アストランティアの育て方

MENU
TOP>セリ科>アストランティア
スポンサードリンク

アストランティア

nophoto
科名セリ科
属名アストランティア属
学名Astrantia major
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

暑さに弱い。
暖地では夏に枯れてしまう。寒冷地向き。北海道、東北、高地。寒冷地でも防寒しなくても春に芽が出て花が咲き、何年か生育します。
●マヨールの花色は個体差があるらしい。

水やりと肥料

乾燥に弱いが、過湿にも弱い。
日本では水の加減がややこしいです。
そこで水はけのよい土に植えて、水やり頻度を多くして対応します。土が乾ききる前に水をやるようにします。
肥料
鉢植えの場合は3月から5月と、秋に液体肥料をやります。庭植えにした場合は冬に寒肥として緩効性固形肥料をやるといいです。寒肥はやってもやらなくてもいいです。
●8月の暑い時期に肥料が土の中に残っていると、枯れやすいです。春の肥料は5月一杯で止めておきましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけの良い土を好み、土は山野草の土を利用します。もしくは鹿沼土4軽石3腐葉土3を混ぜたものを使います。水はけが悪いと根が腐ってしまいます。植え付けは春か秋。
●レウズドベッドなど水はけ対策を考える
●アストランティアは3年ほどで株が老化してきます。老化すると生育不良がおき、開花が極端に少なくなります。株分けすることで老化を防げます。
こぼれダネについて
アストランティアは発芽率が悪く、種子を採取して撒いてもなかなkです。ところが、育てているとたまに株横に発芽しています。この苗がエリートというか強い。

管理場所・日当たり

寒冷地のように涼しくない地域なら、夏は半日陰の涼しいところに移動させてください。他の季節は日当たりがよいです。日陰だとヒョロ長くなってしまいます。
間を取って年中半日陰でOK。
●アストランティアは夏の乾燥に弱いです。そのままにしておくと乾燥で枯れてしまいます。そこで根元に腐葉土やバーグなどを敷いて蒸発を防ぎます。
●夏の直射日光はNG。西日もアストランティアにはNG。
スポンサードリンク

その他

ウドンコ病。ケムシ・ネコブセンチュウ

●品種でオーソドックスなのがマヨール。

特徴・由来・伝承

セリ科の植物。切花でたまに流通します。雰囲気はシロツメクサ(クローバー)と似ていますが、アストランティアの方が透明感があります。イングリッシュガーデンでよく植えられています。

ヨーロッパからアジア西部に自生するセリ科植物。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

セリ科の仲間


セリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用