ラディッシュ(二十日大根)の育て方

TOP >アブラナ科>>管理

ラディッシュ(二十日大根)

ラディッシュ
科名アブラナ科
属名ダイコン属
学名Raphanus sativus var. sativus
別名二十日大根
水やり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
種蒔
肥料

目次

  1. ラディッシュ(二十日大根)栽培について
  2. 栽培作業(3月〜6月・9月〜11月)
  3. 管理場所・日当たり
  4. 病害虫
  5. 特徴・由来・伝承
  6. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ラディッシュ(二十日大根)栽培について

ラディッシュ(二十日大根)栽培について
文章の修正ラディッシュは本来はアブラナ科大根の総称なんですが、日本では大根の中の「二十日大根」を特別に「ラディッシュ」と呼んでいます。よってラディッシュ=二十日大根としてこのページはまとめています。育て方は大根とほぼ同じですが、小さく栽培できるのでプランターでも十分収穫可能です。もちろん畑植え(地植え)での栽培も可能です。

なにせ別名二十日大根と言われるだけあって、種を撒いてから収穫まで速い! 嬉しいのですが食べるのが追いつかないことも。プランターを二つ容易すれば、真夏と真冬以外は絶えず食べることもできます。
スポンサーリンク

栽培作業(3月〜6月・9月〜11月)

用土・土づくり

栽培作業(3月〜6月・9月〜11月)
文章の修正ラディッシュ(二十日大根)は酸性を嫌いますので、庭土なら苦土石灰を混ぜます。

鉢植えなら、一般的な花と野菜の培養土を使います。培養土は中和してありますし、適度に肥料も入っていて便利です。自作するのであれば赤玉土6腐葉土3川砂1に化成肥料を少量足したものを使います。鉢植えの場合は、
培養土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

畑栽培

文章の修正畑栽培する場合は、植え付けの2週間前に深さ15cm〜20cmほど掘り返して1平方mあたり100g〜150gほど苦土石灰を混ぜ中和しておきます。
文章の修正中和に1週間ほどかかるので、1週間後に元の土に対して2割か3割の腐葉土か堆肥を追加して、緩効性肥料(化成肥料)を1平方mあたり100gほど追加して混ぜて用土とします。
苦土石灰の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
堆肥の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
化成肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
文章の修正できた用土を穴に戻し、高さ10cm幅20cmで1条にするか、幅20cmで2条の畝を作ります。ここに種まきをしていきます。
ラディッシュの近くにコンパニオンプランツとしてバジルを植えるとラディッシュの害虫除けになります。

プランターの準備

文章の修正プランターの底に水捌けをよくするための軽石を2cmほど入れて、その上に市販している培養土(花と野菜の土)を入れます。プランターの縁のギリギリまで土を入れずに水を貯める「ウォータースペース」として2cmほど余裕があるように土を入れてください。
筋蒔きで1筋、種子を蒔くか、点蒔きします。

種まき

文章の修正ラディッシュ(二十日大根)は見たまんま直根性で移植はできないのもあって、苗は流通していません。種まきで直播して栽培します。種子は百均・ホームセンターなどでも販売しています。まずは安いものでためして、いろんな品種に手を出すといいです。種子は常温保存で三年〜五年ほど持ちます。余ります。
二十日大根 種子の購入はこちらから
Amazon
楽天市場
発芽温度は15度〜25度で、生育温度は15度〜20度で約1ヶ月。この気温が戸外か日当たりのいい室内で維持できれば収穫は可能です。
点蒔き
5cmおきに指で1cmほどの穴を空けて、そこに種子を3粒か4粒入れます。土を被せて手で軽く圧をかけて土と種子を密接させます。その上から水をやります。ラディッシュ(二十日大根)は光があたると発芽しないので、土は種子が見えなくなるように被せましょう。あとはジョウロやシャワーで普通に水をやって、発芽するまでは乾燥しないようにします。発芽までは3日〜4日ほどです。

筋蒔き
深さ1cmの溝を作って、そこに1cmおきか、適当に種子を蒔いていきます。あとは土を被せて手で圧をかけて、上から水をやります。筋蒔きにすると、雑草とが区別がつきやすいメリットがあります。

