タニワタリ・エメラルドウェーブの育て方

MENU
TOP>チャセンシダ科>タニワタリ・エメラルドウェーブ
スポンサードリンク

タニワタリ・エメラルドウェーブ

タニワタリ・エメラルドウェーブ
科名チャセンシダ科
属名アスプレニウム属
学名asplenium nidus
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


耐陰性のあるインテリア向きの観葉植物
3度以上で越冬可能。できれば7度か10度は欲しいです。高温多湿の半日陰を好みます。室内で管理する分には十分な耐寒性、それに耐陰性もあります。逆に直射日光にあたると痛みます。

水やりと肥料


湿度を好みます。葉水が必要です
高い湿度を好みます。乾燥させておくと新芽の葉が小さくなっていきますので、水をしっかりと上げ、特に室内で管理していると冷暖房で空気が乾燥し、水切れを起こしやすいです。そういうときは土に水をやるのではなく霧吹きで葉っぱに水をかけてやってください。これを葉水といいます。葉水をすると春から秋にかけてすくすくと成長します。
水切れのサイン
水が不足した場合は、葉っぱの先から黄色く変色していきますので、水切れのサインと考えてください。
冬は水を控えます。土が乾いてから数日たってから水をあげてください。
肥料
春から夏にかけての生育期に液肥をあげます。冬には肥料はあげないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

タニワタリは根詰まりを起こしやすい傾向があります。乾燥させていないのに新芽の葉っぱが小さくなっていたら、根詰まりを疑ってください。

管理場所・日当たり

明るいところを好みます
日光を好みますので、年中明るい場所で管理します。ただし、日が当たりすぎて痛むことがありますので、直射日光が当たるようであれば、遮光するか日陰へと移動させてください。日が強い場合は葉色が薄くなり、葉っぱの縁から茶色く変色してきます。

特徴・由来・伝承

チャセンシダ科の植物。光沢があって、波打つようなタニワタリです。切り花のアレンジメントにも人気があって、結構高価です。切り花としても鉢物としても長持ちし楽しめます。

タニワタリと言う名前はタニワタリが木の幹や岩に着生することから名づけられました。
胞子で増えます
タニワタリはシダの仲間なので、葉っぱの裏に胞子のうがあって、そこから胞子が出て増えていきます。タニワタリは中心部に穴が開いています。これは他の植物の落ち葉などを栄養にするための適応と言われています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

チャセンシダ科の仲間


チャセンシダ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用