8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

MENU
使い方 TOP
ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理>8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培…

8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理

8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
この項目の修正・提案をする
一年で最も高温多湿の時期です。暑さに弱いアイビーゼラニウムは枯れることもあります。ゼラニウムも弱ります。これらは風通しの良い半日陰に移動させてください。ペラルゴニウムは暑さに強いのですがそれでも西日に当たったりあまりに高温だと水切れしやすくなるので、水切れするようなら半日陰に移動させます。
まとめ
●土が乾いていたら水をやるが、暑いので毎日水をやることになる。
水やりは早朝か夕方にする。
肥料を10日に一回か、二週間に一回やる。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウム・変わり葉ゼラニウムは風通しの良い半日陰で管理する。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニムは日当たりで管理するが、水切れしたり弱っているようなら半日陰に移動させます。

スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
毎日水をやる
土が乾いていたら水をやります。
ですが、高温なので水がガンガン蒸発します。蒸発するので実質、毎日水をやることになります。ただ、高温で生育が「他の植物より」鈍くなるので、真夏でもガンガン生育する植物に比べると土の乾くスピードは鈍いです。それでもほぼ毎日、水をやることになります。
●水やりは早朝か、夕方に水をやります。昼間に水をやると水が沸騰して根を傷めてしまいます。
●花が咲いている場合は、花に水がかからないようにする。花に水がかかると花がしぼむので。口の長いジョウロで土に水を注ぐようにします。

肥料
液体肥料を10日に一回か、二週間に一回やります。肥料はいつもの等分(リン・窒素・カリが同じくらい貼っているもの)のではなく、できればカリが多いものだと夏の暑さに強くなります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

この項目の修正・提案をする
植え替えはしません。
挿し木
寒冷地であればペラルゴニウムの挿し木が出来ます。寒冷地でも、挿し木ができるのは8月でも8月の下旬だし、それでも発根率は悪いです。暖地中間地は発根する前に腐って枯れてしまいます。

管理場所・日当たり

この項目の修正・提案をする
ゼラニウム・アイビーゼラニウム
アイビーゼラニウムや変わり葉ゼラニウムは夏の暑さに弱く、日当たりにおいていると暑さで弱って葉っぱが変色してしまいます。半日陰の場所で管理するようにします。半日陰というのは午前中だけ日光が当たるか、木漏れ日のことです。
●夏の暑さに弱いって言っても、そこまで弱くない。夏ごしが出来ないとか、難しいということはない。半日陰で管理さえすれば夏越しは問題なくできます。

ペラルゴニウム・ニオイゼラニウム
ペラルゴニウムは夏の暑さにゼラニウムよりは強いです。戸外の日当たりで管理します。しかし、あまりの暑さで弱っていたり、あまりの暑さからくる乾燥で水やりが追いつかないならば、半日陰に移動させます。
熱されたコンクリで根が痛む
また、コンクリートの上に鉢を置いていると、日光で熱せられたコンクリで根が傷んでしまいます。高さ30センチ以上の台の上に置いてください。

その他

この項目の修正・提案をする
アブラムシハダニ・ズイムシ・ハマキムシなど発生します。ゼラニウムは夏の暑さで弱るので余計に発生しやすいです。ハダニは乾燥すると発生しやすいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理の仲間


ゼラニューム・ペラルゴニュームの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用