ベンジャミン・スターライトの育て方

TOP >クワ科>ベンジャミン>>管理

ベンジャミン・スターライト

ベンジャミン・スターライト
科名クワ科
属名イチジク属
学名Ficus benjamina starlight
みずやり水控え目
場所室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ベンジャミン・スターライトの育て方

ベンジャミン・スターライトの育て方

ベンジャミン・スターライトの育て方
文章の修正ベンジャミンの斑入り品種。育てかたはベンジャミンのページを参考にしてください。このページでは簡単な育て方とスターライトの場合の注意点を簡単にまとめる程度にしておきます。詳細はベンジャミンを。
スターライトの事情
スターライトに限らず、斑入りの品種は斑入りではない品種より「弱い」です。なぜかと言いますと、斑入りの白い部分に葉緑素が入っていないからです。葉緑素が入っていないってことは光合成を行わないわけで、どうしても虚弱気味。特にスターライトはかなりハッキリと斑入りになっているので尚更。あと、斑入りの部分は緑の部分より葉焼けしやすいので、戸外に出す場合は注意してください。
まとめ
●土が乾いたら水をやる。
●置き場所は頻繁に変えない。
●冷暖房の風は厳禁。
●強い日光は苦手。
スポンサーリンク

水やりと肥料

文章の修正土が乾いたら水をやる(春から秋)
春から秋は土が乾いてから水をやります。土が濡れている間は水をやりません。毎日、水をやるのではなくて、土が乾いてからです。土を指で触ってみてください。土も手前だけではなく、奥側の土にも触れてみてください。と言うのも、鉢の位置によっては、壁に空気の流れが遮られて、奥側は水が全然蒸発していないけど、手前は蒸発していて乾燥しているなんてことがあるんですね。だから、奥の土にも触ってみて、偏りがある場合は、鉢を回転させて、水はやらないようにします。
●受け皿に溜まった水は捨ててください。

冬の水やりは控えめに
冬は生育が止まります。生育が止まり、気温も低くなるので、水の蒸発が本当に鈍くなります。そこで水も控えめにします。土が乾いてから数日経ってから水をやる程度にします。
もしも、手前の土と奥の土で乾き具合に差がある場合は、鉢を回転させて調整します。
●冬は暖房がかかっていて乾燥しますので、土への水やりを控える代わりに霧吹きで葉っぱに水をやってください。
●受け皿に溜まった水は捨ててください。

肥料
春から秋にかけて生育するので二週間に一回液体肥料をやります。もしくは一ヶ月に一回緩効性固形肥料(化成肥料)をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

文章の修正春に古い鉢から抜いて、古い土を三分の一ほど落として、必ず新しい土で植え替えます。用土観葉植物の用土をホームセンターなどで売っているのでそれを利用します。一般的な培養土腐葉土が入っていて室内では臭うのでやめましょう。
●植え替えは2ねんか3年に一回。
根詰まりすると葉が落ちます。

管理場所・日当たり

文章の修正管理場所は頻繁に変えない
ベンジャミンは環境が変わると環境に合わせて葉っぱを入れ替えます。これは生理現象です。なので環境を変えると葉っぱを落とすものです。なので、環境はあまり変えないようにします。変えるときは、10日ほどは移動させないでください。
基本的にずっと室内
室内でも真っ暗はダメです。窓があって、その窓からの日光がスターライト・ベンジャミンに当たらなくていいですが、窓からの日光で部屋が「明るい」ようでないと、さすがに日光不足になります。
●クーラーの風は乾燥しているので直接当たらないようにします。

寒さに注意
気温が5度以下になると枯れ込みます。冬でも昼間に暖房がかかっている場所であれば、暖房が切れる夜中でも5度以下になることは滅多にありません。
●暖房の風はとても乾燥しているので、スターライトベンジャミンに直接当たらないようにします。直接当たると乾燥で葉っぱが落ちてしまいます。

普通の緑葉が出てくるのは先祖返り

文章の修正先祖返り
ベンジャミンスターライトから緑の普通の葉っぱが生えてくるのは「先祖返り」。枝変わりで普通の葉っぱが出てきているだけで、斑入りより緑葉の方が頑健なため、徐々に斑入り葉が駆逐されて、普通のベンジャミンになる。一定の確率でおきるが、肥料が多いと起きやすい。緑葉の枝を剪定して取り除かないといけない。

