アビスの育て方

TOP >チャセンシダ科>アスプレニウム>>管理

アビス(シマオオタニワタリ)

アビス
科名チャセンシダ科
属名チャセンシダ属
学名Asplenium nidus 'Avis'
別名シマオオタニワタリ
水やり水を好む
場所外の日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
植え
肥料
スポンサーリンク

目次

  1. アビスとは?
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 管理場所・日当たり
  6. 剪定
  7. 病害虫
  8. 特徴・由来・伝承
  9. SNSボタン・関連記事

アビスとは?

文章の修正アビスはチャセンシダ科チャセンシダ属(アスプレニウム属)のシマオオタニワタリの園芸品種。室内向けのインテリアグリーン(観葉植物)で、耐陰性があり、直射日光に弱いために、一年中、室内の明るい場所で育てます。シダ系の割に乾燥に強いものの、生育期に水が不足すると、新芽が傷んだり、上手く成長しなくなりますので、乾燥には気をつけてください。

成長した葉は乾燥に比較的強いので、乾燥に弱い新芽部分にだけ霧吹きをかけてやるのがコツです。シダ類なので花は咲きません。葉っぱの裏に胞子がつきます(虫の卵を見間違う)。
草丈1m
花言葉あなたは私の喜び、真実の慰み
アビス鉢の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
スポンサーリンク

水やり

水やり
文章の修正春から秋にかけて気温が高い時期(15度以上)は生育する時期ですので、水を非常に欲しがります。土が乾燥していたらしっかりと、鉢底から水が出るくらいに水をやり、出来れば葉っぱにも霧吹きで水をかけてやってください(葉水)。アビスは中心部分を囲むように葉っぱが出てきます。この中心部分に水が少ないと葉っぱがゆがんで生えてきます。

5月~9月は水をしっかりと。できれば葉水も。
文章の修正葉っぱにほこりがついている場合は、布やティッシュで拭き取りましょう。

文章の修正冬は生育が止まりますので、土への水を控えてください。水を控えることで内部の水分が減って濃度が高まり、寒さにも強くなります。土が乾いてから数日たって水をやる程度です。冬に頻繁に水をやると根が腐って枯れます。冬は土への水を控えるんですが、冬も葉水をやってください。

肥料

肥料
文章の修正肥料は生育期(4月〜9月)に液体肥料を月に二回か三回やってください。もしくは化成肥料を1ヶ月に一回、鉢のフチに置きます。肥料があった方がよく生育します。

植え付け・植えかえ

時期・頻度

植え付け・植えかえ
文章の修正植え付け・植え替えは5月から8月あたりの高温多湿時期に行います。

植え替えは大体、2年に一回。根詰まりもするし、土が劣化して水はけが悪くなるので最低でも2年に一回しましょう。鉢の底から根が出ているなら、植え替えをしましょう。

用土

文章の修正観葉植物の土で植え付けます。アビスは元々は着生して生育する植物なので、ミズゴケ・ベラポンなどの資材単用でもいいです。自作する場合は赤玉土6腐葉土4を混ぜたものを使いますが、室内管理が多い植物で、腐葉土は匂うので、観葉植物の土かミズゴケなどがいいでしょう。
観葉植物の土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
ミズゴケの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢植え

文章の修正鉢から取り出して、根の古い土を半分から三分の一ほど落として、一回り大きな鉢に植え替えます。できなければ同じ大きさの鉢でもいいです。植え替えるときに株分けができます。

鉢底の穴を鉢底ネット(鉢底網)で塞いで土が出ないようにしてから鉢底石軽石)を2cmから3cmほど入れて、軽石の上に土を入れ、株を入れて、隙間に土を入れていき、最後に水をやります。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正直射日光が苦手で、年間を通して室内の明るいところで管理するのが通常です。

