ウエストリンギアの育て方

TOP >シソ科>>管理

ウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー)

ウエストリンギア
科名シソ科
属名ウエストリンギア属
学名Westringia fruticosa
別名オーストラリアンローズマリー
水やり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

目次

  1. ウエストリンギアの育て方
  2. 水やり
  3. 肥料
  4. 植え付け・植えかえ
  5. 挿木で増やす
  6. 管理場所・日当たり
  7. 剪定
  8. 病害虫
  9. 特徴・由来・伝承
  10. SNSボタン・関連記事
スポンサーリンク

ウエストリンギアの育て方

ウエストリンギアの育て方
文章の修正ウエストリンギアはシソ科ウエストリンギア属のオーストラリア原産の常緑低木。別名が「オーストラリアンローズマリー」でその通り、ローズマリーに葉・花・雰囲気が似ているんですが、香りはありません。ウエストリンギアは四季咲きで、開花時期が長く、霜の降りない暖地であれば、戸外で越冬します。斑入り品種のバリエガタが人気です。
樹高1.5m
まとめ
●夏は半日陰で涼しいところで。
●水の遣りすぎ注意。多湿を嫌います。梅雨・秋雨の時期は戸外なら雨の当たらない軒下で管理します。
●冬は室内が基本。
●根をいじらないで植え替えをしましょう。
スポンサーリンク

水やり

文章の修正年間を通して乾燥気味に
ウエストリンギアは乾燥に強く、過湿に弱いです。水をやりすぎると根腐れを起こして枯れてしまいます。水やりの基本は土が乾いてから、やるときはタップリと鉢底から水が染み出す位に。受け皿の水は捨てるようにしてください。

極端な乾燥も苦手
といっても、極端な乾燥も苦手。これはウエストリンギアを育てるのがムツカシイと言うよりも、店に出回るときに小さな鉢に植わっているのが原因じゃないかと思います。意外と水やりがむつかしく、枯らしてしまいがちなので、日々観察をして、葉っぱの様子を見ておきましょう。

冬は水やりに注意
冬は生育が鈍くなり、水を吸い上げる力が弱くなる上に、蒸発量も減ります。水はもっと控えます。土が乾いてから数日経ってから水をやる程度にします。鉢を持ち上げてみて、重さを覚えておくと失敗が減ります。

肥料

文章の修正ウエストリンギアは痩せ地で育ち、肥料が多いと枯れる原因になります。なので様子を見て、春と秋に緩効性肥料を少量やる程度にします。やらなくてもいいです。やらないからって枯れることはないです。

植え付け・植えかえ

時期と頻度

文章の修正二年に一回は植え替えをします。鉢底から根が出ているようなら植え替えをします。根詰まりを起こすと下葉から黄色くなって落ちていきます。植え付け・植え替え時期は春(5月)か秋(9月〜10月)です。

用土

文章の修正用土は一般的な培養土か、ハーブ用の土にします。自作するなら赤玉土5腐葉土3パーライト2を混ぜて作ります。水ハケの良いものでないといけません。室内に取り込むのであれば、腐葉土の少ないハーブ用がよいです。
ハーブの土の購入はこちらから
Amazon
楽天市場

鉢の植え替え手順

文章の修正古い鉢から株を取り出して、土を落とさず、根をいじらないで、ひとまわり大きな鉢に植え替えをします。現状が6号鉢はら8号鉢といったように+2号するといいです。

挿木で増やす

文章の修正挿し木で増やす
枝を切って、土にさしているとドンドンと増えます。適期は4月〜5月と10月ごろです。寒冷地で夏は涼しいなら、春に庭に挿し木して、秋まで楽しんだら、冬には枯れる一年草として楽しむのもいいかも。

管理場所・日当たり

文章の修正日当たりを好みますが、夏の暑さと過湿と冬の寒さに弱いので、季節ごとに置き場所を替えるのが現実的。暖地ならば、年中戸外で管理して、越冬も可能ですが、それでも庭植えは一般的ではないです。

季節の管理場所

文章の修正
最低気温が8度以上になり、霜が降りなくなったら戸外の日当たりで管理します。もしくは室内の日当たりで管理します。

梅雨
少々雨に当たるくらいなら問題ないのですが、日本の長い梅雨に当たると根腐れを起こして枯れてしまいます。戸外で管理している場合は軒下など雨の当たらない場所に移動させます。出来れば日当たりがいいですが、雨が当たらない方が優先です。


ウエストリンギアは、日本のジメジメしていて暑い夏が苦手。夏は半日陰の風通しのよいところで管理します。


秋の管理は春と同じ。出来るだけ日当たり、長雨になるようなら軒下で管理します。気温が5度以下になる前に室内に取り入れます。霜に当たると枯れます。


暖地で霜が降りないのならば戸外。霜が降りる地域でも、戸外の軒下なら越冬できる場合もありますが、室内が無難です。

剪定

文章の修正枝先を刈り込むと、脇枝が出てきて密生します。過湿・蒸れを嫌うので、枝が密生しないように枝をさばいて剪定した方がいいです。四季咲きで、いつ剪定しても花芽を落とすことはありませんので、春〜秋は密生しないようにさばくようにし、冬は樹形を整えるように剪定します。

病害虫

文章の修正なし。
水のやり過ぎて蒸れて枯れたり、根腐れの方が問題です。

特徴・由来・伝承

特徴・由来・伝承
文章の修正オーストラリア原産のシソ科植物。別名はオーストラリアン・ローズマリー。ローズマリーのようなルックスですが、ローズマリーの香りはありません。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じ科の植物

マジョラム
シソ科ハナハッカ属
コリウス・ミカノビ
シソ科コリウス属
ローズリーフセージ
シソ科サルビア属
アボンビュー
シソ科ラベンデュラ属
カラミンサ・マーベレッテ
シソ科
チェリーセージ
シソ科アキギリ属
アズレアセージ
シソ科アキギリ属
オルトシフォン・ラビアツス
シソ科オルトシフォン属
シモバシラ
シソ科シモバシラ属
ラベンダーグロッソ
シソ科
スポンサーリンク