水やり

MENU
TOP>園芸用語>水やり
スポンサードリンク

水やりについて


小学生の理科の授業で植物は日光を浴び、水と二酸化炭素からでんぷんを作る・・・ってことを習ったように、植物にとって水を得るということは自己保存のための大問題です。ですが、その一方でとても大事なもう1つの要素があります。

それは空気です。

植物が水を得るのは一般的には「土」からです。その土に水が含まれていればそれでいいか?というとそれだけではダメで、土には空気が含まれて居なくてはいけません。
実は根も呼吸しているんです。
空気が無いと窒息死するんです。

空気と水という矛盾した問題を「土」自身が解決してくれます。土はぎっしりと詰まっているのではなくて、程よく隙間があります。ここに水を蓄えつつ、余分な水を排除し空気も蓄えるのです。露地植えすると、この機能が適切な水量に保たれるのですが、プランターに植えると、水をやるコチラ側で気を使わないと、根が水に溺れたり、水が足りなくて餓死します。

ながながと書いたのは何故かというと、ガーデニング初心者が花を枯らせる最大要因が「水のやりすぎ」だからです。
スポンサードリンク

どうやって吸い上げているか?

植物は確実に水を吸い上げているのですが、どうやって吸い上げているか?実は科学的には解明されていません。
「毛細管現象じゃないの?」

という人が居ますが、それだけで何十メートルの巨木の先っぽまで水を吸い上げるのは不可能なんだそうです。他に考えられるのは「蒸発する圧力で吸い上げる」というものですが、それならば、1回水切れしたら復活しないはずです。これもダメ……

この植物がどうやって水を吸い上げているか?という謎は、重力がどうやって空間を伝わっているか?という謎と共に、意外に解明されていない身近な科学です。

注意点

夏を除いて、毎日水をやると根ぐされを起こします。大事なのは、やるときは水をドバっと与え、あげないときはあげないということです。

●水をやるときはしっかりとやる
●鉢底から水が漏れてくるくらいにやる
●土が湿っている間は水をやらない
●冬は特に控える。冬の間、水を控えることで耐寒性が増して冬越えしやすくなる性質の植物が多いです
サボテン類は冬に水をやらない。春以降はたまにあげる。
●場所によって乾燥スピードが違うので何日に一回という言い方は難しい
●冬は空気が乾燥し、暖房が掛かるので、土が湿っていても葉や花が乾燥します。場合によっては霧吹きを掛けて水分を補給してあげなくてはいけません
スポンサードリンク

意義

水やりには水分を供給するという意味もありますが、もう一つ大事な要素があります。
土の中には微生物が繁殖し、老廃物やガスが増えていきます。これを洗い流すことも水やりの大事な役割です。
だから、水をやるときはドバっとやる必要があります。

参考:水やりを簡単で楽チンに
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

水やりの関連記事

水やりの日記

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用