テルノシャングリラ(ポトス)の育て方

MENU
TOP>サトイモ科>テルノシャングリラ(ポトス)
スポンサードリンク

テルノシャングリラ(ポトス)(緑の三角帽子)

テルノシャングリラ(ポトス)
科名サトイモ科
属名エビプレナム属
学名Epipremnum aureum
別名緑の三角帽子
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


新芽ほどよく巻いている
巻いた状態で伸びてきて、葉っぱが大きくなると開いてきますが、開ききらないで、巻いたままという葉っぱもあります。
まとめ
水やりは普通。土が乾いたらやる。
肥料があったほうがいい。
●夏の直射日光に弱い。
●五度以下になると枯れる。霜に当たれば一発で枯れる。
●育てるのは簡単。

水やりと肥料

水やりは普通
土が乾いていたら水をやります。土が濡れているなら水はやらない。水をやるときは鉢の底から水がしみ出すくらいにしっかりとやります。これが基本です。
●冬は土が乾いていても、土の中には水が残っている場合がありますので、持ち上げて重さで判断するか、割り箸を突き刺して、濡れているかどうかをチェックします。
●多少の乾燥には耐えますので、乾燥気味に管理しても大丈夫。ただテルノシャングリラは萎れてるのか、通常なのかちょっと分かりづらい。

肥料
生育期に肥料をやるとよく成長します。ただし、真夏は暑すぎて生育が鈍くなるので肥料を控えます。肥料はマグワンプなどの固形肥料でも液体肥料でも構いませんが、便利なのは液体肥料です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

2年に一回植え替えをします。
用土観葉植物の土。観葉植物の土には腐葉土が少ないので、匂いが抑えてあり、室内で育てるのに適していますし、肥料もあらかじめ適度に入っていて便利です。用土を自作する場合は赤玉土6腐葉土3川砂1を混ぜて使います。
植え替えの手順
下葉から枯れて、つるが伸びるばかりになったら根詰まりを疑います。疑う前に2年に一回程度植え替えるといいですけどね。鉢から取り出して、古い根を切り取り、ほぐして新しい鉢に植え替えます。新しい鉢は一回り大きなものを用意します。土がカチカチになってる場合はバケツの水につけてほぐします。

植え替えてから2週間は日陰で管理します。植え替えは株にダメージを与えるので、このときは弱い日光でも葉焼けを起こしやすいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好むが真夏の直射には注意
日光を浴びないと葉っぱの色が鈍くなって、徐々に株が弱って枯れてしまいます。年間を通して、室内の窓のそばで陽に当てるか、日光に当てなくても明るい部屋で育ててください。ポトス類は耐陰性があり、多少の日陰でもちゃんと生育しますから、無理に日光に当てるよりは、多少日陰の方がいいです。それに日光に当てるとスクスク生育して根詰まりしやすいです。植え替えるの面倒なので、多少日陰でも。
●春から秋は戸外で管理してもOK。ただし直射日光による葉焼けに注意。

ただし真夏の直射日光に当たると葉っぱが黒ずんでしまいます。真夏はカーテンなどで遮光してやるか、日陰に移動させます。
寒さに多少弱い
耐寒温度は五度。冬は室内で管理するのが基本。霜の降りない暖地ならば戸外でも越冬可能。観葉植物としては寒さに強い部類です。春から秋にかけて戸外で管理している場合、うっかり秋に取り込み忘れると、霜にあたって即死ということがあります。室内で冬越しする限りは人が生活するような場所(リビング)は昼間に暖房がかかっていて、深夜に暖房を着るとしても五度以下になることはなかなかありません(寒冷地を除く)。
スポンサードリンク

その他

カイガラムシなどが発生しますが、病害虫は発生しずらい便利な観葉です。

特徴・由来・伝承


葉っぱが巻いているポトスの園芸品種。これを面白いフォルムだと思えるかどうかはセンスによる。「枯れてるみたい・萎れてるみたい・元気がないみたい」で一蹴される可能性もある。好きな人は好きだし、ちょっと珍しいもので、育ててる人はまだ少ない。育てるのは通常のポトスと同様に簡単な部類で、通常ポトスよりも寒さや乾燥に強いくらい。育て方は通常のポトスと同じ。

緑の三角帽子は商品名。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用