オーストラリアン・ブルーベルの育て方

MENU
TOP>トベラ科>オーストラリアン・ブルーベル
スポンサードリンク

オーストラリアン・ブルーベル(ソリア・ヒメツリガネ)

オーストラリアン・ブルーベル
科名トベラ科
属名ソリア属
学名Sollya Heterophylla
別名ソリア・ヒメツリガネ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


春から夏に掛けて花が咲き秋には赤い実をつけます。花色はピンクや白もある。
花が一旦休んだら、切り戻しを行います。切り戻しをすることで、脇芽が増え花つきがよくなり。株が大きくなります。
何年も育て株が大きくなると花が咲く時期が長くなります。
まとめ
●多湿に弱い。水のやりすぎに注意。
●酸性の土に育つ。普通の培養土に植えないようにする。
●夏の暑さには強い。冬は0度以下にならなければ、戸外で越冬も可能。
●育てやすいが、流通量が少ない。

水やりと肥料

春から秋に掛けては、土が乾いていたら水をしっかりとやります。鉢植えでしたら、鉢底から水が染み出すくらいにやります。また土が濡れている間は水をやらないでください。水をやりすぎると、根腐れを起こします。
夏は蒸発が激しく、水切れを起こさないようにします。
●庭植えにした場合、かなり乾燥状態にならない限りは自然雨で十分です。
●鉢植えでもかなり乾燥に強い。
●かわりに過湿に弱い。注意を。

肥料
肥料は植え付けの際に土に混ぜた肥料と、生育期間に週に一回液肥をあげてください。肥料が切れるとつぼみがなくなり、葉っぱが細くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性の水はけの良い土を
水はけのよい土を好みます。
酸性の土を好みます。通常の一般的な土では植え替えをしないでください。鹿沼土7ピートモス3を混ぜたものに緩効性肥料を混ぜたもので植え付けを行います。
●ブルーベルーの土やツツジアザレアの土でも植え付けが出来るかと思いますが、詳細は不明。
●普通の培養土は中性なので植えると枯れます。

必ず支柱を
鉢植えで管理した場合、支柱が必要になります。アサガオなどで使う行灯仕立ての支柱に絡ませます。オベリスクとかでも。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、半日陰でも育ちます。1日のうち4時間程度の日照でも花を付けます。日当たりを好むのですが、多湿に弱いので、真夏に半日陰となり風通しの良いところであれば庭植えできます。アブラムシも付きますが、それによって枯れるというほどでもなく、気にしなければ手間が掛からない。

風通しのよい場所がこのましい。
冬は戸外の軒下
関東でも戸外の軒下で霜が当たらなければ越冬も可能。体感温度は0度。まぁ、関東でも北関東だと無理、南関東だと微妙。強い寒波が来ると枯れるかもしれないので、冬は室内に取り込むのが無難。関東以西では戸外で越冬が可能。

その他

アブラムシ・コガネムシの幼虫など。
コガネムシの幼虫が根を食べます。コガネムシが根につくと枯れます。
実が食べられる?
実が食べられるという人もいます。おいしいとか。まーーー食べない方がいいんじゃないかなぁと。

特徴・由来・伝承

流通量は少ないですので、まだ情報がハッキリとしないところがあります。常緑つる植物で、樹木。暑さ、寒さに耐性があり、短期間であればマイナス10度まで耐える。関東以西では露地植えで越冬が可能。

高さは1メートルほどまで。フェンスに絡ませることができます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

オーストラリアン・ブルーベルの日記

トベラ科の仲間


トベラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用