直射日光に当たると、茶色く変色してしまいます。葉焼けして変色したようであれば、すぐに日陰に移動してください。葉焼けした部分は回復しません。

最低気温が10度〜15度以上になったら、戸外で管理してもいいです。葉焼けしない程度の日光…木漏れ日か明るい日陰で管理しているとよく生育します。

文章の修正温度が15度以下になってくると生育が鈍くなり、7度(水を控えると5度まで耐える)で、枯れてしまいます。寒さに弱いために冬は必ず室内に取り込んでください。

昼間に暖房をかけている部屋では、暖房を切っても5度以下には、なかなかならないので、リビングなどで管理します。
文章の修正ただし、暖房の温風に当たらないように気をつけましょう。冷暖房の風は非常に乾燥しています。直に風が当たると、傷んで枯れます。直撃させず、霧吹きで乾燥を予防しましょう。

剪定

文章の修正特に剪定することはありませんが、枯れた葉っぱを根本から切ってください。放置していると腐って病気の元になります。

病害虫

文章の修正ナメクジ
アビス自体がとても湿気を好みますので、ナメクジが発生しやすく、ナメクジが新芽を食べてしまうと、とても悲しい思いをします。春から継続して誘因駆除剤をまいておくと、かなり見かけなくなります。
ナメクジ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ
ナメクジ駆除剤の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

カイガラムシ
カイガラムシは白いワタのような蝋に覆われた虫で、内部で汁を吸っています。が発生した場合は、幼虫のうちに薬品で駆除してください。成虫になると薬品が効きづらいので、歯ブラシなどでこそぎ落としてください。
カイガラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

ハダニ
乾燥すると発生する小さな虫。葉っぱの裏に潜んでいるので、葉裏にも霧吹きで水をかけていると発生しなくなります。葉水をしていれば発生はほぼないです。たくさん発生したら、薬剤を散布します。
ハダニ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

アブラムシ
葉っぱや茎から汁を吸う虫。室内管理していても、飛んでくるので発生はしますよ。葉っぱに水をかけていると、ある程度予防できます。
アブラムシ
病害虫生態・防除・対応の薬剤のまとめ

特徴・由来・伝承

文章の修正胞子を葉の裏につけるシダ植物の一種。オオタニワタリとほとんど同じ。アビスはシマオオタニワタリの品種の一つ。通常のシマオオタニワタリよりも小さくまとまります。着生植物で、木や岩の上に根を張る。

ジェームズキャメロン監督の映画「アビス(abyss)」とは「深淵」という意味です。つづりも違います。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

関連記事

タニワタリ・エメラルドウェーブ
チャセンシダ科アスプレニウム属
アスプレニウム・コブラ
チャセンシダ科アスプレニウム属

タグ

観葉植物 葉水 インテリア シダ 葉焼け 高温多湿

タグ「葉水」を持つ記事

レインボーファン
イワヒバ科イワヒバ属
アジアンタム・ミクロフィラム
ワラビ科ホウライシダ属
ステレオスペルマム
ノウゼンカズラ科ラデルマケラ属
ゴムの木・ウンベラータ
クワ科フィカス属
ディフェンバキア
サトイモ科

タグ「葉焼け」を持つ記事

ポリシャス
ウコギ科
ツディ
シノブ科タマシダ属
8月のクリスマスローズの管理
クリスマスローズの管理
スギゴケ
スギゴケ科スギゴケ属
プテリス
ワラビ科

タグ「観葉植物」を持つ記事

トラデスカンチア
ツユクサ科トラデスカンチア属
パンダガジュマル
クワ科フィカス属
コーヒー
アカネ科コーヒーノキ属
ストレチア・レギネ
バショウ科ストレチア属
ピレア
イラクサ科ミズ属

タグ「シダ」を持つ記事

アジアンタム・スクツム・ロゼウム
ワラビ科アジアンタム属
アジアンタム
ワラビ科ホウライシダ属
トキワシノブ
シノブ科キクシノブ属
スポンサーリンク