4月は夏越しの準備を(シクラメン)

MENU
TOP>シクラメンの管理>4月のシクラメンの管理・手入れ
スポンサードリンク

栽培の特徴

4月になると気温は上昇して、下旬になると高温になって休眠期に近づきます。株がうまく育って、高温じゃなければ5月も開花します(小輪系は5月も咲きやすい)。ちなみに関東では5月のゴールデンウィークでもたまーに霜が降ります。そのくらい寒いこともあります。
夏越し
シクラメンは雨季と乾季のある地域の植物で日本とは全く気候が違います。だからシクラメンはほったらかしていると、まぁ、普通に枯れます。次の秋冬に咲かせるためには手間をかけて夏越しさせないといけません。
夏越しさせる場合には休眠する方法と、休眠させない方法があります。
休眠させる場合は「シクラメンの休眠のやり方」を。
休眠させない場合は「シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツ」を参考にしてください。

まとめ
●管理はこれまでと同じ。
●夏越しさせて来年も咲かせるならば、シクラメンの休眠のやり方シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツを参考に。
水やりはこれまで通り。ただし頻度は減っているので注意。
肥料はやらない。
●植え替えは一般的にはしない。
●萎れた葉っぱや花は指でつまんで抜く。

水やりと肥料

水やりはこれまでと同様に。
土が乾いていたら、水をやります。土が濡れているならば水をやらない。水をやるときは球根と葉っぱに水がかからないようにします。水がかかるとそこが痛んでしまいます。
底面給水の鉢の場合は、変わらず水が切れないようにします。
シクラメンは水が不足すると葉っぱがブヨブヨになるので、普段から葉っぱに触って具合を知っておくと良いです。
●葉っぱが少なくなっているので、水を吸い上げる力は弱くなっています。「土が乾いていたら水をやる」というのはこれまでと変わりませんが、水やりの頻度はかなり減ります。これまでと同じように水をやると球根が腐りますので注意。

肥料
もう花が咲かなくなるので、肥料はやりません。無駄に肥料があると球根が腐る原因となります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

4月はまだシクラメンは完全に休眠していません。この時期に植え替えをするのならば、球根についている古い土を落とさないで植え替えをします。用土赤玉土腐葉土4パーライト1を混ぜたもので植え替えをします。ネットショップではシクラメンの専用土というのも扱っていますから、できればそれを利用します。

管理場所・日当たり

できれば陽に当てます。一日に午前中だけ日が当たるような場所(半日陰)でもいいです。
暑さに注意
シクラメンは20度以上になると暑くなったなと考えて葉っぱを落として休眠しようとします。そのくらいの温度になるような場所は避けます。
寒さに注意
4月はまぁ、暖かい時期ではあるんですが、まだ霜が降りることがあります。霜さえ降りなければ戸外で管理しても問題ありません。霜が降りても霜に当たらなければ大丈夫です。軒下なら霜に当たらないので戸外で過ごせます。
●室内なら温度はもう問題ありません。
●まだ暖房をしている場合は、暖房の風が当たらないようにしてください。暖房の風は乾燥していて直撃するとカリカリになって枯れます。

その他

花と葉を抜く
葉っぱが少なくなってきたでしょうが、まだまだ葉っぱが減ります。萎れた花や葉っぱはハサミで切らずに指でつまんでひねって抜いてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用