ウィルス病の種類

TOP >病害虫>>管理

目次

  1. ウィルス病の種類
  2. キュウリモザイクウィルス(CMV)
  3. ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)
  4. カボチャモザイクウィルス(WMV)
  5. キュウリ緑斑モザイクウィルス(KGMMV)
  6. トマト黄科えそウィルス(TSWV)
  7. トマト黄化葉巻病(TYLCV)
  8. トマトモザイクウィルス(ToMV)
  9. タバコモザイクウィルス(TMV)
  10. カブモザイクウィルス(TuMV)
  11. ササゲモザイクウィルス
  12. カンキツトリステザウィルス(CTV)
  13. サボテンモザイク病(CVV)
  14. ソテツ壊疽萎縮ウイルス(CNSV)
  15. スイカ緑斑モザイクウイルス(CGMMV)
  16. ジャガイモモザイクウィルス(PVX・PVY)
  17. その他
  18. SNSボタン・関連記事

ウィルス病の種類

文章の修正このページではウィルス病の種類についてまとめています。
例えばタバコモザイクウィルスには亜種としていくつかあり、その亜種はそれぞれ性質が少し違います。なので以下にあげた種類もあくまで代表的なものであって、多少参考になる程度のことです。また、ウィルスは変異が起きやすく、現状でも非常に多くの種類があり、今後も増えていきます。また、症状から「原因となるウィルス」がなんなのかはあくまで「推測」であって、よく分かりません。以下の知識は本当に参考程度のものです。

基本的な対処は、予防として媒介する虫を駆除し、作業の際には消毒し、感染したら株ごと廃棄。基本的にこれらは共通です。
ウィルス病についての概要・詳細・感染経路などは
ウィルス病
病害虫植物への感染経路と種類と予防法のまとめ
を参考に。
スポンサーリンク

キュウリモザイクウィルス(CMV)

文章の修正キュウリと名づいているが、非常に多くの45科の植物に感染するウィルス。アブラムシによって感染する。葉が縮れ、柳葉になる。新芽だけでなく脇芽も柳葉になるので、一部だけなら別の原因を考えましょう。接触感染する。種子感染・土壌感染はしない。

ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)

文章の修正葉っぱにはっきりとモザイク模様が出て、葉脈が透明になり、黄色く変色していく。果実にも症状が出て、黄色い部分は凹む。症状が激しい。ウリ科ベゴニアなどに発生する。アブラムシを媒介して感染し、接触感染で広がる。種子感染・土壌感染はしない。
キュービオZY-02の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
キュービオはZYMVの弱毒ウィルスで、これに感染させて強毒のZYMVに感染に耐性をつけさせるワクチン。これによって予防できるのはあくまでZYMVだけ。

カボチャモザイクウィルス(WMV)

文章の修正新芽の葉っぱにモザイク模様が出て、葉脈が透明になり、葉脈と葉脈の間が黄色くなる。果実にも症状が出て黄色い模様が出て、凹む。ウリ科、エンドウ、ソラマメオクラ、ゴマなど。アブラムシを媒介して感染しやすい。接触感染もする。種子感染・土壌感染はない。

キュウリ緑斑モザイクウィルス(KGMMV)

文章の修正葉っぱにモザイク模様が出て、緑の部分が盛り上がり、奇形になることもある。キュウリで発生し、果実に症状がよく出る。種子感染・土壌感染・接触感染する。虫による媒介はない。

トマト黄科えそウィルス(TSWV)

文章の修正トマトなどを中心に感染するウィルス。スリップスなどの虫から感染するし、接触して感染もする。種子感染・土壌感染はしない。えそ斑点が出る。葉先から黄色くなり、葉っぱに斑点や輪紋が出て、葉っぱが下に曲がる。果実にも症状が出る、トマト、ピーマンホウレンソウ、キク、ダリアガーベラなどさまざまな植物に感染する。多年草となるダリアなどは感染をそのまま持ち越すので取り除く。

