秋麗の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>秋麗
スポンサードリンク

秋麗(シュウレイ)

秋麗
科名ベンケイソウ科
属名グラプトペタルム属
学名Graptopetalum cv
別名シュウレイ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

縦に伸びる性質が強く、そのままにしていると木のようになります。小さい方が可愛いので、普通は挿し木・挿し芽・切り戻しで小さく仕立てていきます。
まとめ
●水をやりすぎない
肥料をやりすぎない
●生育が早く、他の植物のエリアに侵食する。
●寒さには弱い方
●暑さに対しては(多肉としては)普通。夏は涼しいところにおいて水を控える。

水やりと肥料

過湿に注意
多肉植物で葉っぱに水を貯めこんでいるので乾燥に強い代わりに、過湿に弱いです。水をやりすぎるとテキメン腐ってしまいますので、やりすぎに注意。
土が乾いてから数日後に水やり
土が乾くまでは絶対に水をやらないでください。土が乾いてから数日たってから水をやる程度で十分です。
●冬は蒸発量が減り、生育も鈍くなるので水を控えます。水を控えることで植物内の水分が減り、体液の濃度が増えると耐寒性が増します。霜が降りるようになるまでには、水を減らします。冬の水やりは一カ月に一回かその程度です。
●冬の水やりは朝です。夕方以降に水をやると、蒸発しきれなかった水が夜の間に凍って根を傷めます。
●夏も暑さのあまりに秋麗は休眠します。水を控えましょう。

肥料
肥料が多いと葉っぱが落ちます。でも春から秋の生育期に肥料があるとよく生育しますので、薄い液肥(2000倍とか)を一カ月に一回程度やります。
●肥料があると生育するのですが、秋麗は徒長しやすく、徒長すると可愛くないので、肥料をやるかどうかは場合によって判断しましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

多肉植物の土で
多肉植物の土やサボテンの土という専用の土が売られているので植え替えをするときは、これでします。植え替える時は半分か三分の一ほど古い土を落として植え替えをします。このとき株分けします。
●生育が早いので植え替えは毎年することになる。
●植え替え前は水をやらないで乾燥させる。
●温かいうちにやる。
●多肉植物も植え替えはストレス。植え替え直後は日蔭で一週間から二週間管理してから日向に出す。

挿し葉で増える
大きな葉っぱを土に挿していると発根して株が増えます。
爆発的に増える
多肉植物としてはかなり生育が早く、多肉の寄せ植えにしていると他の種類を駆逐する勢いがあります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好み、日光が不足すると徒長しやすい。徒長すると可愛くないので、しっかりと日に当てるようにします。
冬の管理場所
耐寒温度は5度とされますが、水を切り、過保護にしていなければ霜にも枯れない。でも傷むし、霜に当てないように軒下で管理しましょう。暖地では戸外で越冬できますが、それ以外の地域では室内で管理するのが無難。中間地は場所によっては戸外で越冬出来るようです。
最低気温マイナス3度でも枯れない
http://www.mirai.ne.jp/~panther/cactus/niku50.html
▲ぱんささんのサボテンランドというサイトです

夏の管理場所
夏の暑さと湿度には弱ってしまいます。風通しのよい半日蔭・日陰に移動させ、水を控えます。夏越しは意外と失敗するので注意。
スポンサードリンク

その他

徒長する原因
ひょろ長くならない方が可愛いです。
●水のやりすぎ
●肥料のやりすぎ
●日光不足

上記の状況だと下葉が落ちて徒長してしまいます。

特徴・由来・伝承


交配によって生まれた多肉植物。よって自生地とか原産地はなし。秋になると紅葉します。基本的に強い性質で、耐寒温度5度、耐暑は30度。多肉植物の水やりをしていれば枯らすことはほぼ無いです。
●グラプトペタルム属の「朧月」と何かの交配らしい。
●黄色い花が咲く。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用