アスターの育て方

MENU
TOP>キク科>アスター

アスター(エゾギク)

アスター
科名キク科
属名エゾギク属
学名Callistephus
別名エゾギク
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花が枯れたら、小まめに摘んでください。しぼんだ花をそのままにしておくと、種を作ろうと栄養をまわしてしまうので、次の花が咲きづらくなります。

春に種を撒いたり苗を植える場合と、秋に種を撒いたり苗を植える場合があります。春植えが一般的で、秋植えする場合は霜が当たらないようする必要があります。
まとめ
一年草なので冬越しは出来ません。
●多湿で蒸れやすい。
●つぼみが出るまでは、乾燥も避ける。
●つぼみが見えたら、乾燥気味がコツ。
連作障害を起こすので、過去5年アスターを植えたところには植えない。古い土に植えない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら水をたっぷり与えてください。つぼみが出てきたら、水は上からではなく、土に注ぐように与えてください。アスターに限らず花は雨に当たるとしぼんでしまいます。つぼみが付くまでは乾燥しないように気をつけてください。ツボミがみえるようになったら、水を控えます。
●アスターは蒸れると葉っぱや花が傷みますので、傷むようならば水を少し控えるか、間引きして風を通してやります。
●傷んだ葉っぱは摘んでください。
●傷んだ葉っぱや花をそのままにしていると病気の元になります。
●どちらかというと乾燥気味の状態を好み、過湿になると腐りやすくなります。ただし、乾燥していると株が育っていないうちに開花して、株が弱りますので、株が大きくなるまでは乾燥しすぎないように気をつけて下さい。つぼみが増えてきたら、水やりを控えることで蒸れを防ぎます。
●ま、普通にしてたら大丈夫です。育てやすい植物ですから。

肥料
植え付けるときに元肥として化成肥料堆肥をやり、植え付け後も固形肥料を月に一回か、液体肥料を週に一回やります。肥料が少ないと花数が少なくなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

連作を嫌う
アスターは連作を嫌います。過去5年以内にアスターを植えた場所や、同じ土にアスターは植えないで下さい。連作障害を起こして、成長が著しく阻害されます。プランターに植える場合、土をすべて入れ替えれば連作障害は起きません。
●連作障害は原因はハッキリしません。
●防ぐ薬はありません。

酸性の土を嫌う
アスターは酸性の土を嫌います。庭植えする場合は二週間ほど前までに石灰を混ぜ込んで中和させて下さい。市販されている土は、中和されていますので、何もしなくても大丈夫です。
培養土を買った方が便利だし、安上がりです。

アスターは水はけの悪い土を嫌います。赤玉土6に腐葉土4を混ぜたものか、市販されている土で植え付けをします。株と株の間は15センチほど取ります。
種でも増えるが苗が便利
春に種を蒔くか、苗がホームセンターや花屋さんに並びますので、それを植えます。

管理場所・日当たり

日当たりのいい場所に植えれば立派に咲いてくれますが、日陰だと花が少なくなり、間延びしてしてしまいます。

その他

立ち枯れ病
立ち枯れ病が発生します。多湿を避けることで予防できます。

特徴・由来・伝承

中国から朝鮮半島に分布する一年草で、和名はエゾギク。日本には江戸時代に渡来し、品種改良の結果、様々な色・形の品種がある、よく知られた草花です。

●ギリシャ語で「星型」という意味です。

宿根アスターという名前で流通しているものは「ユウゼンギク」を代表とする「アスター属」。本項の「アスター」は「エゾギク属」で別種。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用