防虫ネットをかける

文章の修正アブラナ科植物は虫がやってきます。モンシロチョウの青虫、コナガ、アブラムシダイコンサルハムシなどです。これらの被害を予防するために防虫ネットを張ります。プランター栽培は防虫ネットで覆うだけでほぼほぼ被害がなくなります。畑植えでもネットを張るといいです。

ネットが葉っぱに触れるとそこから卵を産んで被害があるので、あたらないようにします。
防虫ネットの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

間引き

文章の修正種まきして3日〜4日で発芽します。発芽したら1回目の間引きで半分にします。間引きする時は葉っぱが健康なものを残し、歪な形のもの、勢いのないもの、葉っぱのバランスの悪いものなどを間引いていきます。

本葉が2~3枚になったらさらに間引きます。この2回目の間引きの時に追肥をして土寄せをするといいです。収穫は葉っぱが6枚以上になった頃です。間引く時は引く抜かずにちぎる、もしくはハサミで切ります。引っこ抜くと近くの「残す予定」の根を巻き込んでしまうためです。間引いたものはスプラウト感覚で食べましょう。

追肥(2回目の間引き時)

文章の修正2回目の間引きをしたときに、緩効性化成肥料を少量やります。肥料は水に溶けて吸い上げるので、肥料を撒いてから水をやるといいです。もしくはこれ以降、液体肥料を10日に一回ほどやります。
液体肥料の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

発芽後の水やり

文章の修正鉢植えの場合は、土が乾いてから水をやります。土が濡れているのに「毎日水をやらないと!」と水をやっていると、根が腐ってきます。あくまで土が乾いてから!です。それに水やりが多いとラディッシュ(二十日大根)が徒長します。なんだか間延びするようなら水やりを控えてみましょう。ラディッシュ(二十日大根)はかなり乾燥に強いです。

畑植え(地植え)の場合は、水やりは基本的には不要です。よほど乾燥するなら水をやる程度です。

収穫

文章の修正ラディッシュ(二十日大根)は種まきから25日前後で収穫です。葉っぱが6枚以上になったら収穫をします。画像のように土の上に頭が出ているのも収穫のサイン。収穫が遅いと根(=大根部分)が割れたり、中に「ス」が入って味が落ちます。
二十日大根はサラダ・漬物に美味しい。炒めても美味しい。

再度収穫へ

文章の修正真冬と真夏を除く期間で育てることが出来ます。収穫し終えたら、また種を撒くということを繰り返すことで何度も収穫が可能です。ただし二度目以降は土に肥料(堆肥・ボカシなど)と苦土石灰を少量追加してからにします。

プランターの場合は、2回は収穫は可能。3回目は流石に肥料が切れるので化成肥料を追加して、混ぜてから、種まきをしましょう。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
文章の修正種の時は室内が楽。根を張ったら戸外の日当たりか室内の日当たりで管理します。半日陰でも育ちますが出来るだけ日当たりが好ましいです。

病害虫

文章の修正アブラムシ・アオムシ・ヨトウムシなど
アブラムシはもう、わくものだと考えてください。見つけ次第補殺。農薬では無いアブラムシを殺すスプレーなども売られています。牛乳で殺せるというネット上の話もありますが、効果のほどは疑問。ただ水を吹きかけることで窒息死するので牛乳じゃなくても効果はあるよう。

アオムシ・ヨトウムシは見つけ次第補殺しかないです。

薬剤ではなく防虫ネットで守りましょう。効果テキメンです。

特徴・由来・伝承

文章の修正ハツカダイコンともいいます。大根としてはもっとも小型で、発芽してから収穫までが二十日程度であることが名前の由来。食べる根の部分は直径3センチ程度で、見た目もかわいい。

ちなみにそのまま育てていると菜の花に形の似た花が咲きます。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

春蒔きキャベツ
アブラナ科アブラナ属
ストック
アブラナ科アラセイトウ属
カリフラワー
アブラナ科アブラナ属
バージニアストック
アブラナ科マルコルミア属
大根
アブラナ科ダイコン属
アラビス
アブラナ科アラビス属
キャベツ
アブラナ科アブラナ属
スーパーアリッサム・フロスティーナイト
アブラナ科ミヤマナズナ属
オーブリエチア
アブラナ科ムラサキナズナ属
アリッサム
アブラナ科ミヤマナズナ属
スポンサーリンク