アキレアの育て方

TOP > キク科最終更新画像投稿

アキレアの基礎データ

アキレア
科名
キク科
属名
アキレア属
学名
Achillea
水やり
水控え目
場所
外の日なた
難易度
初心者向け
アキレアの開花時期…植え付け・植え替え時期…肥料時期…月別スケジュールです。

アキレアとは

アキレア:アキレアとは

アキレア:アキレアとは
アキレアはキク科アキレア属のこと。主にアキレアを交配させた色鮮やかな花を咲かせる品種が苗で流通しています。このページではそれらのアキレア品種の栽培についてまとめています。

全体的に日光を好み、花の時期が長くて、乾燥に強く、暑さと寒さに強くて、繁殖力があってよく広がり、庭植えに適しています。その代わりに多湿に弱くて蒸れると枯れることがあります。夏は水やりを乾燥気味にし、下葉をさばいて風通しをよくします。

アキレアは一度植えつけると、夏の多湿に負けなければ寒さにも強く、毎年花を咲かせ、こぼれダネでも増えていく。冬は地上部がほとんど枯れてしまい、春に芽吹きます。

花の色合いと形に若干個人の好みが分かれますが、庭植えに適した育てやすい植物です。
草丈80cm
アキレア 苗の商品画像
アキレア 苗の購入はこちら
Amazon
楽天市場

水やり

庭植えにしたら自然に降る雨だけでほぼ大丈夫です。乾燥する時期は水をやる程度でいいです。水をやりすぎたり、水捌けが悪いと根腐れすることがあります。

鉢植えの場合は土が乾いたら水をやるようにします。土が濡れているうちは水やりをしないでください。冬は水やりを控えてください。

花に水が掛かると、すぐにしぼんでしまいます。もったいないので、水をかけないようにしましょう。葉っぱには掛かっても大丈夫です。

肥料

アキレアは肥料が多いと徒長したり、花が咲かなくなりますので、液肥をやる場合でもアキレアの様子を見つつ薄めてからやります。春に植えつけた場合は、培養土に肥料が含まれて居ますので、そのシーズンは肥料は不要です。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

春から夏にかけて苗が出回りますので、これを植えつけます。アキレアは多年草で横へ横へと増え、こぼれダネでも増えますので、一度植えると毎年楽しめます。そのために(簡単に増えるので売れないので)大量には流通しませんので、ネットで買った方が早いです。

用土

アキレアは水はけのよい土を好みます。というか普通の土でいいです。花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。

庭植えの手順

庭植えの場合は、深さ20cmを掘り返して、腐葉土堆肥を1割〜2割ほど追加して用土とします。ここに株同士を15cm〜20cm以上空けて植えます。

種蒔き

種は秋に撒きます。種を買うと一袋で何百粒も張っていて、広い庭ならば種まきが良いですが、ベランダガーデニングだったり、限られた範囲で育てるなら苗が無難です。苗があまり流通していませんので、ネットショップで取り寄せるといいです。

管理場所・日当たり

アキレア:管理場所・日当たり
風通しの良い日向か半日陰で管理します。
若干、夏の多湿が苦手なので、梅雨前か夏前に前もって刈り込んで風通しをよくしておくといいです。

支柱を

アキレアは草丈が高くなってくると、花が房状に大きく咲くので、その重みで折れてしまいますので、支柱を添えて支えてやります。でも支柱は面倒ですし、たくさん咲きますからキリがないですよね。そこで、大きくなった花は収穫して、家の中に数日だけでも飾るのも手です。

花ガラ摘み

咲き終わった花はマメに摘んで下さい。アキレアは花が終わると種を作り始めて、種子に栄養が回って次のつぼみが咲きづらくなります。マメに花ガラを摘むと次の花が咲きやすくなり、長く開花します。

刈り込み

アキレアは夏や梅雨には多湿で傷みます。そこで前もって半分から三分の二ほどに刈り込んで風通しをよくして、葉っぱを間引いてやります。あとは水を控えてやります。これで夏越し出来ます。アキレアは多湿に弱いといっても夏越しが出来ないほどではありません。

病気・害虫

ウドンコ病
ウドンコ病は文字通り白い粉を吹くカビで、風通しが悪いと発生しやすいです。株を刈り込んで風を通すと予防できます。また、株を健康に保つと、発症しても自然と治癒します。

灰色カビ病
灰色カビ病は低温で湿度の高い環境になると発生しやすいカビで、梅雨や秋の長雨時期に風通しが悪いと発生します。刈り込んでおくと発生は抑えられます。発生したら、病変箇所を取り除きましょう。

アブラムシ
アブラムシは新芽などをたかる虫で、爆発的に増えるので、発生した時点で早めに駆除しておきましょう。普段からよく観察して発生初期を把握するようにしましょう。

アキレアの仲間

ノコギリソウノコギリソウ(Achillea alpina)は本州・北海道で自生する多年草。
ヤロウ
アキレア:ヤロウ
ヤロウセイヨウノコギリソウ・Achillea millefolium)はヨーロッパ原産のハーブで、日本で野生化もしています。流通する「アキレア」は実質、これのこと。詳細は育て方は以下のページを参考にしてください。
オオバナノコギリソウ
アキレア:オオバナノコギリソウ
オオバナノコギリソウ(Achillea ptarmica)はヨーロッパ原産で、6月〜10月に白い花を咲かせる。真っ白な八重咲き品種がいくつかあって、花の大きなカスミソウのような咲き方をします。
エゾノコギリソウ
アキレア:エゾノコギリソウ
エゾノコギリソウ(Achillea ptarmica L. subsp. macrocephala)は本州中部以北から北海道や樺太まで生育する多年草。8月に開花します。
キバナノコギリソウ
アキレア:キバナノコギリソウ
キバナノコギリソウ(Achillea filipendulina)はロシア・コーカサス〜イランが原産の多年草。花が大きく、密度が高いので迫力があります。
スポンサーリンク
記事が気に入ったら拡散をお願いします。
はてブ LINE

アキレアのカテゴリ・タグ

庭植え鉢植え多年草育てやすいこぼれダネ

キク科

スポンサーリンク