キャットテール・バリエガータの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>キャットテール・バリエガータ
スポンサードリンク

キャットテール・バリエガータ

キャットテール・バリエガータ
科名トウダイグサ科
属名エノキグサ属
学名Acalypha hispaniolae
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

キャットテールの斑入り葉。育て方はキャットテールと同じですが、葉っぱが斑入りなので、直射日光に葉焼けしやすいです。夏は確実に葉焼けするので、半日陰か日陰に移動させてください。他はキャットテールと同じなので、ここでは簡単な記述にします。詳細な育て方はキャットテールを参考にしてください。
まとめ
●育てるのは難しくないが、「綺麗」な花を咲かせ続けるのは難しい。
水やりが土が乾いてから。花に水がかからないように。
●春と秋は日当たり。夏は日陰か半日陰に。冬は室内の日当たりへ。
●冬は落葉するが、水やりを忘れないで。

水やりと肥料

花に水がかからないように
土が乾いて居たら水をやります。土が濡れているなら水はやらないでください。受け皿に水が溜まって居たら捨ててください。花に水がかかるとすぐ汚く萎れてしまうので、土に水を注ぐようにしてください。
肥料
春から秋まで薄い液体肥料を週に一回やってください。肥料がないと開花しません。真夏はあまりの暑さに休んでしまうようならば、肥料をやりません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢底から根が出ているようなら植え替えをします。用土は一般的な花と野菜の培養土か、ハーブ用の土、自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたものを利用します。古い土を三分の一ほど落として植え替えをします。

管理場所・日当たり

春と秋
春と秋は戸外の日当たりか、室内の日当たりで管理します。葉っぱが葉焼けするのであれば、レース越しの光に当てるようにします。

夏は直射日光に葉焼けするので、レース越しの陽に当てるか、木漏れ日の当たる場所に移動します。

冬は室内で管理します。5度以上で越冬します。一年草と割り切って廃棄するのも手です。
スポンサードリンク

その他

アブラムシハダニなどが発生します。
灰色かび病も発生します。灰色かび病は湿度を下げて、肥料を控えることで予防できます。

特徴・由来・伝承

キャットテールの斑入りです。バリエガータという名前は斑入りの品種によくつく名前です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用