アスプレニウムの育て方

MENU
使い方 TOP

アスプレニウム(アスプレニューム)

アスプレニウム
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名チャセンシダ科
属名チャセンシダ属
学名Asplenium
別名アスプレニューム
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

この項目の修正・提案をする
育て方の概要
アスプレニウムはチャセンシダ科チャセンシダ属の「総称」であって、細かいことを言えば「アスプレニウム」という名前の植物は存在しない。アスプレニウムの中には「タニワタリ・エメラルドウェーブ」「アビス(シマオオタニワタリ)」などがある。これらは学名に「アスプレニウム」が入っている。このページではザックリとしたアスプレニウムの育て方を書く、もしも品種名がわかっているのであれば、そちらで調べたほうがより細かい育て方が分かります。アスプレニウムは種類が多く、種類によってかなり性質が違う。このページはあくまで参考程度に。
大きさ・草丈・樹高
30cmから50cm。種類によっては1.5m
まとめ
●乾燥に弱い。
●土への水やりをして、葉っぱにも霧吹きをかける。高湿度の環境だとよく生育する。
●春は戸外の木漏れ日に当たる場所か、窓のレース越しの光に当てる。もしくは明るい日陰。
●寒さには弱い。冬は室内で管理。
●夏の暑さには強いが乾燥に弱いので注意。
●冷暖房の風には当てない。
肥料はあったほうがいい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

この項目の修正・提案をする
水やりのコツ
土が乾いたら水をやる。アスプレニウムは高湿度の環境を好み、土への水やりよりは葉水のほうが大事。土への水やりは普通にやって、霧吹きで葉っぱに水をかけるようにする。特にクーラー・暖房のかかっている時期は非常に乾燥するので葉水は必須。葉水が少ないと生育時期に成長しない。
冬の水やり
寒さで生育が止まっているので土へ水やりを控える。土が乾いてから数日立って水をやる程度。葉水はする。
肥料
春から秋に二週間に一回液体肥料をやるか、二ヶ月に一回緩効性肥料をやる。なくても枯れないが、あるとよく育つ。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替え・植え付け時期
5月から8月あたりの高温多湿時期に行います。
植え替えは2年に一回。根詰まりもするし、土が劣化して水はけが悪くなるので。
用土
一般的な培養土か、赤玉土小粒か中粒7腐葉土3を混ぜたものを使います。
植え付け方法
古い土を半分から三分の一ほど落として、一回り大きな鉢に植え替えます。できなければ同じ大きさの鉢でもいいです。植え替えるときに株分けができます。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
直射日光は駄目
直射日光には葉焼けするので、日向では育てない。冬の窓辺の日光くらいなら大丈夫だけども(それでも株の健康状態によっては葉焼けする場合も)、春以降は葉っぱが焼けてしまう。レースのカーテンで遮光するか、春から秋は戸外の木漏れ日が当たる場所で育てる。もしくは明るい日陰。
●むしろ多少の日陰に強い。室内のインテリアに適している。


寒さには弱い。霜に当たれば一発で枯れる。できれば最低温度10度以上の場所で管理する。が、一般家庭では床暖房でもない限り冬に10度以上を維持するのは不可能。水を控えることで寒さに多少強くなり5度まで耐えられる。5度というのは昼間に暖房をしている家ならば、暖房を切ったあと、明け方になっても下回らない温度なので十分可能。ただし、窓の近くは外気に近くて、明け方に氷点下になるので寒波が来る夜は室内の奥に移動させる。
乾燥
冷暖房の風は非常に乾燥していて、この風に直接当たると枯れる。これは乾燥に弱いアスプレニウムだけでなく、ほとんどの植物がそう。乾燥に弱いアスプレニウムならばなおさら。直接風があたっていなければいい。それでも冷暖房がかかっている時期はとにかく葉水でしのぐ。
冬は加湿器をかけて50%にして、プラス葉水。

その他

この項目の修正・提案をする
病害虫
カイガラムシハダニナメクジアブラムシ、炭そ病、軟腐病
葉水をすることで、ハダニ・アブラムシ・カイガラムシは予防できる。葉っぱに虹色の跡があったらナメクジ。ナメクジは発生したら薬剤(誘引剤など)で対処。ナメクジに新芽を食べられると非常に腹が立つ。
土への水やりが多いと腐りやすい。
剪定
下葉の枯れたものは早めに取り除く。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
チャセンシダ科チャセンシダ属のことを「アスプレニウム」という。私が花屋さんのときはこんな名前で流通していなかったと思うんだけどなぁ。熱帯の植物。胞子で増える。いろいろ種類があって、マザーファンという葉っぱの先のに小さな株をつけるものもある。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

チャセンシダ科の仲間


チャセンシダ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用