フィッシュボーンの育て方

MENU
TOP>サボテン科>フィッシュボーン
スポンサードリンク

フィッシュボーン(ジグザグカクタス)

フィッシュボーン
科名サボテン科
属名エピフィルム属
学名Cryptocereus anthonyanus
別名ジグザグカクタス
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


クジャクサボテン月下美人の仲間
魚の骨をのような形態からフィッシュボーンと呼ばれています。形状がワカメにも似ています。
冬は休眠期
乾燥気味に育てましょう。特に冬の休眠期には根腐れがおきないようにみずやりには注意が必要です。夏はあまり気温があると弱ってきますので水を春秋より控えめにしましょう。
傷をつけないように
成長するにつれ気根をだし壁面に張り付きます。サボテンの表面を傷つけないよう注意。トゲはありません。
ユニークなのに品のある花をつける花サボテン
薄い花びらが重なってとてもきれいです。
花を楽しむいわゆる「花サボテン」で鉢植えで育てるのが一般的です。みためがユニークな部屋のインテリアになります。
枝はある程度の長さになると成長が止まります。そこから枝を出しどんどん長くなるツルのような育ち方をします。

まとめ
● 表面に気根がつきますので傷めないように気をつけましょう。
● 冬と夏の休眠期には水遣りを特に控え、年中乾燥気味で育てましょう。
着生タイプの半ツル性のサボテンです
● 花も葉も見た目がユニーク。
● 伸びてくると倒れ気味になるので支柱をたてて支えてあげましょう。

水やり

水をやりすぎると根が腐ります
春から夏にかけては土の表面が乾いてから水を与えるようにします。花びらに水がかかると痛みますので気をつけます。真夏は土の表面が乾いてもう一日待ってから与えるようにしましょう。
冬は完全に乾いたら土の表面を湿らせる程度で良いでしょう。
受け皿に溜まった水を放置すると根が腐ってきます。水遣りのあとは確認してみましょう。
休眠期は断水
気温が5℃を切るような場合は断水、
暖かくなってきたら再び水やりを開始します。
肥料
肥料は春から夏前の花が咲き終わるまで、10日に1回の間隔で液体肥料を与えます。それ以外の時期は肥料は特に必要ありません。
スポンサードリンク

植えかえ、挿し木

鉢の中が根でいっぱいになってきたら、ひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。成長期のあとの9月から10月頃に行います。植え替え直後は10日ほど乾燥させて水遣りをしましょう。だいたい2年に1回が植え替えの目安です。
あんどん支柱を植え替え時に一緒にさすと良いでしょう。

土の準備
水はけの良い市販のサボテンや多肉植物培養土を使います。配合する場合赤玉土(中粒)5:腐葉土3:堆肥2のような割合が適当でしょう。
鉢の底には深さの3分の1のところまで軽石など大粒の用土を入れておきます。
葉挿しで増やすができます
適期は5~7月です。病気や傷みのない元気な葉を15cmほどの長さに切って土にさし、一週間風通しのよい日陰で乾燥させます。水やりはすぐにせずに10日ほど乾燥させてからおこないます。だいたい1ヶ月くらいで根が出てくるので、鉢上げしましょう。

管理場所・日当たり

耐寒温度5度
寒さに弱く、冬は屋外で冬を越さすには注意が必要です。鉢植えにして冬は暖かい屋内で育てるほうが管理しやすいでしょう。8度くらいまでの温度に保つのが理想的です。
室内では冷暖房の風は大変乾燥していますので直に風にあてないようにしましょう。
反日陰で育てましょう。
強烈な日射しは生育に適しません。生育期は屋外の風通しの良い半日陰場所が適します。
※半日陰とは-直射日光は当たらないが明るい場所。または午前中は日が当たるが昼以降は日陰になるような場所
スポンサードリンク

その他

ナメクジカイガラムシの被害がよくあります。
手で駆除して予防剤を巻きましょう。放置しておくと汁を吸われてさらに弱ります。

由来 

中南米原産のいろいろなサボテンの交配からできた園芸品種。雨の少ない森林、草原に自生る森林性サボテンと呼ばれるサボテンです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サボテン科の仲間


サボテン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用