洋種小判の木・トキアカネの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>洋種小判の木・トキアカネ

洋種小判の木・トキアカネ

洋種小判の木・トキアカネ
科名トウダイグサ科
属名コミカンソウ属
学名Breynia nivosa
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

色々と調べると「冬は寒さに弱い」となっていますが、広島では戸外の軒下で越冬可能でした。ただし、霜にあたるとダメです。

冬は室内で管理するのが無難です。冬の間に日照不足と水不足と湿度不足と温度不足ともろもろの悪条件で葉っぱが落ちてしまうことがありますが、春になると新芽が芽吹きますので、諦めずに管理していて下さい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土の表面が乾いたらたっぷりと水をやってください。真夏は乾燥しやすいので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。昼に水をやると水が煮えて根が傷みますので、昼は避けてください。

冬は成長が鈍くなり、水を吸い上げる力が落ちてきますので、水は控えて下さい。土が乾いてから数日経ってから水をやる程度に控えます。

冬は土への水やりを控えて、葉っぱに霧吹きを掛けてあげてください。

春から秋に掛けて、月に二回か三回か液体肥料をあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢底から根がはみ出してきたら植え替えをします。用土観葉植物の土か、赤玉土腐葉土4を混ぜたものを利用します。

管理場所・日当たり

日当たりを好み、日光が不足すると色合いが鈍くなります。春は戸外で日にあて、夏は直射日光に葉っぱが焼けてしまいますので、半日陰で管理します。秋はまた戸外の日当たりへ。冬は室内で管理するのが無難です。

霜に当たると枯れてしまいます。秋に戸外の日当たりで管理しているうちに忘れないように取り込んでください。通常の洋種小判の木は10度以上の温度が必要ですが、洋種小判の木トキアカネは5度前後まで耐えます。といっても、決して強い方ではなく、冬は室内の日当たりで管理して下さい。

その他

そのままに育てていると大きく育ち、樹形が乱れます。花を期待する植物ではないので、春先に適当に剪定して樹形を整えてください。

洋種小判の木朱鷺茜のあの淡いピンクは新芽の色です。定期的に切り戻すことで、新芽を絶えず出させることも可能です。

秋には葉っぱが紅葉します。

特徴・由来・伝承

洋種コバンノキの新品種。通常白い附が入るコバンノキですが、新芽に赤い附が入ります。花も咲きますが、葉っぱを楽しむガーデニング植物です。

見た感じが「ハツユキカズラ」に似ていますが、ハツユキカズラがホフクして、垂れ下がるタイプに対して、コバンソウ・トキアカネは直立します。背の高さは放置しておくと2メートルほどになりますが、それは自生地の話。日本では寒さや暑さでそこまでにはなりません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用