ツンベルギアの育て方

MENU
TOP>キツネノマゴ科>ツンベルギア
スポンサードリンク

ツンベルギア(コダチヤハズカズラ・ヤハズカズラ)

ツンベルギア
科名キツネノマゴ科
属名ヤハズカズラ属
学名Thunbergia alata
別名コダチヤハズカズラ・ヤハズカズラ
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに弱い
春に種を撒くか、春から初夏に掛けて流通する鉢を購入して観賞します。室内で管理すれば越冬も可能なのですが、冬には枯れる一年草とされます。ツル性でフェンスに絡ませることが出来ます。行燈仕立てが多いです。

摘芯
他の植物同様に摘芯をすることで脇芽が出てきた花が多く咲かせることが出来ます。摘芯とはツルの先を切ると葉っぱの根本から別のツルが出てきて結果的に株が大きく育てることです。種子から育立て場合は30センチ以上に育ってから摘芯してください。

夏は開花が鈍く
真夏はあまりの暑さに花が咲かなくなります。でも秋になればまた花が咲きますので、安心してください。

水やりと肥料

肥料を必ず追加
春から秋に掛けて非常に長い間、花が咲くので必ず肥料を追加してください。肥料が切れると花が途切れてしまいます。肥料は固形肥料を月に一回あげるか、液肥を一週間に一回あげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

種蒔きは春
庭に直播せずに、ポットや育種シートに撒いて乾燥しないように水をやります。ポットなら一つに三粒ほどです。一週間ほどで発芽しますので、これを間引きして元気がいいのだけにします。双葉が出て、本葉が出てきたら庭植えするか、鉢植えにします――面倒なので普通はしません。ホームセンターなどで鉢を買った方が楽です。

用土は選ばず
市販している花と野菜の土で植え付けをします。水はけがよいならば土は選びません。自生する場合は緩効性肥料を混ぜておきましょう。土は必ず新しいものを利用してください。株同士は20センチほど空けてください。直径20センチの鉢ならば苗一個。横長プランターなら二個か三個。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みます
日当たりを好み、半日陰や日陰だと花つきが悪くなります。ただし真夏の暑さと直射日光には若干弱ってしまいます。枯れるほどでは無いのでそのままでも構いませんが、環境によっては葉焼けしなくても、あまりの高温で乾燥して水切れが激しいようならば半日陰に移動させてください。

その他

アブラムシに注意
せっかく出てきた新芽にアブラムシが発生します。新芽をアブラ虫にやられると成長が止まり、花が咲かなくなります。早めに補殺してしまうか、薬剤を撒いて駆除します。オルトランも効きますので、前もって撒いておくことで予防が出来ます。

ハダニ
ハダニは夏の乾燥する時期に発生します。ハダニが発生すると葉っぱに黄色く抜けるようになります。水を葉っぱに掛けることでハダニの予防が出来るのですが、花やツボミに水が掛ると花がしぼんでしまいます。気にしないならば水やりの時に葉っぱにも水を掛けます(=葉水)。葉水しないならばハダニ用の薬剤を発生する前に定期的に撒きます。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

熱帯アフリカ原産。本来は多年草ですが、寒さに弱いので一年草扱いとされがち。和名はヤハズカズラ。名前の由来はスウェーデンの植物学者の「ツンベルグ」から。お店やネットでは「ツンベルキア」と表記されていることもありますが勘違いです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キツネノマゴ科の仲間


キツネノマゴ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用