イヌカラマツの育て方

MENU
TOP>マツ科>イヌカラマツ
スポンサードリンク

イヌカラマツ(犬落葉松・犬唐松・金銭松)

イヌカラマツ
科名マツ科
属名イヌカラマツ属
学名Pseudolarix kaempferi
別名犬落葉松・犬唐松・金銭松
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

カラマツとは別種。樹高30mから40m。8月9月で種子が出来て、その種子には羽がついていて、チラホラと飛んでいく。春の新芽時期には鮮やかな黄緑。夏になると濃い緑になり、秋になると黄色く紅葉して冬までには落葉する。黄色の紅葉も鑑賞価値がる。松なのに落葉する珍しい植物。クリスマスリースにしようと思わないこと。
矮性
成長しても1m程度の盆栽に利用される「矮性種のイヌカラマツ」が流通しています。
まとめ
●夏の暑さに弱い。中間地暖地では夏に枯れる。
●寒さに強いので北海道でも育つ。
半日陰の場所が適している。
●樹高30mまで育つので庭植えにすることはない。
●新芽・夏の濃い緑・秋の紅葉と鑑賞価値は高い。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植え
花屋さんやホームセンターで流通しているイヌカラマツは、おそらく矮性種です。これを鉢に植えて管理する場合、水切れに注意します。春と秋は土が乾いたら水をやるようにします。夏は朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。夏に水やりを忘れると枯れます。
冬は土が乾いてから二、三日経ってから水をやります。
庭植え
自然に降る雨だけでほぼ大丈夫。ただし、乾燥時期には水を株元にしっかりやってください。
肥料
春、新芽が出た時期に油かすに骨粉を2割混ぜたものか、緩効性化成肥料を月に一回やります。夏はあまりの暑さで株が弱るかもしれませんので、肥料はやりません。冷涼地ならば、夏でも薄い液肥をやることでよく茂ります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えの場合
植え替えは新芽が動きだす3月。新芽が出た後に植え替えるとストレスがかかって生育が鈍くなります。用土赤玉土鹿沼土3。
庭植えの場合
水はけの良い土を好みます。
中間地・暖地など温かい地域では夏の暑さに枯れてしまいますので、その地域では庭植えは適していません。

管理場所・日当たり

寒さに強く、北海道でも育つが、暑さに弱い。中間地・暖地では夏の暑さに注意しないといけない。
暑さに弱い
本来は標高1000mから1200mほどの高地に生息する植物で暑さに弱い。日本の夏の暑さで根を痛めるので、株元に腐葉土を敷いて根の暑さ対策をする。
直射日光対策
大きく育てば直射日光も問題ないが、株が小さいうちは真夏の直射日光に葉焼けするかもしれない。遮光できる程度の大きさのうちは夏は50%の遮光をする。もしくは半日陰で管理する。
●春と秋は普通に陽に当てた方がいいが、ずっと半日陰でも。
●冬の寒さには強い。
●寒さには強いが、株が小さいうちは雪の重さで折れないように雪よけをする。
スポンサードリンク

その他

剪定
イヌカラマツは頂芽優勢です。頂芽優勢というのは、枝先の芽がグイグイ伸びて、脇芽が出ない性質。なので春先に出た新芽を放置していると、ボサボサになる。葉っぱを増やしたいならば、5月の中旬か下旬に伸びた新芽を半分ほど切り戻すことで脇芽が出て、葉っぱが増える。ただし、イヌカラマツは生育が遅いので、基本は放置。剪定は「もうちょっと見た目を」と考えた時の手法だと考えてください。
病気
軟腐病、うどんこ病、ウイルス病など

特徴・由来・伝承

イヌカラマツは中国の植物。長江流域に自生する。日本に自生する「カラマツ」とは別種。イヌカラマツは日本では化石として出土するので、かつては自生していたらしい。古い時代から姿が変わっていないため、「生きている化石植物」なんて言い方もされる。日本では植物園などでしか見られない。針葉樹で裸子植物で、なんと落葉する。「松」というと普通は落葉しないのでビックリする。
秋に黄色く…黄金に紅葉することから中国では「金銭松」と呼ばれ、縁起がいい。寿命は30年程度と短い。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

マツ科の仲間


マツ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用