愛のかんざしの育て方

MENU
TOP>ユキノシタ科>愛のかんざし
スポンサードリンク

愛のかんざし(エリカモドキ)

nophoto
科名ユキノシタ科
属名バウエラ属
学名Bauera rubioides
別名エリカモドキ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花かんざしとは全くの別種
名前が近いのでパニックになりますが、ハナカンザシはキク科、愛のかんざしはユキノシタ科で全くの別種。見た目も全然違いますね。
基本的に日本の風土に合っていない
夏もキツイ、冬もキツイとなっていて、春から夏に花を楽しんで夏以降は枯れるものと割り切るならば初心者でもOKですが、毎年咲かせるのはなかなか至難の業。上級者以上でないとしんどいです。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水を
比較的乾燥に強く、過湿に弱い植物です。土が乾いて居たら水が鉢底から染み出す位にしっかりとやってください。土が濡れているうちは水はやらないようにしてください。過湿にすると腐って枯れてしまいます。
肥料は液肥を
花が咲いた後に薄い液肥をあげてください。肥料はさほど必要としていません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えに注意
植え替えるときは根から土を崩さないようにしてください。根を崩すと根が傷ついて、生育不良を起こして枯れてしまいます。
植え替えは春に
根詰まりをしているようであれば、春に植え替えをします。
用土
市販の花と野菜の土(培養土)に鹿沼土を二割ほど混ぜたもので植え替えをします。

管理場所・日当たり

高温多湿に弱いので真夏は半日陰
高温多湿に弱く、真夏だけは風通しのいい半日陰に移動させてください。
耐寒温度は5度
霜が降りない地域ならば戸外でも越冬しますし、霜が降りる地域でも比較的暖かい地域であれば軒下など霜が避けられれば、戸外で越冬します。

特徴・由来・伝承

エリカモドキとはよく言ったもので、パっと見は見分けがつきません。よく見たら全然違いますが。エリカというよりはボロニアですね。オーストラリア原産。
ネーミングの勝利
愛のかんざしは輸入業者が付けた流通名で、和名はエリカモドキ、学名でいうとバウエラ(バウエラ属ルビオイデス)になるのでしょうか。ちなみにバウエラ属の和名はエリカモドキ属となっていて、なるほど流通名が無かったら誰も買わないだろうと思っちゃいますね。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユキノシタ科の仲間


ユキノシタ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用