ブルーエルフィンの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>ブルーエルフィン
スポンサードリンク

ブルーエルフィン(クレロデンドラム・ウガンデンセ)

ブルーエルフィン
科名クマツヅラ科
属名クサギ属
学名Clerodendrum ugandense
別名クレロデンドラム・ウガンデンセ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ブルーエルフィン(=蒼い妖精)とかブルーウィング(=蒼い翼)があります。ピンクの花が咲くパピヨンローズもあります。どちらも同じ育て方です。小さい株でも花をしっかりとつけます。
花が咲き終わったら、花を摘んでください(花ガラ摘み)。
まとめ
●土が乾いたら水をやる。夏は乾燥して水切れしやすいので半日蔭に移動する。
●耐寒温度は5度。冬は室内で管理する。暖地なら戸外で越冬することも。
●放置していると1m以上になるので斬り戻して小さく仕立てる。小さくても花はよく咲きます。
●花がしぼんだら、花ガラ摘みをすることで次の花が咲きやすくなります。

水やりと肥料

水切れしやすい
土が乾いたら水をしっかりとやります。水切れして、ヘタりやすいですので夏は水切れしないように気をつけてください。
肥料
生育する期間は真夏を除いて液体肥料を一週間に一回、緩効性肥料を一カ月に一回やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えをするときは古い土を落とさずに一回り大きな鉢にそのままスポっと入れて、新しい土を足して植えてください。用土は一般的な花と野菜の培養土か自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜた物を使います。
●植え替えは真夏を除く春と秋。冬は植え替えをしない。
●花が咲いているときは土を落とさないようにしてください。ただ植え替え時期は大体花が咲く時期です。

管理場所・日当たり

日光を好みます。春から秋は戸外の日当たりで管理します。夏は水切れしやすいで風通しの半日蔭で管理します。
冬の管理
10度以上を保つようにとよく書かれていますが実際には5度くらいまで耐えるので、暖地では戸外で越冬します。霜に当たれば一発で枯死します。冬は室内で管理します。
●10度以上を保つには温室でもないと無理。5度なら一般家庭の暖房の効いている部屋なら深夜で5度以下にはなかなかならない。ただし出窓・窓の近くは外気に近いので氷点下になることもある。
●寒さに当たって葉っぱが落ちても、春になったら復活するかもしれません。

行燈仕立て?
あんどん仕立てにしたり、何かに絡ませます。

特徴・由来・伝承


蒼い花が咲くクマツヅラ科の植物。クラリンドウの仲間。蝶々が飛んでいるような花で人気があります。宿根草寄せ植えにも使われます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用