タピアンの育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>タピアン
スポンサードリンク

タピアン(宿根バーベナ)

nophoto
科名クマツヅラ科
属名バーベナ属
学名Verbena
別名宿根バーベナ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

摘芯花ガラ摘みで花の絨毯を
摘芯して脇芽を増やすとドンドンと花が増えて花の絨毯のように増えます。花が終わったらマメに花ガラ摘みをして、花が非常に多いので追肥をすることで絶え間なく咲き続けます。
宿根草で来年も――でも連作障害
タピアンは宿根バーベナ。なので冬越しして来年も咲きますが、バーベナは連作障害を起こします。来年は今年のようには咲かず、何年かでまばらになり、消えてしまいます。

水やりと肥料

鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやります。土が濡れているならば水はあげないでください。バーベナはどちらかというと乾燥に強く、過湿に弱いタイプです。水をやりすぎないようにしましょう。水をやるときは鉢底から染みだすくらいにやってください。
庭植えしている場合も水やり
土が乾いていたら水をやってください。梅雨時期は土を見て水をやってください。濡れているなら水はやりません。
液肥を
タピアンは長い間非常によく咲きます。そのために肥料の追加が必要です。肥料が切れると花が途切れてしまいます。生育期間中は液肥を必ず追加してください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


市販の花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。65センチのプランターで三つほど。直径30センチの鉢ならば三つ。匍匐性で横へと広がる性質ですが、他の宿根バーベナよりも横へ広がる力は弱いです。

管理場所・日当たり

日当たりで
日当たりで管理します。直射日光にも強く、真夏も日当たりで大丈夫です。
宿根草です
冬は土が凍るほどの地域で無ければそのまま放置していれば越冬します。地上部は枯れてしまいますが春には芽吹きます。寒い地域でも株もとを腐葉土マルチングすれば越冬可能です。

その他

病害虫には強いです。

特徴・由来・伝承

サントリーが開発したクマツヅラ科の宿根バーベナの園芸品種。バーベナというだけでも育てやすく頑健で長く花が咲くのですが、同じサントリー花手毬同様に非常に花が多いです。
花手毬より優秀
病気耐性も強く、ハッキリ言って花手毬よりも格段と花が多いです。ただし花ガラ摘みと肥料・日光が条件ですが、その手間が苦にならないほどです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用