タピアンの育て方

TOP >クマツヅラ科>バーベナ>>管理

タピアン(宿根バーベナ)

タピアン
科名クマツヅラ科
属名バーベナ属
学名Verbena
別名宿根バーベナ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. タピアンの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 花をたくさん咲かせるコツ
  6. 管理場所・日当たり
  7. 病害虫
  8. SNSボタン・関連記事

タピアンの育て方

タピアンの育て方
文章の修正タピアンはサントリーが開発したクマツヅラ科の宿根バーベナ園芸品種。匍匐して広がり、茎の節から発根して広がります。グランドカバーに適しています。バーベナというだけでも育てやすく頑健で長く花が咲き、同じサントリー花手毬同様に非常に花が多いです。

病気耐性も強く、ハッキリ言って花手毬よりも格段と花が多いです。大量に開花させるには、花ガラ摘みと肥料・日光が条件ですが、その手間が苦にならないほどです。ただし花ガラが汚く、花が「思ったより」小さい(たくさん咲くから何ら問題じゃないけど)。

宿根草で来年も――でも連作障害
タピアンは宿根バーベナ。なので寒さに当たらなければ、冬越しして来年も咲きますが、バーベナは連作障害を起こします。来年は今年のようには咲かず、何年かでまばらになり、消えてしまいます。
まとめ
●育て方はバーベナと同じ。
●寒さには強い。冬越しもできるが、連作障害を起こすため、春に植え替えるか、挿木で別の場所に更新する。
●土が乾いたら水をやる。
●開花している時期は肥料をやる。

栽培のより詳細は
バーベナ
クマツヅラ科クマツヅラ属Verbena
を参考に。
その他のバーベナについては
バーベナの仲間・品種
バーベナ栽培
を参考に。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやります。土が濡れているならば水はあげないでください。バーベナはどちらかというと乾燥に強く、過湿に弱いタイプです。水をやりすぎないようにしましょう。水をやるときは鉢底から染みだすくらいにやってください。

庭植えしている場合も水やり
土が乾いていたら水をやってください。梅雨時期は土を見て水をやってください。濡れているなら水はやりません。

肥料

文章の修正肥料が切れると花が途切れる
タピアンは長い間非常によく咲きます。そのために肥料の追加が必要です。肥料ぐいです。肥料が切れると花が途切れてしまいます。生育期間中は1週間に一回、水の代わりに液肥を必ず追加してください。
真夏に暑さで花が止まるのであれば、肥料は止めてください。

植え付け・植えかえ

植え付け・植えかえ
文章の修正植え付け時期は苗が出回る春。ホームセンターなどにも売っています。匍匐性であり、草丈は低いのですが、株によっては立ち上がる(個体差ではないかと思うが原因は不明)。

市販の花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。65センチのプランターで三つほど。直径30センチの鉢ならば三つ。庭植えなら株間は20cm〜25cmほど空けます。匍匐性で横へと広がる性質ですが、他の宿根バーベナよりも横へ広がる力は弱いです。

鉢底の穴を網で塞いで、鉢底石(軽石)を2cmほど入れて、その上に用土を入れ、苗を入れて、隙間に用土を入れていって最後に水をやります。水をやることで根と土が密着して根が馴染んで広がりやすくなります。
プラスチック鉢の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
プランターの購入はこちらから
Amazon
楽天市場
鉢底網の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
鉢底石の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
庭植えにする場合は、植え付けの2週間前に苦土石灰(1平方mあたり150g)を混ぜて中和し、植え付けの1週間前に庭土に対して3割ほどの腐葉土堆肥と化成肥料(1平方mあたり100g)を混ぜて用土とします。この用土に苗を20cm〜25cmの株間で植え付けて、最後にしっかりと水をやって完成です。
苦土石灰の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
腐葉土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
堆肥の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

花をたくさん咲かせるコツ

文章の修正摘芯と花ガラ摘みで花の絨毯を
摘芯して脇芽を増やすとドンドンと花が増えて花の絨毯のように増えます。花が終わったらマメに花ガラ摘みをして、花が非常に多いので追肥をすることで絶え間なく咲き続けます。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりで
日当たりで管理します。直射日光にも強く、真夏も日当たりで大丈夫です。

宿根草です
冬になると寒さで枯れることもありますが、土が凍るほどの地域で無ければそのまま放置していれば越冬します。地上部は枯れてしまいますが春には芽吹きます。寒い地域でも株もとを腐葉土でマルチングすれば越冬可能です。

バーベナは連作障害を起こします。2年目にも同じ土・同じ場所で育てると、全く育たないわけじゃないが、生育が悪く花がチラホラとしか咲かず、病気になりやすい。その場所・その土では長く持たないが、芽吹いた株を他の場所・土に植え替えたり、挿木で別場所で更新するなどすれば継続させることもできる。継続にも限界がある。植えて3年か4年で消えると考えた方がいいです(あなたも飽きるだろうし丁度いいと思う)。
種子はできない(できにくい)。種子ができたとしてもタピアンの性質を受け継ぎにくいので種子で増やすことには期待しない方がいいです。

病害虫

文章の修正病害虫には強いです。
ウドンコ病が発生することがある。ウドンコ病は白い粉を吹くカビの一種で乾燥すると発生しやすく、株が弱っていると発生しやすい。夏の暑さで弱ったり、連作で株が弱っていると発生しやすい。ウドンコ病が発生したら、病変箇所を取り除いて消毒する。涼しくなり、株が健康であれば発症しても回復する。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

バーベナ
クマツヅラ科クマツヅラ属
三尺バーベナ
クマツヅラ科クマツヅラ属
バーベナの仲間・品種
バーベナ栽培
バーベナ・ハスタータ
クマツヅラ科バーベラ属
スーパーベナ
クマツヅラ科クマツヅラ属
花手毬
クマツヅラ科クマツヅラ属

同じ科の植物

ダンギク
クマツヅラ科カリオプテリス属
デュランタ・宝塚
クマツヅラ科ハリマツリ属
デュランタ・パープルラブ
クマツヅラ科ハリマツリ属
デュランタ・ホワイトラブ
クマツヅラ科ハリマツリ属
ホワイトラブ
クマツヅラ科ハリマツリ属

1月に開花する植物

虹色スミレ
スミレ科ビオラ属
ハーデンベルキア
マメ科
エピデンドラム
ラン科エピデンドラム属
アマリリス・パピリオ
ヒガンバナ科ヒッペアストラム属
シーマニア
イワタバコ科グロクシニア属

1月に植え付け・植え替えする植物

グラハムトーマス
バラ科バラ属
イカリソウ
メギ科イカリソウ属
アラカシ
ブナ科コナラ属
イングリッシュデージー
キク科ヒナギク属
スポンサーリンク