トマト黄化葉巻病(TYLCV)

文章の修正新葉の縁が黄色くなり、上に葉が巻いて、縮れる。新芽だけでなく脇芽も縮れていたら、ほぼ間違いない。タバココナジラミを媒介して感染するが、オンシツコナジラミでは感染しない。タバココナジラミを防除するのが予防になる。種子感染・土壌感染はしない。トマト・トルコギキョウなどで発生する。

トマトモザイクウィルス(ToMV)

文章の修正葉っぱにモザイク模様が出て、生育がおかしくなり、開花しても結実しない。虫を媒介して感染せず、種子感染、土壌感染、接触感染でよく広がる。トマトはCMVも感染し、同じようにモザイク症状が出る。ToMVには抵抗性がある苗があり、これを植えることでかなり予防できる。95度で不活化する。

タバコモザイクウィルス(TMV)

文章の修正ナス科などの植物に感染するウィルス。感染したタバコの葉っぱから作られた「タバコ」に触れた指からも感染するため、喫煙者はガーデニングをしてはいけないとまで言われる原因。実際、タバコを乾燥させても葉のウィルスは死滅せず、かなりの長期間感染力を維持する。土壌にも住んで感染する。これほど活性を失わないのはTMVだけで、他のウィルスはここまでじゃないです。感染した葉・茎が水に触れて、腐食すると数ヶ月で感染力を失うので、ずっと存在しつづけるわけではないが、乾燥状態が維持されていると…タバコのように…感染力は変わらない。キク科マメ科にも感染する。葉が縮れる。虫を媒介とする感染はない。ナス科・キク科・マメ科・アカザ科ユリ科シソ科バラ科・ウリ科・ケシ科アブラナ科でみられる。90度〜95度で10分ほど煮沸すれば消毒できる。
●タバコモザイクウィルスはトマトやピーマンにも感染するが、これらは抵抗性がついているものが多く、感染する確率はかなり低い。

カブモザイクウィルス(TuMV)

文章の修正アブラムシから媒介して感染する。また接触しても感染する。

ササゲモザイクウィルス

文章の修正60度の加熱で不活化する。

カンキツトリステザウィルス(CTV)

文章の修正ダイダイとダイダイを台木としたミカン科に感染する。ミカンクロアブラムシ・ワタアブラムシなどが媒介することが多い。

サボテンモザイク病(CVV)

文章の修正茎にまだら模様が出る。花が萎縮する。へこみがみられる。接触感染、接木で感染する。種子感染・昆虫感染はしない。

ソテツ壊疽萎縮ウイルス(CNSV)

文章の修正線虫が媒介しているとされる(まだ証拠はないけど)。新葉はねじれて萎縮する。成長した葉には壊疽がおきる。ソテツに感染するが、他の植物にも感染しているらしい。

スイカ緑斑モザイクウイルス(CGMMV)

文章の修正葉っぱにモザイク模様が出るが、ハッキリとわかりにくい。光に透かすとモザイクがよく見える。葉っぱより、果実に模様がわかりやすく見られる。土壌に枯葉が残り、腐食しないで残ると感染力が落ちない。アブラムシから感染することが多い。

ジャガイモモザイクウィルス(PVX・PVY)

文章の修正モザイク状の模様が出る。20度でよく発症し、25度を超えると目立たなくなる。もちろん症状が目立たなくても感染はしている。

その他

文章の修正キュウリ黄化ウィルス(CYV)
スイセン黄色条班ウイルス(NYSV)
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じカテゴリの記事

スス病
病害虫
ベニモンアオリンガ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
バッタ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
白絹病
病害虫
カイガラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
オオスカシバ
病害虫
チャドクガ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
ウィルス病
病害虫植物への感染経路と種類と予防法のまとめ
サビ病
病害虫
テッポウムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
スポンサーリンク