エリカファイアーヒースの育て方

MENU
使い方
TOP>ツツジ科>エリカファイアーヒース
スポンサードリンク

エリカファイアーヒース(エリカセリントイデス)

エリカファイアーヒース
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名ツツジ科
属名エリカ属
学名Erica
別名エリカセリントイデス
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
冬は室内の窓辺が無難ですが、エリカファイアーヒースは他のエリカよりも若干耐寒性に優れているので、暖地では露地植えで越冬も可能です。ただし霜に当たると枯れてしまいます。

暑さに弱いために、真夏は風通しのいい半日陰の場所で管理します。もしくは何かの木陰になっていればいいです。

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
エリカは水切れに弱く、水が切れると葉っぱが変色しポロポロと落ちていきます。葉っぱが落ちても枯死しているとは限らないので、しばらくは諦めずに水やりをしてください。

水切れに弱いのですが、水をやりすぎても根腐れしてしまいます。ここらへんをクリアするとエリカを毎年育てることが出来ますが、初心者にはなかなか難しいです。

<春>土が乾いたら水をやります。
<夏>基本的に毎日二回、朝と夕方水をやります。蒸れるようであれば水を控えます。
<秋>春と同じように土が乾いたら水をやります。
<冬>土が乾いていたら水をやりますが、蒸発量も減り、成長も鈍くなっていますので乾きずらくなります。水やりを忘れがちになり、水切れで枯れやすいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
酸性の土を好みます。オーストラリアの植物は弱酸性の土を好むものが多いです。ボロニアも弱酸性の土を好みます。

市販されている花と野菜の土に鹿沼土を混ぜたものを使うか、鹿沼土7ピートモス3を混ぜたものを使います。水はけのよい土を好みます。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
春は日当たりの戸外、夏は半日陰へ、秋は日当たり、冬は室内。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
にょきっと伸びた茎の先に朱色の細長い花房がいくつも垂れ下がるように咲く、個性的なエリカ。
株の根元から、分化して生え、その後は分化しないので、骨だけの傘をひっくり返したような生え方をします。

ファイアーヒースは山火事に合うと花を咲かせる傾向がありますが、火をつけなくても花は咲きます。花ははっきりとこの時期に咲くということは無くて、気温などの条件さえ揃えば、周年開花します。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ツツジ科の仲間


ツツジ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用