ザミアの育て方

MENU
TOP>ソテツ科>ザミア
スポンサードリンク

ザミア(ヒロハザミア・メキシコソテツ)

nophoto
科名ソテツ科
属名ザミア属
学名Zamia pumila
別名ヒロハザミア・メキシコソテツ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

暑さに強く、寒さに弱い
ソテツ科で見た感じもソテツに似ています。ですが、寒さに弱く、暖地でなければ戸外で管理すると枯れます。よく耐寒温度は0度以上となっていますが、もう少し寒さに弱い。5度以上を保って下さい。霜に当たると黒く変色して、枯れていきます。

ここで述べているのはザミア・プミラです。ザミアには種類が色々とありまして、他の種類に関しては別途解説ページを設けます。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意
乾燥に強く、加湿に弱いです。水をやりすぎると枯れてしまいます。土がカラカラに乾いていたら水をやるようにしてください。サボテンに近い間隔です。

春から秋の水やり
春から秋に掛けては、土がカラカラに乾いていたら水をやります。春だと大体三日に一回程度、夏はほぼ毎日、秋は三日に一回程度。場所や日当たりや風通しによって、水やりの頻度は大きく違いますのであくまで目安と考えて下さい。

問題は冬の水やりです
冬は一ヶ月に二回程度にします。土がカラカラに乾いてから数日経って水をやります。そのくらい水を控えます。水を控えることで耐寒性が増します。冬は暖房の風が当たらないようにしてください。

肥料
肥料は春に月に二回か三回ほど液肥を上げます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはめったにしない
ザミアは成長が遅く、植え替えはほとんど必要ありません。大体4年に一回程度の植え替えです。植え替えるときは、サボテンの専用土多肉植物の専用土で植え替えます。腐葉土が入っている土を使うと室内に匂いがするので、上記の専用土が適しています。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します
春から秋は戸外の日当たりで管理します。夏の直射日光に若干弱いです。若干というのは、他の観葉植物だったら葉焼けして枯れてしまうような直射日光でもすぐには葉やけしない程度のことで、少々の変色が気にならないなら夏も日向で管理します。

寒さに弱く、霜に当たると枯れます
変わりに冬の寒さには弱いです。冬は室内に取り込んでください。といっても観葉植物としては寒さに強い方です。霜にあたると枯れてしまいます。
スポンサードリンク

その他

カイガラムシが発生します。

特徴・由来・伝承

ソテツ科で成長が遅く室内で管理する観葉植物に向いています。雌雄異株で、一株だけでは種を残すことはありません。

成長が遅く頑健で、購入時の樹形をそのまま維持するのも優れたところです。

九州では戸外で越冬も。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ソテツ科の仲間


ソテツ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用