ポインセチアの植え替えのコツのまとめ(用土・鉢・時期)

MENU
TOP>ポインセチアの管理>ポインセチアの植え替えのコツのまとめ(用土・鉢・時…
スポンサードリンク

ポインセチアの植え替えのコツ(用土・鉢・時期)



植え替えは2年に一回
長年育てている人は2年に一回程度の植え替え。これは根詰まりを防ぐためです。根詰まりすると葉っぱが下葉から黄色く変色してきます。
冬に店頭で買った場合はすぐ春に植え替え
冬に店頭で購入したりギフトでもらった場合は、最初の春(4月5月)に植え替えをします。店頭に並んでいるポインセチア地上部に対して非常に小さい鉢に植えられています。
小さい鉢に植えられているのは、見た目がいいというのもあるんですが、小さい鉢に植えた方が花が咲きやすいというのもあります。ポインセチアに限らず、厳しい環境になると花が咲きやすいんです。あと、冬は土の中の水が蒸発しにくいので、鉢が小さい方が冬は管理しやすいです。だから小さい鉢に植わっているんです。

でも、夏はこの小さな鉢では厳しい。
ポインセチアは20度以上で生育します。5月以降が本格的に生育する時期でよく水を吸い上げる上に、気温の上昇で蒸発も激しくなるので、店頭に並んでいる小さな鉢では管理がしにくいです。なので植え替えをしましょう。
スポンサードリンク

用土

用土赤玉土腐葉土3を混ぜたものか、観葉植物の土か、ポインセチアの専用土です。オススメは観葉植物の土か、ポインセチアの専用土です。
●一般的な「培養土(花と野菜の土など)」では水はけが悪いです。

ポインセチアは秋以降は室内で育てます。人によっては春から夏も室内で管理します。すると匂いがするのはシンドイ。腐葉土は臭いんですよね。そこで腐葉土は少なめにしている観葉植物の土やポインセチアの専用土が便利で、安上がりです。

鉢について

大きくしたくない場合は今の鉢で
大きくしなくない場合もあります。あんまり大きいと邪魔ですからね。そういう場合は春に、同じ鉢か、同じ大きさの鉢に植え替えをします。古い鉢から抜き出したら、古い土を半分ほど落として、古い変色した根を切って落として、新しい鉢に植えます。
理想は一回り大きな鉢で
今の鉢より一回り大きな鉢に植え替えをします。
ふた回り大きな鉢に植えると、根に対して土の量が多すぎて冬に水が残りやすくなって水の管理が難しくなるかもしれないので、やめておきましょう。
●毎年か2年ごとに一回り大きな鉢に植え替えるのが面倒だからと、一気にふた回り大きな鉢に植え替えると失敗の元です。

鉢についてちょっと
鉢は「5号鉢」とか「8号鉢」と表記があります。この「号」は鉢の大きさのことで1号あたり「3センチ」です。5号鉢は口の直径が15センチってことで、尺鉢というのは10号鉢のことで、直径30センチのことです。
現在のものより+1号か+2号鉢くらいの大きさに植えます。
ちなみに、一般的な観葉植物が植わっているのが10号鉢です。10号鉢以上の大きさの鉢は特殊な鉢です。
プラスチック製か樹脂製で
陶器の鉢や、焼き物の鉢がデザインがいいんですが、まー重い。格好は良いんですが重い。持ち上げたり、移動させるときに腰を抜かしかねない。特に10号鉢以上は厳しい。「土」が重いですから鉢が重いと大変。動かすことを考えて、覚悟がある人だけ陶器や焼き物の鉢にしましょう。
スポンサードリンク

植え替えの方法(春の植え替え)



植え替え手順1 株の処理
古い鉢からポインセチアを抜き出します。鉢をトントンと叩くと振動で抜けやすくなります。乾燥させていると抜けやすいです。どーしても抜けない場合は、トンカチで叩き割ります(そんなことは無いと思うけど)。
抜き出した株の土を三分の一から半分ほど落とします。また、古い黒く変色した根を処理します。
●古い土には雑菌が繁殖しているし、肥料の成分も偏っているので、落としましょう。

植え替え手順2 植え替え
新しい鉢の底の「穴」に網を置きます。網はホームセンターに販売しています。網の上に軽石を2センチか3センチほど敷いて、その上に用土を敷いて、その上に株を置いて隙間に用土を入れていきます。鉢をトントンと叩くと、また隙間ができるので、そこに用土を入れていきます。そうして隙間ができなくなるまで土を入れたら、水をやります。鉢底から水がしっかりと出てくるまで水をやります。
●植え替え時に水をやるのは、根と土を密着させて、なじませるためです。これをしないと、復活まで時間がかかります。

植え替え手順3 剪定
春は最後に剪定します。
地上部を土から2節か3節を残して剪定します。
●剪定する時はゴム手袋をします。ポインセチアを切ると白い汁が出て、それでかぶれるからです。
●冬を越したポインセチアは落葉しているかもしれません(環境によるけど)。気にせず剪定しましょう。
●新芽が出ているかもしれませんが、泣く泣く切り落とします。しょうがないです。

そもそも植え替えが株に対して強いストレスです。馴染んだ古い土を落とすことがストレスで、根を捌いていることでもストレスです。そこで剪定をすることで根の負担を減らします。剪定しないとなかなか復活しません。

以上でおしまいです。
スポンサードリンク

植え替えの方法(春以外の季節)

冬にも植え替えをすることがあります。どうしようもなく根詰まりをした場合などです。また店頭で売っているポインセチアの鉢は(何度も言いますが)そもそもが小さい鉢に植えています。そもそもが根詰まり気味なんです。ですから、冬でも植え替えるとポインセチアは元気になります。

また夏でも植え替えをすることがあります。
春に植え替える必要がないな!と思ってそのままだったけど、春から夏にかけて生育して根詰まり状態になった…とか。そういう場合は植え替えを検討します。
植え替え手順1 株の処理
ポインセチアの古い株を古い鉢から抜きます。乾燥していると抜けやすいです。抜いた株の古い土は落としません。根も切りません。
植え替え手順2 植え替え
新しい一回り大きな鉢に植え替えをします。古い土を落としていないので、同じ大きさの鉢に植えたら新しい土が入らないので意味がないです。必ず、一回り大きな鉢を用意します。

新しい鉢の底に網を敷いて、その上に軽石を2センチか3センチを敷いて、その上に土を少し敷いて、株を置いて、隙間に土を詰めていきます。
植え替え手順3 剪定
用土を落とさない場合は剪定は一切しないでも良いです。
もしくは、多少落とします。春のようにバッサリとはいきません。
スポンサードリンク

参考

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ポインセチアの管理の仲間


ポインセチアの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用