観音竹の育て方

MENU
TOP>ヤシ科>観音竹
スポンサードリンク

観音竹

観音竹
科名ヤシ科
属名カンノンチク属
学名Rhapis excelsa
みずやり水控え目
場所外の日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

古典園芸植物。落ち着いた雰囲気で、観葉植物として人気です。水やり次第で枯れることもありますが、病害虫には強く、日陰・室内でも育つ、育てやすい植物です。

水やりと肥料

観音竹は水切れに注意
土が乾いたら水をしっかりとやってください。観音竹は水切れに弱く、水が切れると葉っぱの先が黒く変色して枯れこんできます。かといっても、過湿にも弱く、あまりに長期間土が濡れている状態が続くようだと根腐れしますので、水のやりすぎにも注意します。水切れでも過湿でも同じように葉っぱの先から枯れて来ます。根つまりでも同じ症状が出ます。

受け皿の水は捨てる
年間を通して、受け皿に溜まった水は捨ててください。水が腐って病気の原因になります。

年間を通して葉水
乾燥に弱いので、土に水をやるだけでなく、葉っぱに水を掛けてあげてください。戸外で管理している時は、上からバシャーと掛けてください。室内で管理している時は霧吹きで掛けてください。

夏は水切れが起きやすいので土が乾ききる前に水をやります。春と秋は土が乾いてから。冬は成長が止まりますので、土が乾いてから数日後に水をやるようにします。

春から秋に肥料
春から秋に掛けて、緩効性肥料をあげるか、液肥を二週間に一回程度やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている観葉植物の土で植え替えをします。観音竹の専用土というのもありますが、ホームセンターではほとんど見かけません。ネットでどうぞ。

植え替えの最適時期は春ですが、根が詰まっているようであれば、真冬と真夏を避けて植え替えをします。

植え替えは二年に一回ほど。鉢の底から根が出ているならば植え替えします。根が詰まってくると葉っぱの先から黒く変色して枯れて来ます。

管理場所・日当たり

直射日光だと葉っぱが焼ける
明るい日陰を好みます。直射日光に当たると葉っぱが焼けてしまいます。葉っぱに黒い斑点が出来ます。水切れ等の症状とは少し違います。

耐寒温度は5度
育てるのは室内の明るいところか、戸外の日陰です。耐寒温度は5度と観葉植物としては強い方で、冬は室内で管理すれば越冬は可能です。暖地ならば、戸外で越冬させることも出来ます。

クーラーや暖房の風があたらないところで
クーラーや暖房の風は乾燥していて、この風が当たる場所に置いていると葉っぱが乾燥で枯れこんできます。

特徴・由来・伝承

観音竹という名前ですが、タケの仲間ではなくヤシ科。名前から縁起がいいので引っ越しや開業、開院、開店、事務所開きなどに贈ることが多いです。

観音山の竹のような
沖縄の観音山という寺院に生えていたことから、観音の竹のような植物ということで「観音竹」となりました。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ヤシ科の仲間


ヤシ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用