ニチニチソウ・ピンクパンサーの育て方

TOP > キョウチクトウ科 > 日々草x最終更新画像投稿

ニチニチソウ・ピンクパンサーの基礎データ

ニチニチソウ・ピンクパンサー
科名
キョウチクトウ科
属名
ニチニチソウ属
学名
Catharanthus
水やり
水控え目
場所
外の半日蔭
難易度
中級者向け

ニチニチソウ・ピンクパンサー

ニチニチソウ・ピンクパンサーはキョウチクトウ科多年草ニチニチソウ園芸品種。花びらに綺麗なグラデーションがあり、綺麗です。小輪系のリトルプティピンクパンサーもあります。

育て方は通常のニチニチソウと同じです。越冬もできなくもないですが、寒さに弱い上に連作障害を起こして、来年は調子が悪いものなので一年草扱いとするのが一般的です。
ニチニチソウ ピンクパンサーの商品画像
ニチニチソウ ピンクパンサーの購入はこちら
Amazon
楽天市場

水やり

庭植えの場合は、自然に降る雨で十分です。乾燥時期には、土が乾いているようであれば、適度に水を与えましょう。

鉢植えの場合は、鉢の土が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。水をやった後に、鉢底から水が出てくるくらいに水やりをします。その後は、土が乾くまで水を与えないようにしましょう。

夏は乾燥しやすく、水不足になりやすいので、朝と夕方の2回、しっかりと水を与えます。しかし、それでも土が乾いている場合は、植物を半日陰に移動させてください。そうすることで、蒸発を防ぎましょう。

肥料

生育時期にあたる4月〜10月に、液体肥料を週に一回か、化成肥料を1ヶ月に一回やります。開花が多く、肥料が切れると開花が止まるので、必ず追肥を継続してください。
液体肥料の商品画像
液体肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場
化成肥料の商品画像
化成肥料の購入はこちら
Amazon
楽天市場

植え替え・植え付け

時期

春に苗が流通するので植え付けます。

用土

一般的な花と野菜の培養土で植え付けます。自作する場合は赤玉土6腐葉土4に化成肥料を混ぜたものを使います。

鉢植えの植え付けの手順は?

鉢植えの底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで、その上に鉢底石(軽石)を2cm〜3cm入れて、その上に用土を入れて、株を入れて、隙間に用土を入れて、最後に水をしっかりとやります。

地植え・庭植えの手順は?

深さ20cm〜30cmの穴を掘り、大きな石があったら取り除いておきます。掘り出した土に腐葉土か堆肥を、庭土に対して3割か4割混ぜて、化成肥料を説明書きの規定量入れて、よく混ぜて用土とします。できれば1週間寝かせて、土を馴染ませると根が広がりやすくなります。

穴に半分ほど土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。

管理場所

日当たりの良い場所で管理します。日光が少ないと開花が鈍いので、必ず日当たりで管理しましょう。真夏はあまりの高温で水切れするようなら、半日陰に移動させるか、寒冷紗などで遮光して蒸発を防ぐといいです。

剪定・切り戻し

花がしぼんだものは花ガラと呼ばれ、摘むことが望ましいです。花がしぼむと、種子をつけるために株がエネルギーを使ってしまい、次の花が咲きにくくなるからです。花ガラを摘むことで、株が次の花を咲かせるためにエネルギーを使えるようになります。

また、春から秋にかけて、適宜、成長点を摘んでやると、葉っぱがよく増えます。成長点とは、ツルの先端のことで、これを切ることで、その下の葉っぱの根元から脇芽を出すことができます。脇芽が出てきたら、それも摘芯して、枝分かれさせることで、葉っぱを増やし、株を大きくすることができます。

病害虫

アブラムシハダニ根腐れ病、ウドンコ病など
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

ニチニチソウ・ピンクパンサーのカテゴリ・タグ

庭植え鉢植え園芸品種一年草扱い

キョウチクトウ科

関連する花BBSの投稿

スポンサーリンク