ハツユキカズラの育て方

TOP > キョウチクトウ科 > ……

ハツユキカズラ(初雪葛)

ハツユキカズラ
科名キョウチクトウ科
属名テイカズラ属
学名Trachelospermum asiaticum
別名初雪葛
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿のお願い
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
文章の修正を申請する
栽培の概要
ハツユキカズラキョウチクトウ科のテイカカズラ園芸品種。常緑ツル低木でフェンスなどに絡ませるか、匍匐させてグランドカバーにする。新葉がピンクで斑入りですが、生育すると緑の葉っぱになります。ハツユキカズラを購入直後はツタの先が白やピンクになっていて可愛らしかったのに、全部緑になって「ショック」を受けることもあります。新芽を出させ、白・ピンクを維持するのが鑑賞のためのコツです。
5月6月あたりに開花。花芽が夏にできるので、夏以降に剪定すると翌年に開花が減る。

草丈10cmから30cm
まとめ
●ハツユキカズラはキョウチクトウ科のテイカカズラの園芸品種。
●庭植えにしたら自然の雨でほぼ十分。
●鉢植えは土が乾いたら水をやる。
●育てるのは簡単。水と日光と多少の肥料
●寒さに強いし暑さにも強い。
●フェンスなどに絡めることが多い。ただしよく広がりすぎて邪魔になるかも。
●ピンクに発色させるには定期的に刈り込んで新芽を出さないといけない。
スポンサードリンク

水やり

水やり
文章の修正を申請する
庭植えの水やり
庭植えにした場合は自然に降る雨でほぼ大丈夫。ただし日照りの時には水やりをしてください。

鉢植えの水やり
ハツユキカズラの水やりの基本は「土が乾いてから水やり」です。ハツユキカズラは日本の植物なので、湿っている状態でも度を越さなければ根腐れは起こしにくいです。気をつけるのはどちらかというと水切れです。
●ハツユキカズラは非常に頑健で、乾燥にあって傷んでもなかなか枯れはしません。とはいえ酷い水切れを起こすと下草から葉っぱがポロポロと落ちてきたり、新芽がすぐに縮れて枯れたりします。症状が出たら水切れを疑ってください。水が不足すると発色も悪くなります。

肥料

文章の修正を申請する
庭植えの肥料
生育時期に緩効性化成肥料を追肥する。一週間に一回液肥をやるか一ヶ月に一回緩効性肥料をやります。株が大きくなったら肥料も増やしてください。
●肥料が少ないと紅葉しづらくなる。

鉢植えの肥料
ハツユキカズラは生育旺盛なので春~秋に掛けては肥料をしっかりとあげてください。一週間に一回液肥をやるか一ヶ月に一回緩効性肥料をやります。

植え付け・植えかえ

文章の修正を申請する
植え付け・植え替え時期
春(4月から6月)か秋(9月10月)に植え替え・植え付けをします。真夏と冬は避けます。鉢植えの場合、鉢底から根が出ていたら、植え替えをします。庭植えした場合は一旦植えたら植え替える必要はありません。ただ、どんどん横へと広がっていきますので、邪魔ならば切ったり、抜いたりしましょう。

用土
用土は市販されている花と野菜の土でOK。自作する場合は赤玉土腐葉土4+緩効性肥料を混ぜたものを使います。土質は水はけがよければコレと言って選びません。庭土があまりに水はけが悪い場合は腐葉土や川砂を混ぜて水はけをよくしてから植えてください。

鉢植えの植え替え

文章の修正を申請する
鉢植えの植え替え
新しい鉢を用意し、鉢の底の穴を網で塞いで、軽石を2cmほど敷き、その上に用土を入れて、株を入れて、株と鉢の隙間に用土を入れていきます。鉢を揺らすと隙間ができますので、その隙間にさらに用土を入れていきます。最後に水をやって完成です。水は鉢底から染み出すくらいにしっかりとやってください。
●植え替えの時には土を三分の一ほど落として、負担を減らすために地上部を半分ほど刈り込んでから植え替える。
参考植え替えの基礎

庭植えの手順

文章の修正を申請する
庭植えの植え付け
直径30cm深さ30cmの穴を掘り、掘り出した土に腐葉土か堆肥を3割ほど追加してよく混ぜて用土とします。半分の土を戻して、株を入れて、隙間に土を入れて、最後に水をやって完成です。
●繁殖力が強いですが簡単にコントロールできる範囲。他の植物を駆逐するほどではない。
●フェンスなどにいつのまにか絡みつくので注意。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正を申請する
暑さ・寒さに強く、-5度~35度まで耐えられます。ただし真夏の直射日光には葉焼けをしますので、夏場に半日陰に移動すると良いです(といってもそれで枯れることはほとんどない。)。
また寒風が直撃する場所だと葉が傷むことがあります。
といっても、少々環境が悪いくらいならば傷みこそすれ枯れることは滅多にないです。一般的にはあまり気にせず庭植えの場合はケアせずえっぱなしです。
紅葉
寒さに当たると葉っぱが紅葉します。これもハツユキカズラの楽しみです。肥料不足・日照不足・水不足になると紅葉が鈍くなる。

ピンク色にするコツ

ピンク色にするコツ
文章の修正を申請する
ピンク色になるコツ
ハツユキカズラが発色するには一定の条件がありますが、実はまだハッキリとその仕組みが分かっていない部分もありますので、以下にあげる条件も絶対ではないと考えてください。
日を当てること
日陰では発色しません。ただし真夏の直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまいますので注意してください。
肥料と水をしっかりと
乾燥したり肥料が少ないと発色しにくい傾向があります
根詰まりも発色しなくなる原因
鉢の底から根がはみ出ているようならば植え替えをしてください。大体年1回植え替えです。
刈り込むと白い新芽が出て来ます。
春から夏にかけては刈りこんで新芽を出します。冬は成長が鈍りますので、刈り込まずに春を待ちましょう。
新芽のピンクが薄い場合は日光不足

病害虫

文章の修正を申請する
アブラムシカイガラムシスス病ハダニなど
風通しが悪いと病害虫が発生しやすくなるので、剪定して風通しをよくするといいです。

剪定

文章の修正を申請する
剪定時期
春から秋はいつでも剪定して大丈夫。そう簡単に枯れるような植物じゃないです。冬に剪定してもいいが、新芽が出ないのであんまり意味ない。

新芽を出させる剪定
ハツユキカズラは新芽が白・ピンク・斑入りで綺麗なので、定期的に剪定して新芽を出させるのが綺麗に保つコツです。全体を刈り込んで新芽を出させてください。また邪魔な枝や枯れた枝を落として風通しをよくすることで病害虫を予防できます。
●新芽を出させるためには二ヶ月に一回は剪定する。
●花芽は夏に作られるので、花芽を落としたくないのであれば開花後の6月から7月の間に剪定する。これ以降に剪定すると花を落とすことになる。真面目に新芽を出させる剪定をしていると花はほとんど見られない。
●花も綺麗だけど、ハツユキカズラのメリットは新芽なので普通は新芽を優先する。

特徴・由来・伝承

文章の修正を申請する
ツタ性低木で耐寒性があり、冬も常緑。寒冷地で庭植えするガーデナーさんが多いです。ただし、真夏の直射日光に若干弱く、夏場は半日陰になるような場所に植えるのがコツです。花も咲きます。白く小さなプロペラというか風車のように花びらがねじれたものです。花が咲くのは稀ですので、葉っぱを楽しむものと考えてください。

踏みつけには強くありませんが、手間が掛からないのでグランドカバーにも利用されます。

寄せ植えの根元などに植えることが多いです。
管理用リンク
管理用