アサヒカズラの育て方

MENU
TOP>タデ科>アサヒカズラ
スポンサードリンク

アサヒカズラ(ニトベカズラ・チェーンオブラブ・クイーンネックレス・アンティゴノン)

アサヒカズラ
科名タデ科
学名Antigonon
別名ニトベカズラ・チェーンオブラブ・クイーンネックレス・アンティゴノン
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方まとめ
●つる性なので絡ませるものを用意。
●春から秋まで育てるのは簡単。
水やり肥料などは普通。
●日当たりを好み、直射日光にも負けない。
●霜に当たれば地上部は枯れる。土が凍るような地域では戸外での越冬は無理。
暖地以外では霜が降りる前に掘り起こして室内へ。
●冬の面倒な作業をやめて一年草と割り切るのも手。
●花屋やホームセンターでは売ってない。買うならネット。

フェンスやテラスに這わせるツル性の半低木の植物で、「珊瑚藤」「女王のネックレス」「チェーンオブラブ」という名前から連想できるように、かわいらしい小さなピンクの花を咲かせます。

霜に当たると葉が落ちて枯れてしまいますが、冬は大きく膨れた地下茎で越冬します。ですが、土が凍ったり霜柱が立つような地域・場所では地下茎も枯れてしまいます。上手く越冬できたら、春にはまたツルを伸ばします。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えでは土が乾いたら水をタップリやってください。土が濡れているうちに水をやっていると、腐って枯れてしまいます。

地植えにした場合は特に日照りに成らない限りは降雨だけで充分です。ほったらかしでOK。
肥料
肥料は6月から7月の生育期に与えます。液肥を一週間に一回程度、水で薄めてあげてください。窒素分が多いと葉が茂って花つきが悪くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の土で植え付けをします。庭植えでも鉢植えでもかまいません。地下の芋が大きく育つので、何株も植えないか、20センチ以上離して植えましょう。
●鉢植えより路地植えの方が生育が良い。
●鉢植えの場合は直径18センチの鉢に1株。

種まき
種まきは20度以上になってから。一時間ほど水につけてふやかせてから蒔く。用土は一般的な花と野菜の培養土で。土は薄くかぶせる。発芽までは2週間かかります。その間、乾かさないように霧吹きで水をやってください。発芽したら薄い液肥をやります。
●花の後に種子を取る場合は、枯れても放置しておく。すると12月に種子が採れる。
●採取した種子は春まで冷蔵庫で保管。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

夏の直射日光にも負けない
直射日光に負けずにしっかりと育ってくれるので、真夏の直射避けに生やすのもイイでしょう。とにかく日光が好きです。日当たりが良いとよく咲きます。
霜に当たると地上部は枯れる
霜に当たると枯れてしまいます。地下の芋が枯れていなければ春になればまた芽吹いてくれますが、土が凍結したり霜柱が立つ地域では冬の間に芋が枯死します。暖地であれば、戸外で越冬します。暖地以外で来年も楽しみたい場合は、鉢植えにして、霜が降りる前に室内に取り込みます。もしくは一年草と考えて冬は諦めます。
●土が凍らなければ、戸外で放置していても春には芽吹きます。
●冬は休眠するのだから、霜に当たる前に掘り上げて、あとは室内で管理すれば問題ない。
スポンサードリンク

その他

非常にツルがよく伸びるので、支柱か、絡ませる場所を決めておかないと大変です。感覚としては朝顔に近い。

特徴・由来・伝承

「珊瑚藤」「女王のネックレス」「チェーンオブラブ」と呼ばれるメキシコ原産の植物。地下に作るイモは食用になり、ナッツのような味で、原産地ではサラダに添えられるのだそうです。別名のニトベカズラのニトベは台湾総督府だった新渡戸稲造のこと。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

タデ科の仲間


タデ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用