モスキートブロッカーの育て方

MENU
TOP>フトモモ科>モスキートブロッカー
スポンサードリンク

モスキートブロッカー

モスキートブロッカー
科名フトモモ科
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


蚊避け効果は期待しない
モスキートブロッカーから効果を感じる人は少なく、「蚊取り線香」の代わりになるとは思わないほうがいいです。
●株が大きくなると効果を感じられる、らしいです
●効果が無いのではなく、科学的に作られたもののような目に見える強い効果は無いってことです。科学ってすばらしいのですねぇ。
●株が大きくなると初夏に花を咲かせます

寒さに弱いので、霜が降りる地域では室内に取り込んでください。一方暑さと湿度に弱いので、真夏は風通しのいい半日陰が適しています。直射日光には耐性があるので、その点は問題ないです。
●高温多湿には弱いが直射日光には耐性あり

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をしっかりとやってください。
乾燥に強いのですが加湿に弱いので、水のやり過ぎに注意してください。土が乾いているかどうか指で確認してから、鉢の底から水が出るくらいにしっかりと水をやってください。

逆に乾燥しすぎても枯れてしまいます。モスキートブロッカーは水切れを起こすと葉っぱが縮れて、その部分は元に戻りません。

肥料
春から秋に掛けての生育期に緩効性肥料を二ヶ月に一回か、液肥を二週間に一回程度やります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

挿し木で増やすことが可能で、簡単です。枝を切って土に挿している株を増やすことが出来ます。
●数センチほど切って挿します
●葉っぱが少ないと根付きませんが、多すぎても根付きません。複数の長さのものを作って挿しておけばいいです。

売っちゃだめですよ
ただし、モスキートブロッカーは品種商標登録してあって、営利目的で増やすことは禁じられています。つまり、個人で楽しむのはいいけど、人に売っちゃ駄目ってことです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

寒さには一定の耐性
霜に当たると枯れますので、冬は室内に取り込みます。室内の日当たりのいいところで管理すれば越冬は難しくありません。
●寒冷地では戸外での越冬は無理
暖地は戸外の越冬が可能。中間地は霜に当たらないように軒下に置くか、防霜があれば戸外での越冬も可能。ただ防霜までして越冬させるほどのものとは…

高温多湿に弱い
高温多湿に弱いので、夏は風通しの良いところに移動させてください。冬よりも夏に枯らせるパターンの植物です。

特徴・由来・伝承

オーストラリア原産の蚊の侵入を防ぐと言われる植物。
ただし、効果があるのは30センチ以上に大きくなってからで、ネットなどで販売している大きさでは効果は薄いよう。今年購入して翌年から本領発揮とネットショップで書いてありますが、寒さに弱いことと、逆に高温多湿に弱いこともありますので、気軽に挑戦するとストレスを溜めることになるかも。一定のガーデニング経験があるなら挑戦してみるのもいいかなーと思います。

ネットを探してみると、効果があると書いてあるブログもあるのですが、楽天アフィリのリンクが貼ってあって、育てた感想とは言えなさそうなので、ちょっと眉唾。

モスキートブロッカーは柑橘系の香のする成分で蚊を忌避する作用のある植物ですが、虫除けの植物としては「ニーム(インドセンダン)」「ゼラニウム」が有名です。
特にゼラニウムは19世紀のヨーロッパのベランダを飾っていました。これはクーラーの無い当時、窓を開けて寝るためにベランダに植えたためです。その中で特に蚊避け効果の高いのが「カトリソウ(セインテッドゼラニウムの一種)」です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

フトモモ科の仲間


フトモモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用