特徴・由来・伝承

文章の修正スターライトはベンジャミンの枝変わり品種。枝変わりってのは、樹木の枝の中の一本だけが他の枝とは違う性質を持っていること。成長点の突然変異によってできるもの。枝変わり品種を増やすには挿し木か接木しかありません。
スポンサードリンク

関連記事

ベンジャミン
ベンジャミンはクワ科の常緑高木。日本では室内用観葉植物として流通している。学名は「フィカス・ベンジャミナ」。ベンジャミンは日当たりを好みますが、耐陰性もある程度はありますので、明るい日陰でも育ってく…
ベンジャミンバロック
[奇妙な葉っぱ] 丸まった奇妙な葉っぱのベンジャミンバロック。ホームセンターや花屋で見かけますが、決してたくさん流通しているわけではありません。育て方は普通のベンジャミンと一緒。観葉植物です。育てやす…
ガジュマル
[+[まとめ] ●百均やホームセンターでも売ってるので簡単に手に入る。 ●土への水やりは普通にして、霧吹きで葉水をやるのが良い。 ●乾燥にも注意。 ●霜に当たるとかれるので冬は室内で管理。 ●春になって戸外に…
イチジク
[概要] イチジクはクワ科の低木。耐寒性があってマイナス10度まで耐えることから、よほどの寒冷地でない限りは収穫が出来ます(基本的に関東南部以西で栽培)。また、病害虫はほぼカミキリムシのみで果物系では育…
ゴムの木
ゴムの木の最低生育温度は5度ですので、観葉植物としては普通か、もしくは寒さに強い方です。東京では庭に植えているのを見たことがありますが、あれはちょっと特殊な例だと思います。 [日陰に強く室内で育ちま…
マルベリー
花が付く…つまり実が付くのは新しい枝の中間から先端に掛けての部分だけで古い枝には実が付かない。剪定(一月から二月)をする場合は古い枝を切り落とすだけにする。 風媒花で、虫がいなくても受粉できます。 …
ニンジンガジュマル
[+[まとめ] ●種類はガジュマルと一緒。 ●育て方はガジュマルを参考に。 ●土が乾いたら水をやる。 ●土への水やりとは別に葉水を。 ●生育期に肥料をやればよく茂り育つ。 ●夏の直射日光は避ける。夏以外は日当…
プミラ
小さな葉っぱに、白い斑が入っている草丈の低いグランドカバーにも使える植物。よく寄せ植えや寄せ鉢などにも使われ、切り花で利用されることも。 プミラは室内の日当たりが少ないところでも育てることは出来る…
ゴムの木・ウンベラータ
[いきなり戸外に出さないで] 春から秋にかけて戸外で管理することも出来ますが、いきなり室外に出すと葉っぱが直射日光に焼けて傷んでしまいます。そこで戸外の日陰から徐々に慣らしてやっていけば、葉焼けせずに…
センカクガジュマル
センカクガジュマル(尖閣ガジュマル)は尖閣諸島付近で見られる(とされる)匍匐性ガジュマル。センカクガジュマルは独立した品種ではなく、実際にはコマルバガジュマルではないか?ともされ、もしかするとコマル…

人気記事

綿花
[概要] 綿花(メンカ)はアオイ科ワタ属の一年草。綿花は厳密に言えば種子を包んでいる「綿」のこと。白い花にたとえて「綿花」。なので、苗を探す場合は綿花ではなくて「木綿(モメン)」とか単に「ワタの苗」、…
シマトネリコ
[+[まとめ] ●鉢植えにした場合、乾燥しやすい。非常に乾燥に弱い。乾燥すると葉っぱが落ちる。土が乾いてから水やりをする。庭植えの場合はほぼ自然な雨だけで十分。 ●生育期に肥料をやる。 ●戸外で管理する場合…
サンセベリア
[概要] サンセベリア(サンスベリア)はリュウゼツラン科の多肉植物。[[育てるのが簡単!と言われて育ててみるのですが、枯らしてしまった…って人が多い]]です。昔は平べったい「サンセベリア・ローレンチー(Sans…
ユーフォルビア・パイナップルコーン
[見た目がパイナップルにそっくりな多肉植物!] 比較的育てやすくおしゃれなインテリアとしてぴったりの多肉植物です。 茎や枝が多肉化したユーフォルビアは乾燥地帯が原産です。このパイナップルコーンはユニ…
リュウノヒゲ
[便利なグランドカバー] 日向でも日陰でも半日陰でも、どこでも選ばず育ち、草丈はずっと10センチ前後と非常に低いです。春先に刈り込んでやると、葉っぱが綺麗になりますが、何もしなくても綺麗です。 [雑草が…