シンゴニュームの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>シンゴニューム
スポンサードリンク

シンゴニューム

シンゴニューム
科名サトイモ科
属名シンゴニウム属
学名Syngonium
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

耐陰性が強く、直射日光の当たらない明るい日陰で育てます。直射日光の強い場所においておくと葉っぱが焼けて変色しますので気をつけてください。ただ、余りに日陰に置いておいても葉っぱの色があせて枯れることもあります。

水やりと肥料

春~秋の成長期は、土が乾いたら水をタップリとあげます。夏に乾燥するときは葉っぱに水をかけてあげてください。これを葉水といいます。

朝の気温が20度以下になり秋の気配を感じるようになったら水を控えてください。冬は土が乾いて白く変色してから水をやってください。冬に水をたっぷりとあげていると、根腐れを起こします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢の底から根が出るようであれば、植え替えをして下さい。シンゴニウムの植え替えの目安は年に1回です。植え替え時期は春~夏になります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

直射日光を嫌いますので、年中室内の明るい場所で管理するのが好ましいです。春~秋に戸外で管理することもできますが、冬の寒さには一発で枯れてしまいますので、忘れないようにしてください。

その他

ハダニが発生します。
ハダニは乾燥すると発生しやすいので、夏の乾燥する時期は葉っぱにも水をやってください。

特徴・由来・伝承

シンゴニウムの葉っぱは幼葉と成葉があります。幼葉は株が押さないときに出る葉っぱで、シンゴニウムの鉢植えを買ったときに生えている、鮮やかなコントラストの葉っぱは大抵この幼葉です。もっと大きくならないと成葉は出ませんが、過程で生育させている上では見られるほど大きく成長しません。
スパティフィラムのような花が咲きますが、家庭では咲くほど成長しません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用