ティアレラの育て方

MENU
TOP>ユキノシタ科>ティアレラ
スポンサードリンク

ティアレラ

nophoto
科名ユキノシタ科
学名Tiarella
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに強い、夏越しも出来る
ヒューケラの夏越しが厳しい割に、ティアレラは半日陰であれば十分夏越しが可能です。もともと半日陰でも十分育ち、少々日当たりが悪い場所でも花を咲かせるので、最初から半日陰に植え付けするのをオススメします。
シェードガーデンにおすすめ
耐陰性があり、花が咲き、斑入りのものはカラーリーフとしても優秀。草丈が高すぎず(30cm~50cm)、使い買ってもよいです。
乾燥に注意
若干ジメジメした場所を好み、乾燥に弱いです。育て方はヒューケラ・ツボサンゴに近いです。

水やりと肥料

鉢植えならば土が乾いて居たら水をやってください。ジメジメした環境を好むのですが、かといって常時ジャブジャブでは根腐れします。水やりは春や秋は普通の植物と同じ感じでOK.夏の乾燥に気をつけてください。受け皿の水は捨ててください。
庭植えなら水やりはほぼ不要
庭植えしたら、夏以外は降雨だけで十分です。夏は乾燥しやすいので土の状態をよく見て、水をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の花と野菜の土を利用します。もしくは赤玉土腐葉土4を混ぜたもの利用します。鉢植えの植え替えは二年に一回。ティアレラは肥料が少ない痩せ地でも育ちますが、少し肥料があると生育しやすいです。前もって緩効性肥料を少量混ぜておくとよいです。また春と秋に緩効性肥料を少量追肥します。でも無くても枯れたり、花が咲かないというわけではありません。

植え付け・植え替えは真夏でなければ大体大丈夫。最適期は春の活動が始まる前。

管理場所・日当たり

日当たりは日陰から半日陰
直射日光がガンガン当たる場所だと夏に暑さで枯れてしまいますので、日陰や半日陰で育てます。日光が少なくても花が咲くので、都合に合わせて管理して下さい。

冬の寒さには強く、日本どこでも枯れることはありません。真夏の暑さに対してはヒューケラ・ツボサンゴの仲間としては強い方なのですが、それでもあんまり暑い・直射日光に当たると傷んでしまいます。半日陰で管理し、西日が当たらないようにします。

特徴・由来・伝承

ヒューケラ(ツボサンゴ)と近縁種でヒューケラとティアレラの交配種で「ヒューケレラ」というのもあるらしいです(ちょっと見たこと無い)。ティアレラはあまり名が知られていませんが、これは常緑で宿根で夏の暑さにも強いためではないかと思われます。――参考:毎年咲く花は花屋さんが売らない?
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユキノシタ科の仲間


ユキノシタ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用