ科ユーホルビア属
ガーデンシクラメン
サクラソウ科シクラメン属
マホニアコンフーサ
メギ科マホニア属
マザーリーフ
ベンケイソウ科カランコエ属

12月に植え付け・植え替えする植物

クルミ
クルミ科クルミ属
ホルムストラップ
ヒノキ科クロベ属
ブルーヘブン
ヒノキ科ビャクシン属
ソヨゴ
モチノキ科
カシス
ユキノシタ科スグリ属

人気記事

用土
雑学
レウコフィルム
ゴマノハグサ科
ラベンダーセージ
シソ科
低木
園芸用語
ポインセチア
トウダイグサ科
スポンサーリンク