植え付けのまとめ(ピーマンの栽培のコツ)

MENU
TOP>雑学>ピーマンの植え付けのまとめ
スポンサードリンク

ピーマンの植え付けについて

一般家庭では鉢で育てることも可能です。ピーマンは根が細く、浅く張るので、プランターでは小さいですが、直径30cmの尺鉢なら十分収穫できます。また一株でそこそこ収穫できますから、3鉢用意すれば、4人家族ならシーズンの間ピーマンに困ることはありません(順調に育てば)。
ピーマンは寒さに弱い
ピーマンの植え付けは暖地でも四月下旬、中間地で5月、寒冷地は5月下旬から6月とされています。とにかく寒さに弱い。気温が15度か18度か以上になってから植えます。
寒さ避けにビニールを被せたり、マルチングをすることもあります。
種子から育てること
スーパーで売ってるパプリカの中の種子を発芽させて収穫することも出来ます。ただ、ピーマンの苗は生育が遅く、種蒔から苗の植え付けまで70日掛かります。5月に植え付けをするためには2月に種蒔が必要で、寒さに弱いピーマンの苗を育てるためには温度管理が必須。一般的には非常に厳しいです。
スポンサードリンク

プランターの場合


直径30センチの鉢を用意します。尺鉢と呼ばれるものか、それに順ずるものです。大き目の観葉植物が植わっているプラスチックの鉢でもかまいません。

この鉢の底に軽石を2~3センチほど入れて、その上に花と野菜の培養土を入れます。後は苗を植えつけるだけです。
●ピーマンは浅いところに根を張るので、深く植えないこと。ポットの地表が丁度地面になる程度に
●培養土には肥料が入っている。ピーマンは肥料食いなので、培養土に化成肥料・堆肥・牛糞などを混ぜてもいいが、肥料が多いとツルボケが起きる
●植えつけた直後にしっかりと水をやってください。根が土になじんで、生育が早くなります


連作障害
ピーマンは連作障害を起こします。過去数年(5年とか)の間にピーマンを含んだナス科植物を植えた場所には植えないようにします。
苦土石灰
ピーマンは酸性土壌を嫌います。植え付けをする二週間前にときは一株あたり一握り程度の苦土石灰を混ぜ込みます。
●日本の土壌は基本的に弱酸性土壌になります。(参考:酸性土
●ビニールでマルチングをすると土壌が「酸性化」せず、毎年、何も考えずに苦土石灰を撒くことで土壌がアルカリ化して植物が育ちにくくなることがあります。参考:ペーハーと植物
肥料を
植え付けをする一週間前に畝たてをします。畝の中央に溝を掘り、牛糞(1kg/1㎡)・堆肥(1kg/1㎡)・化成肥料一握りを混ぜて畝を立てます。
苗を
ピーマンは根が浅いので深く植えすぎないように気をつけます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用